[バンコク以外]アユタヤ

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

アユタヤで行っておきたいクイッティアオ店3選

アユタヤで行っておきたいクイッティアオ店3選

アユタヤといえば焼き川エビ(グンパオ)が名物で有名だから、そればかり食べていたら飽きた! っていう方いませんか?
飽きるほど食べられたなら幸せではありますが、川エビ以外でおすすめしたいアユタヤの店として、今回はクイッティアオを選んでみました。
私が来店した中で、推したいクイッティアオ店3選を今回は取り上げます!

[スポンサーリンク]



クイッティアオ ルア「クイッティアオ パーレック」

アユタヤ遺跡群のど真ん中にあり、常に客足が途絶えないクイッティアオといえば、タイ版わんこそばとも呼ばれるクイッティアオ ルアの店『クイッティアオ パーレック』

IMG_1203 IMG_1174

小さな器に盛られたクイッティアオはトムヤム味、ナムトックというコクのあるスープ、さらに汁無しタイプから選び、細麺、中麺、太麺から麺の好みをチョイスし組み合わせます。
一皿15バーツなので、10皿食べても150バーツ!
詳細は以前紹介した記事をご覧ください。

「アユタヤ遺跡ワット・マハタートのすぐ隣にある クイッティアオルア」

クイッティアオ トムヤム「クイッティアオ カイ クルンシー」

とある店へ向かう途中、偶然見つけた『クイッティアオ カイ クルンシー』。
午前10時ごろ、この店の前を通ったらほぼ満席の客席を見て、ただならぬオーラを察知し入店しました。

IMG_1418 IMG_1401 IMG_1398

前情報も何もなく来店したため、まずはじっくり周囲の客を観察してみたところ、ほとんどの卓上にあったのがクイッティアオ トムヤム。
たしかにメニューを見てもトムヤム推しです。

IMG_1406 IMG_1410 IMG_1412 IMG_1413

そしてもう1品気になるメニューが。
カレー味のご飯と鶏肉のコンビ、ハラルフードの代表格、カオモッガイを食べている人が目立っています。

クイッティアオ トムヤムとカオモッガイをメニューの両雄にしている店は、バンコクで見たことがない希有なコンビネーションです。
この組み合わせは異種格闘技戦と表現したい。
両メニューをテーブルに並べてみたく、腹の具合など二の次で2品をオーダーしました。

IMG_1394

クイッティアオ トムヤム タレー(海鮮クイッティアオトムヤム)にはイカ、ゲソ、白身魚、エビ、キャベツ、ゆで卵、パクチーと、40バーツとは思えない豪華出演者!
出演者たちへのギャランティーが低価格なのかは知るよしもありませんが、頂く側にとってのコスパは非常に優れており眺めているだけで幸せになれます。

クイッティアオ自体のレベルも秀逸で、これほど旨いクイッティアオが食えるなら昼前から満席になるのは当然なのかもしれません。

そしてとどめのカオモッガイがテーブル上に来襲!
麺とご飯を同時進行で食べる日本人を見て、驚きの様子を隠せないタイ人客がいましたが、おすすめしたいコンビネーションとして教えてあげたい。

IMG_1390

「オープンして1年ほどです」

ランサンという若きオーナーはそう答えてくれました。
至便ではない立地場所、そして創業1年でこれほどお店を流行らせられたのは、舌が肥えたアユタヤの人々を満足させる味を提供しているからでしょう。
もちろん彼の経営手腕が卓越していることは大前提です。

IMG_1405

【SHOP DATA】
「クイッティアオ カイ クルンシー(ก๋วยเตี๋ยวไข่กรุงศรี)」
TEL:090-903-8956
OPEN:7:00-16:00(基本無休)PRICE:クイッティアオ トムヤム タレー40B、カオモッガイ35B

レトロ調の造り「クイッティアオ ルア ワットヤイ」

店名に「クイッティアオ ルア」と冠せられていますが、1店舗目で紹介したような小さな器でのクイッティアオではなく通常サイズの器です。

IMG_1446 IMG_1441

クイッティアオのスープの色は濃く、だからといって味が濃いわけではなくコクが深い。
私が選んだバミー麺は平麺で、もちっとした麺の食感が印象的です。
しっかり煮込んだ大根、豚の角煮が脇を固めており、日本人ならこのトッピングに「はふぅ」となること間違いないでしょう!

IMG_1423 IMG_1426

「キレイに撮ってちょうだいよ!」

厨房の奥にいたオーナー女性に撮影を依頼すると、そう答えつつも、なにやらポーズまでとってくれるノリの良さ!
お笑い芸人のようなキャラクターの彼女を見ていた周囲の従業員は笑顔に包まれ、なんともいい雰囲気です。

IMG_1433

IMG_1434

ここ『クイッティアオ カイ クルンシー』は創業して20年以上と言います。
すぐ近くにある有名寺院『ワット ヤイ チャイモンコーン』が店名の由来でしょう。

店内はレトロ調で統一され、古いバイクなど味のあるディスプレイが店内の所々に置かれていて、ただ古いだけのクイッティアオ屋ではなく独自の“味”を体現した店です。

IMG_1452 IMG_1455

クイッティアオの他にカノムジーンなど他メニューも楽しめるので『ワット ヤイ チャイモンコーン』参拝の前に立ち寄ってみてください!

IMG_1436 IMG_1431

【SHOP DATA】
「クイッティアオ ルア ワットヤイ(ก๋วยเตี๋ยวเรือวัดใหญ่)」
TEL:087-400-2980,081-253-1140,081-946-1244
OPEN:6:00-17:00(第2水曜日休み)
ADDRESS:40/2 Moo 3 Ayutthaya – Bang Pa-in line. Klongsuanplu, Ayutthaya, Bangkok 13000.
PRICE:クイッティアオ50B

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu
URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By たっくん

    ブログ主様、はじめまして
    今回2泊3日のタイ旅行に来て、こちらのブログのおかげて非常に充実した食生活を送れました
    ありがとうございます
    こちらのブログを知ったきっかけですが、Gダイアリーという雑誌にカオマンガイ特集があり、その中の店を検索したらこちらのブログにたどり着きました
    何より驚いたのが、各お店の見出しが完全に一致していること
    個人的にはこれは完全な盗作だと思いました
    他の記事を読めば読むほどブログ主さんのタイ料理に対する思いが伝わってくるし、それにまして、ブログ主さんが自分の足で取材した記事がなんの断りもなく使われていることは到底許せません
    なので、今回コメントを残すことにしました
    雑誌発売前の記事まで探しても紹介された等の記載がなく、雑誌にもこちらのブログは一切出てきませんでした
    知らぬが仏とも言いますし、もしかしたら伝えないほうがいいとも思いましたが、我慢できませんでした
    申し訳ありません

    ちなみにですが、今回の旅行で一番美味しかったのはトンリーのガイトーでした
    こちらのブログがなければここにたどり着くのは到底むりでした
    本当にありがとうございます

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top