絶品チムチュム店『LA』の店名の意味とは…

IMG_4906

ラチャダー通りの『BIG-C』の向い側に旨いチムチュム屋を見つけたのは、もう1年以上前です。
バイクで通りかかったら客で溢れているので、急停車。
みんなのテーブルを見ると決まってチムチュムが並んでいたので、同じように注文したのがキッカケ。
この界わいへ行くと、食べたくなるチムチュム屋『LA』です。

[スポンサーリンク]

他では味わったことのないチムが特長

IMG_4897

『LA』のチムチュムはきちんとダシをとったスープが絶品!
いつも注文するのはチムチュム・タレーです。IMG_4906

タレーとは「海」を意味し、タイ料理屋では「魚介類」を指します。
魚介類とは書いたものの、『LA』の具材はエビとイカのみ。

野菜は空芯菜とハーブの葉(名前をど忘れしました…)、春雨、キャベツです。
心なしか春雨が多めなのが、春雨ファンとしては嬉しいポイント。
もう1店、『LA』のチムチュムの特徴はチム。
他では味わったことがない付けダレで、ペースト状のようになっていて、辛過ぎず、酸味もほどよく。
これが旨い!
もう1品はソムタム・カイケム(ส้มตำไข่เค็ม)
塩漬け卵入りのソムタムです。IMG_4909

好きなんですがどこの店にで見かける訳ではない一品。
塩漬け卵の卵はアヒルの卵なんだとか。
食べているときは気付かず、この記事を書くために調べ分かったという驚愕の事実。
ここのソムタムは味が濃いうえに、パパイヤが他より細く刻まれているため味がよく染み込み、私のようにビールを飲む者には最高の肴になります。
濃い味が好みじゃない方には辛いでしょうね。

以前から気になっていたのは『LA』という店名です。
てっきりロスアンゼルスだろうと勝手に決めつけていて、イナセな店名をつけるもんだと思っていたんですが、今回の来店を機会にちゃんと訊いてみることにしました。
伺ったのはスタッフのナインさん。

IMG_4916

どうやらロスアンゼルスではなく、ロイエット県から派生した店名のようです。
なるほど、と得心したものの、ロイエットのアルファベット表記はRoietだと思うんですが。

ロイエー→ローエー→エルエー

といった流れで変化していったのでしょうか。
この日はオーナーがいなかったので、次回オーナーに直接聞いてみようかと。

『LA』のスタッフは気さくなばかりです。

IMG_4920 IMG_4924

屋台風の店舗ですが、隣のガソリンスタンドの奥にトイレがあるのでご心配なく!IMG_4910

【SHOP DATA】

『LA(จุ่มแซ่บ )』
TEL:083-999-1919,086-883-0333,086-103-2372
OPEN:17:00-23:30

[スポンサーリンク]

Amazonとnoteで電子書籍を発売しました!

「激旨!タイ食堂」初となる電子書籍を上梓しました。 バンコクの高架鉄道BTS各駅から徒歩10分圏内の、評判の高いタイ料理店50店舗を収録しています。 掲載店のうち32店舗はサイト未掲載店。 各店のショップデータには電話番号、営業時間、料理の価格などの他にマップも掲載。

Amazonとnoteで発売しています。 ご希望のご購入先下にある画像をクリックしてください。

Amazon版

note版

ebook-cover2