[その他]アクセス数

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

2016年6月のアクセス解析内容を大公開!

2016年6月のアクセス解析内容を大公開!

本ブログ「激旨!タイ食堂」がスタートしたのが2015年6月。
先月でちょうど1年を迎え、本日時点での記事数は350本ほどになりました。
個人の趣味で始めたブログでしたが、日に日に閲覧者が増え、今年5月には第一回目となる「激旨!タイ食堂オフ会」を開催。
そして数日前、このブログがきっかけとなり、NHK初出演するまでにいたりました。
個人の趣味ブログだった「激旨!タイ食堂」が、たった1年で色んなことを体験させてもらうまでに成長したのは、いつも閲覧していただいているみなさまのおかげです。
ありがとうございます。

今後もご指導ご鞭撻、おべんちゃらも含めよろしくお願いいたします。

2016年6月のアクセス解析内容

201606

セッション:55,824(前月比+8,148)
ユーザー:18,021(前月比+1,182)
ベージビュー数:211,923(前月比+24,433)
ページ/セッション:3.80(前月比+0.16)
平均セッション時間:02:03(前月比 -0:29)
直帰率:39.93%(前月比-1.41)
新規セッション率:25.17%(前月比-2.68)

ついにページビューが20万超え!
ユーザー数やセッション数も過去最高となりました。
NHKで放映された日は、いままで到達したことがない1日1万PVを記録。
BSとはいえさすがテレビの影響は大きい。
読者でご覧になった方も少なからずおられたようで、放送を観たご感想などをLINEアカウントでいただきました。

では、6月でもっともPVが多かった上位5つの記事をご紹介します。

5位]PV数:1,627 ウドムスック通りで超巨大チムチュムに遭遇!

IMG_1269-728x485

オープンしたばかりのチムチュム屋。
10人前はあるかという巨大チムチュムを食べに行ってきました。
一人で完食したからといって何か特典があるわけでもなく、自身の達成感だけがご褒美となります。

4位]PV数:1,840 珍平酒楼(チャンペンレストラン)|絶品なのはガイヤーンだけじゃない!

IMG_1642

ガイヤーン屋台から営業を始め、来店する人々の舌を唸らせていった『珍平酒楼』はMRTルンピニ公園のすぐ近くに立派なレストランを保有するまでにいたるという、シンデレラストーリーを体現したタイ中華レストランです。
『珍平酒楼』のガイヤーンはマストオーダーですが、コレ以外のメニューも秀逸。
プーパッポンカリーやスキーなどもぜひご賞味あれ!

3位]PV数:1,885 悶絶必至!アヒル肉のガパオライス!!

IMG_0989-728x485

本記事をご覧になった私の知人が、さっそく来店したようです。
彼が現場から送ってきたメッセージには
「めちゃ旨い!」
と絶賛する言葉が。
それほど、ここのアヒル肉ガパオライスは旨いです。
MRTサムヤーン駅からも近く、徒歩で行けるのもおすすめポイント。
MRTサムヤーン駅に立ち寄る用事なんてほとんどないかもしれませんが……。

[2位]PV数:1,937 アソーク中心部であまり知られていないサーミットタワー(Sermmit Tower)横の屋台エリア

IMG_2423

アソーク界隈の記事は注目度が高くなる傾向にあります。
観光者の方々が行きやすいのが大きな理由でしょう。
本記事で登場したサーミットタワーは観光スポットでもなく、観光者には何の接点もなかろう場所ですが、屋台飯を気軽に食べたいなら最高の立地。
屋台飯とはいえ食事スペースが設けられ、エアコンが効いているのも嬉しい。

[1位]PV数:2,412 スティサンにあった!行列の絶えないカオマンガイ屋

IMG_1357

MRTスティサン駅至近の店が6月のナンバーワンになるとは。
駅から徒歩2〜3分とはいえ、スティサン駅を目指すことなどほとんどありません。
(私がないだけで、用事がある方もおられるでしょうが)
これは何を示すかといえば、トップになったのはカオマンガイ様の記事だからではないでしょうか!
日本人が好きなタイ料理ナンバー上位に間違いなく入るカオマンガイ様。
脅威の吸引力はたくさんの読者を引き寄せてくれたようです。

という6月の上位5記事でした。
8月のお盆には「激旨!タイ食堂オフ会」を企画しています。
今月告知いたしますので、お盆にバンコクへ来られる方はご一緒しましょう!

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top