[料理名]バミー(中華麺)

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

ルンピニ公園近くに
生卵+カレー風味の激旨バミー店あり!

ルンピニ公園近くに生卵+カレー風味の激旨バミー店あり!

ひさしぶりに『ヘンチュンセン』に行ってきました。
私のお気に入り店のトップクラスなんですが、このブログを始めてからというもの、毎日新しいタイ料理店におもむきネタを仕入れなければならず、足が遠ざかっていました。

およそ半年ぶりに『ヘンチュンセン』に来店したのは、日本から観光で訪れていたMさんという女性がキッカケ。
私のブログをご覧頂いたようで、来タイ前から『ヘンチュンセン』が気になっていたようです。

「『ヘンチュンセン』でモツ鍋を食べながら赤ワインが飲みたい!」

あの店でワインを嗜もうとは、素晴らしい発想!
私はこの言葉を聞き彼女と『ヘンチュンセン』へ同行することにしました。
日付は1月3日。
Mさんは4日に帰国しなければならず、『ヘンチュンセン』の正月休暇が1月2日までだったので、この日に設定。
14時に来店したところ、8割ほどの席が埋まっているだけではなく店主から衝撃の発言が飛び出しました。

「今日はモツがすべて売り切れてしまった」

なんと!まさかのウリキレ!!
ということで翌日、1月4日の朝に改めて出直しました。
この日Mさんは、白ワインをペットボトルに入れて持参。

IMG_1704
さすがにボトルで持ってくると目立つので、ペットボトルに入れ替えたようです。
そして主役であるモーファイ登場!

IMG_1698 IMG_1701 IMG_1703

「今回タイに滞在して食べた中で一番美味しい!」

Mさんにもかなり喜んでもらえ、ペットボトルの白ワインも瞬く間に空きました。

『ヘンチュンセン』の詳細はコチラをご覧ください。最寄り駅はMRTクロントゥーイ駅。1番出口から向かうのがもっとも至便です。
モーファイを突きながらMさんが持参したガイドブックを読んでいると、とあるローカルタイ料理店が紹介されている記事が。

生卵とカレー粉を入れた『バミー・ポンカリー』や、火木土のみ提供する巨大な皿の汁無し中華麺『イーミー』など変わった種類を出す食堂。

めちゃめちゃ気になる!
Mさんと2人でテンションが上がり、私は2日後にこの店へ足を運んでいました。

[スポンサーリンク]

バミー麺を生卵と絡めて!

場所はルンピニ公園の北側、ランスワン通り沿い。
奥まった場所に入口があり、ひっそりと立地しているような佇まいです。
混む時間帯を避け私は午前11時に来店。
先客は一組だけというグッドタイミングです。

IMG_1744 IMG_1743     IMG_1733

いろんなバミーがメニューに並んでいるところ、私が選ぶのはもちろん生卵入り&カレー風味のバミー。
盛り付けを見た瞬間、感動を覚えました。
バミー界の風雲児ではないでしょうか!

IMG_1720

生卵がトッピングされている下部には、豚ミンチ肉が潜んでおりこのミンチ肉がカレー粉で炒められています。
まずは生卵を麺と絡めて、そして豚ミンチとレタスと一緒に一口。
旨い!
この組み合わせを考えた『バミーグア』は素晴らしい!

IMG_1724

使っているバミー麺はすべて自家製

生卵+カレー風味の豚ミンチバミーでテンションが上がった私は、もう1品気になっていたイーミーをオーダー!
バミー麺の表面だけを炒め、ハムと鶏サラミ肉をパラッとトッピングした麺料理です。
麺の外はカリッと炒められ、中はふんわり。
業が光った逸品にアッパレ!

IMG_1727

「創業したのは1947年だから今年で69年だね。いままで3回移転を繰り返しここでは30年以上営業しているよ」

お店の歴史を話してくれたのはガムトーンさんです。

IMG_1741
オーナーさんの旦那さんで、一緒に店を切り盛りしているといいます。
日本人もときどき来店するそうで、お店には日本語メニューも用意しているほど。
Google翻訳で日本語に訳し、奇想天外な日本語のメニューをときどき見かけますが、ここのメニューは日本人に書いてもらったそうでで、きちんとた日本語で表記されています。

IMG_1732

客席は屋外だけではなく空調が設置された部屋もあり。
ただしここで食べるには1人あたり5バーツが必要です。

IMG_1739
『バミーグア』で使用しているバミー麺はすべて自家製。
店の奥にある製麺機で、数日に一度の割合で作っているそうです。

「うちの麺は水をまったく使用せず、卵と小麦粉だけで作ってるんだ」

IMG_1736

70年間こだわりを持ち続けてきたからこそ、珍しいメニューを揃えても旨いのでしょう。
『ヘンチュンセン』に並び、私のお気に入り店の一店になりました。

【SHOP DATA】
「バミーグア(บะหมี่กัว)」
TEL:02-251-6020,02-251-9448
OPEN:9:00-14:30(日曜日休み)
ADDRESS:82 Soi Langsuan (Opposite bank. Bank of Thailand), Lumpini, Bangkok 10330.
PRICE:カレー風味バミー(生卵入り)45B、イーミー(小)85B

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu
URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 8 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. イーミーはもっとかた揚げしたものや、土鍋で蒸したタイプと色々ありますが、ここのお店は絶妙な炒め具合で美味しそうです^^
    そしてバミーポンカリーの生卵と麺の絡みは見ててヨダレが・・・。
    次回必ず行きます!!!

  2. 次回訪泰した時に行くお店が決まりました。 笑

    • By 激旨!タイ食堂

      「タイで生卵を食べて大丈夫なの?」
      と心配する人がいますが、そういった方にはおすすめ出来ないお店です。
      私はひとかけらの心配もすることなく、つるつる食べてましたけど(笑)

  3. 滞在中のホテルが近かったので、今日行ってみました。
    私は、米麺が好きなのでそれでオーダーしました(卵あり)が、美味しかったです♪

    • By 激旨!タイ食堂

      レポートありがとうございます。
      ここは美味しいですよね!

  4. イーミーですが、お店の人に聞いてみたら、土曜日以外でも注文できるとのことでした。
    壁にもタイ語で「イーミーは月曜から土曜まで注文できます」と書いてあります。
    たぶん新しく変わったんでしょうね。
    日本語のメニューには「土曜日のみ」と書いてありますが、どうやらこれは古い情報のようです。

    • By 激旨!タイ食堂

      私がイーミーをいただいたのも平日でした。
      以前は土曜日だけだったんでしょうね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top