BTSアソーク駅

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

アソーク|ソイカウボーイの近くで繁盛するバミー&カオムーデーン屋台

アソーク|ソイカウボーイの近くで繁盛するバミー&カオムーデーン屋台

私はバミー(中華麺)が好きなのですが、私と同等、もしくはそれ以上にバミーが好きな方がいます。
このブログで何度も登場しているYindeed Magazineの明石氏です。
彼が書いた記事の中にもおすすめバミー屋もありますので、チェックしてみてください。
ちなみに、私は彼が書いた記事のバミー屋はまだ未体験なんですが…。

アソーク駅から徒歩3分!

そんなバミー好きの彼から連絡が入りました。
今回紹介することになったの店は、彼が気になるというバミー屋台です。

IMG_9000

[スポンサーリンク]



「アソーク駅の近くに行列が出来るバミー屋台があるんですが知っていますか?」

このメッセージとともに、屋台の前に行列が出来ている写真までも付けられていました。
場所はBTSアソーク駅の6番出口を目指し、階段を降りてソイ23の入口の方向です。
高架上にあるBTSアソーク駅からだと、アソーク通りを超えて左手の階段を降り、そこからソイ23に向かえばドンピシャ。

IMG_9016 IMG_9008

途中、日本人経営の「BLEZクリニック」が見えてくれば正解です。
5分も歩けば到着するでしょう。

IMG_9007

意気揚々と来店したらまだ準備中……

バミーを食べる気満々で私が屋台に伺ったのは午後4時ごろだったのですが、お店は絶賛準備中でして……。

IMG_9002IMG_8999

――何時からお店は始まるの?

「17時からだよ」

空腹絶頂で来店したのに、屋台内で準備に追われていた女性店主は残酷な現実を突きつけてくれるではありませんか!
せっかく来たのだから、繁忙時間を迎える前にインタビューだけでもしておこうと画策。
表で準備している男性に話しを聞くことに。

「うちはもう33年やってるよ。今の場所になってからは20年。それ以前は少し離れた場所でやっていたんだ」

バミーの他にカオムーデーンやムーゴップ(揚げた豚)などもあるこちらの屋台。
なんとチェンマイに支店もあるといいます。
一通り話しを聞いたあと、開店時間の18時に再訪いたしました。

バミーだけじゃなくカオムーデーンムーゴップも旨し!

時間は18時。
テーブル席はすべて埋まっていて、相席です。
仕事終わりの時間帯ということもあり、歩道を行き交う人が多い!
彼らの腰あたりに視線があるわけですが、往来する人々をこの視線で眺めるのは嫌いじゃありません。
むしろ好きです。
ほんとうは無数の往来をぼんやり眺めながら、片手にビールがあれば最高なんですが。
そんなことを考えながらぼんやりと往来を眺めていると、汁無しバミー(バミーヘン)のご登場です。

IMG_9021IMG_9023IMG_9026

麺は細麺、ワンタンは豚ミンチ肉が包まれています。
バミーの汁無しには2種類あり、店側が丼の底にタレを仕込ませているものと、タレを仕込ませず客自身の手によって卓上の調味料で味付けするものです。
『バミーギアオ アソーク』の汁無しバミーは後者。
自身で酢やナンプラーを調味しかき混ぜます。
ワンタンはほんのりとした甘みが感じられで絶妙、細麺のバミー麺も旨い!
さらに、別皿で提供されたスープもイケる。
煮込まれた大根が入ったスープは、色は濃いですが味はさほど濃くもなく、私好みの味付け。これならきっとスープ有りバミーも期待できるでしょう!

IMG_9019

これらを食べて、私の中でスイッチが入りました(笑)
続いてオーダーしたのはカオムーデーン・ムーゴップ。
カオムーデーンとムーゴップの2種類の豚肉が盛り付けられた飯ものです。

ムーデーンの肉は柔らかく、タレは甘過ぎず独特の風味もあってイイ!
ついさっきバミー麺を平らげたとは思えないがっつき具合になったのは、私が大食いだからではなくカオムーデーン・ムーゴップが旨いからなんですよ!

IMG_9028

昨今、バンコクでは屋台の取り締まりが強化され、名物屋台街がどんどん減っています。
アソーク中心部の雑踏の中で営業する『バミーギアオアソーク』。
取り締まりの対象になることなく、いつまでも営業してほしいと願うばかりです。

IMG_9034

【SHOP DATA】
「バミーギアオ アソーク(บะหมี่เกี๊ยวสถานีอโศก )」
TEL:081-925-5076
OPEN:17:00-21:00(日・月曜日休み)
PRICE:ワンタン入りバミー60B、バミー50B、カオムーデーンムーゴップ60B、カオムーデーン50B

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu

【お知らせ】タイ旅行メディア「TRIPULL」を立ち上げました



「激旨!タイ食堂」を運営する私が次に手がけたのは、タイ国内旅行会社TRIPULLです。
旅行メディアTRIPULLではタイ旅行に役立つ情報をお届けし、さらにタイ国内のツアーを提案しています。
「激旨!タイ食堂」で開催しているグルメツアーもこちらで随時募集中!
ぜひTRIPULLもチェックしてみてください。

URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ここのバミー屋台ですが、移転したか閉店してませんか?

    この間17年6月6日から1週間ほどバンコクに滞在し、毎日営業していた場所を覗いたのですが、一度もこのバミー屋台が出てることはありませんでした。

    ここのバミー、すごく気に入っていたので、もし閉店したのなら本当に残念です。

    • By 西尾 康晴

      私が数日前に通ったときは営業してたんですが。
      時間帯だったんでしょうか。
      ときどき通りますので再度注意して見ておきます。

  2. 1か月前くらいに通ったらまだありました。でも店の方と話したら、現在はバミーのみになったと言っていました。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top