西尾 康晴

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています
お一人でも楽しめるタイスキ鍋!トンローのマーケットプレイス内にある専門店「MAMA DO」

お一人でも楽しめるタイスキ鍋!トンローのマーケットプレイス内にある専門店「MAMA DO」

タイスキ鍋(略称スキーสุกี้)を広めたのは『MKレストラン』の功績が大きいでしょう。 タイ国内で436店舗(2017年10月時点)を展開し、圧倒的なシェアを誇るタイスキ鍋チェーン店です。 (タイスキ鍋で有名な『COCA RESUTAURANT』がタイ国内で有しているのは9店舗) MKレストランは日本にも進出し、19...

バンコク最強のタイ食堂か!?トンロー『Joke Bangkok(ジョークバンコク)』

バンコク最強のタイ食堂か!?トンロー『Joke Bangkok(ジョークバンコク)』

これまで数百店舗ものタイ料理店を取材してきた「激旨!タイ食堂」。 路傍の屋台からおしゃれなレストランまで、可能な限り評判の高いお店だけを選び取材し紹介してきました。 無数の店舗を取材してきましたが、ついに「バンコク最強」ではないかと思う食堂に出会ってしまったんです! トンロー通り沿いのジョーク(お粥)専門店『Joke ...

タイの魅力をもっと伝えたい<br/>タイ国内旅行メディアTRIPULLを立ち上げました

タイの魅力をもっと伝えたい
タイ国内旅行メディアTRIPULLを立ち上げました

2015年6月に【激旨!タイ食堂】を立ち上げてから2年強。 本サイトは「バンコク発タイ料理店情報サイト」として運営してきましたので、タイ料理店以外のことを書くことはほとんどなく、一貫して店舗紹介記事を掲載してきました。 情報サイトとして運営してきた「激旨!タイ食堂」ですが本日はタイ料理店の記事ではなく、私が立ち上げたT...

【募集終了】10/29 絶壁のそばを通る「アルヒル桟道橋」&クウェー川を眺めながらタイ料理ランチ

【募集終了】10/29 絶壁のそばを通る「アルヒル桟道橋」&クウェー川を眺めながらタイ料理ランチ

バンコクから車で約3時間ほどの距離に広がる、タイ中部のカンチャナブリー県。 タイ国内で3番目の県面積を誇っているだけに、エラワンの滝やサイヨーク国立公園といった雄大な自然をはじめ、複雑な歴史を孕む泰緬鉄道など、名所と言われる観光スポットが豊富です。 前述したものは一部で、その他にも大なり小なり幾つもあるのがカンチャナブ...

自家製グリーンカレーを始め職人技で魅せる ワットポー近くErr Urban Rustic Thai

自家製グリーンカレーを始め職人技で魅せる ワットポー近くErr Urban Rustic Thai

去る8月、タイ料理研究家の長澤恵さんが訪タイしていました。 長澤さんは、以前インタビュー記事で紹介したことがありますので、詳しくはそちらをご覧ください。 タイ料理教室「ティッチャイタイフード」主宰 長澤恵さんにインタビューしました ご一緒に来られていたのは、ベトナム料理研究家の伊藤忍さん。 私は存じあげなかったのですが...

カンチャナブリー県国境の町  ピローク(Pilok)のタイ料理店『クルーアジェーニー』

カンチャナブリー県国境の町 ピローク(Pilok)のタイ料理店『クルーアジェーニー』

有名な観光名所をいくつもあるカンチャナブリー県ですが、2017年9月初旬に訪れたのは日本語の情報がほとんどネット上に出ていない、ピローク(Pilok)という小さな町でした。 ピロークについてはタイ旅行メディアTRIPULLで詳しく紹介していますので、そちらをご覧ください。 タイ-ミャンマー国境に佇む町 カンチャナブリー...

エカマイ屋台のとろとろ&ふわふわ蟹の卵炒めがヤバい!

エカマイ屋台のとろとろ&ふわふわ蟹の卵炒めがヤバい!

エカマイ通りを2kmほど北上し、左に伸びるエカマイソイ21を入っていくと小汚い運河に出会えます。 汚臭すら漂ってきそうなこの運河のすぐ側で営業する『ノンリムクローン』は、バンコク在住者だけではなく日本在住のタイ料理通の間で話題になっている屋台です。 シチュエーションはとても良いとは言えない立地場所ですが、タイ人はもちろ...

クウェー川鉄橋「戦場にかける橋」に来たらこのタイ料理レストランへ!

クウェー川鉄橋「戦場にかける橋」に来たらこのタイ料理レストランへ!

タイ国内でもっとも県面積が広い県をご存知でしょうか? 1位はタイ東北部のナコンラチャシマー県(コラート)。2位が「北方のバラ」と呼ばれるチェンマイ県で3位がカンチャナブリー県です。 1位から3位までの県面積は微差なので、ほぼ同じような面積を誇っています。 私は先日、車でカンチャナブリー県を走らせたのですが、実際に走って...

Subscribe / Share

Return Top