[エリア]エカマイ通り

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

エカマイ通りで55年!優しいバミーにとろけそう……

エカマイ通りで55年!優しいバミーにとろけそう……

私はクイッティアオ(タイラーメン)よりもバミー(中華麺)のほうを好んでいる、というのは何度かブログで書いておりますが、その嗜好は記事に如実に表れ、昨今クイッティアオの店を取り上げることが少なくなってしまいました。
先日アップしたラマ4通りのホイール屋さんのクイッティアオの記事は、いつ以来だったかな。

エカマイ『アルンワン』の立地場所

バミー好きである私が今回訪れたのは、エカマイ通り沿いのお店です。
こんな分かりやすい場所にあるというのに、これまで取り上げていなかったとは、私の目も節穴!
エカマイ通りのソイ15入口の角に立地しています。
エカマイ駅から徒歩だと20分はかかると思うので、バイクタクシーがおすすめです。

エカマイ・アルンワン

『アルンワン』はエカマイ通りに面した場所に立地

アルンワン店内

もうすぐ閉店という時間でしたが、半数近くは埋まっていました

『アルンワン』が創業したのは西暦1963年。
今年で53年を迎えた老舗です。
看板に漢字名があるように創業者は中国から渡って来た華僑で、現在はお孫さん(?)にあたる女性がボーイフレンドとともに継いでいます。

アルンワン店主

『アルンワン』を営むのはさわやかなお2人です

優しさを感じるスープの奥深さ

バミーが美味しいと聞いてはいましたが、汁なしか汁ありで迷ってしまう。
過半数が埋まっている客席を見渡し、タイ人客をチェックしてみると、汁ありのほうが多数。
彼らの嗜好に従ってみるべく、汁ありバミーと、もち米を腸詰にしたカオニャオをオーダーしました。

バミー

ワンタンとモツが入ったバミー麺

カオニャオ

奥にある甘いタレを付けていただくのが通例ですが、私はそのままパク

一口スープを含む。
さらりとしながら、際限ない奥の深さが舌を驚かせる!
旨い!
これは旨い!
煌びやかなバミー麺も絶品で、トッピングにはレタスと2種類のワンタンが活躍し、至極の一杯です。
カオニャオは甘いタレに付けていただきます。

バミー麺

美しく輝くバミー麺!

ギアオ

揚げたワンタンと蒸したワンタンの2種類が入っています

まさかのバミー麺品切れ!?

2品を食べきったのに私の満腹中枢は「まだいけまっせー」と声を上げています。
食べ終わり、間髪なくオーダーしたのはバミー汁なし!

「ごめんなさい。バミー麺が終わっちゃったんです」

ガーン!ガーン!ガーン!
まさかのバミー麺終了告知。
時計を見ると14時30分。
15時で閉店を迎えるので仕方がないといえば仕方がない。

麺品切れの知らせを受けた私は、何を思ったかモツの盛り合わせをチョイス。
旨そうではありましたが、バミー汁なしの代わりがモツってどういうこと!?
我が神経回路を疑うオーダーでしたが、ニンニクが効いたモツたちは臭みはなく、歯ごたえもちょうどよく、満足度高し!

モツ

これはビールと合うなぁ

『アルンワン』のイチオシは、豚の臓物が入ったスープ「トゥーファン」だそうです。
トゥーファンといえばかなり以前にラマ4通りのお店を紹介したことがあります。

取材多数!豚のモツスープで心休まるひととき

ちょうど一年前に同じメニューを置く店に来店していたなんて、トゥーファンとの不思議な縁を感じます。

なにわともあれ、次回はトゥーファンと汁なしバミーを食べるぞー!

【SHOP DATA】
「アルンワン(อรุณวรรณ)」
TEL:02-392-5301
OPEN:9:00-15:00(月3日程度の不定休)
ADDRESS: 293, Soi Sukhumvit 15, Sukhumvit Road, Klongton Nua, Wattana, Bangkok 10110.
PRICE:バミー60B、カオニャオ40B、

保存

保存

1974年生まれ、大阪府出身。2011年にタイ・バンコクへ移住。2015年より「激旨!タイ食堂」の運営開始。2017年、タイ国内や東南アジアの旅を扱う旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を立ち上げる。Twitter:@nishioyasuharu
URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 8 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 僕も大好きなお店の一つです、改造前は髪の毛を大きくまとめているご婦人方(中華系タイ人でみかけるスタイル)で営業されていました。この方たちのお孫さんが引き継いだんかな?このwebにあるおねいさんは少し日本語ができませんでしたか?以前、8年くらい前にブログにアップした時に、「なぜ、日本人がおばあちゃんのお店を気に入っているの?」と書き込みがあったことを覚えています。サムヤーンの方のトゥーフアンは酸味とのバランスに個性が出ていますね、しかしジュックビーに関しては、僕はアルンワンのが好きです。週末だと横のおしゃれカフェのスタッフも食べに来ていました(笑

    • By 激旨!タイ食堂

      ご婦人の方もおられましたが、取材をお願いすると彼女が任されていたので、いまは彼女が前面に立ってやっているんじゃないでしょうか。
      8年前から通っているなんて、ほんとうのファンですね。

  2. 最後にバミーを食べたのが、8,9年前っていうくらい、あまり気持ちが向かなかったんだけど、食べたくなってきました!!
    またしても、激旨!さんの情報を参考にさせてもらいます!!

    • By 激旨!タイ食堂

      私がもし8〜9年もバミーを食べなかったら夢に出てきそう……。
      体調万全でタイに来て食べまくってくださーい!

  3. ジュックビー(もち米の腸詰)を見たら、トゥーフアン食べたくなりました!
    っていうか食べておけばよかった。。。。。

    • By 激旨!タイ食堂

      限られた日数ですから、すべて食べられないですもんね。
      次回はぜひ!

  4. スクンビットsoi39に朝から13時頃まであるsoi入ってすぐの屋台のバミーがおいしいです。
    手前からカオマンガイ、麺屋台①、麺屋台②とあって①が美味いです。
    地元の客が多く13時には麺が品切れなってるので早めの訪店がよいかと思います。

    • By 西尾 康晴

      ソイ39を入って右手の屋台群ですね。
      あそこで一度も食べたことがなかったのですが、バミーが美味しいならぜひ行かなければ!
      情報ありがとうございます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top