[エリア]プラトゥーナム

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

この店より旨いカオカームーをご存知ならご一報を!

この店より旨いカオカームーをご存知ならご一報を!

※2016年8月15日追記

末席ながらタイ料理店を紹介するブログを書いている者なので、バンコクに住んでいる一般の方々よりはタイ料理店へは通っているであろうと自負しています。
そんな私が今回取り上げるのは「今までバンコクで食べたカオカームーの中で一番旨かった店」です。カオカームー1

[スポンサーリンク]

カオカームーが旨い『Bamii Zap 2』への行き方

場所は、安価な衣類を販売しているショッピングモール『プラティナムファッションモール(Platinum Fashion Mall)』から徒歩数分の場所。

BTSだとチットロム駅から『伊勢丹』方面へ北上し、交差点すぐのところに『プラティナムファッションモール』あります。

Platinum Fashion Mall

プラティナムファッションモール

ペッブリー通りを挟んだペッブリー・ソイ19を100メートルほど入った右手です。目印はペッブリー・ソイ19の入口に建っているホテル「グロウ プラトゥーナム(GLOW Pratunam)」に入っているショッピングセンター「SHIBUYA GLOW Pratunam」。

SHIBUYA GLOW Pratunam

若者のショッピングセンター『SHIBUYA GLOW Pratunam』

カオカームーだけではなくバミー麺もおすすめ

私が激推しするのはここ「Bamii Zap 2(บะหมี่แสบคูณ 2)」です。
平日でもランチタイム前後は満席状態が続くだけあり、土日ともなると空席を待つ人々が表に溢れるほど。この店は珍しくバミー(中華麺)とカオカームー(豚足煮込み乗せご飯)の2品をウリにしています。

Bamii Zap 2

ランチタイムになると店頭にまで人が溢れているときがあります

ワンタン入りバミー麺

ワンタン入りバミー麺

カオカームー2

豚足煮込みのカオカームー

私が惚れ込んだのはカオカームー。カオカームーとは、とろっとろになるまで煮込んだ豚肉をご飯の上にぶっかけただけのシンプルなメニューです。豚肉の柔らかさ、絶妙な味付けは、私がいままで食べたどのカオカームーよりも上回るレベル。これだけ客が入っているのも頷けます。

カオカームー3

柔らかく、味が染み込んだ豚足は絶品!

ところが「Bamii Zap 2」はカオカームーだけではなく、バミーも絶品なんです。今回私が注文したのは、すべての具材を載せた「全部乗せバミー」で、カニ肉、豚肉、ワンタンなどがトッピングされています。カニ肉のエキスはスープと手を取り合い無敵の味わいを演出。豚ミンチのワンタンは噛めば噛むほど甘みが口の中に広がり、眼球を反転させるほどの衝撃に襲われます。

バミー麺

すべてをトッピングしたバミー麺

店内の客席の多くを占めているのは中国人客だからか、メニューでもっとも大きく表記されているのは中国語。

中国語メニュー

タイ語よりも中国語の方が大きく表記されています

オーナーのプーディップさんは中国人客のほか、シンガポールやマレーシア、インドからのお客さんも多いと言います。

Bamii Zap 2オーナー

『Bamii Zap 2』オーナーのプーディップさん

午後2時にはカオカームーが売り切れていることも

「プラティナム ファッションモール」や、近くにある電脳モール「パンティップ・プラザ」を訪れた後、『Bamii Zap 2』へ立ち寄る観光客が多いのかも。日本人客が少ないのは、観光ガイド本やサイトに紹介されていないことが理由なのかもしれません。
とにかく来客数が多く、本ブログをご覧になり来店した方の中には、14時ですでにカオカームーが売り切れていた、というご報告もありました。
来店するなら午前中がベストでしょう。

「プラティナム ファッションモール(Platinum Fashion Mall)」や「パンティップ・プラザ(Pantip Plaza)」へ行くことがあれば、ここのバミーとカオカームーで舌鼓を打ってください!

IMG_6671

IMG_6669

【SHOP DATA】
「Bamii Zap 2(บะหมี่แสบคูณ 2)」
TEL:02-653-9618,
OPEN:9:00-15:00(月に2日だけ不定休有り)
ADDRESS:Phetchaburi 19 (Ratchathewi), Thanon Phetchaburi, Bangkok 10400

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu

タイ旅行メディア「TRIPULL」を立ち上げました!



「激旨!タイ食堂」を運営する私が次に手がけたのは、タイ国内旅行会社TRIPULLです。
旅行メディアTRIPULLではタイ旅行に役立つ情報をお届けし、さらにタイ国内のツアーを提案しています。
「激旨!タイ食堂」で開催していたグルメツアーもこちらで随時募集中!
ぜひTRIPULLもチェックしてみてください。

http://tripull.asia/

URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 17 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. こんなところに人気のお店があったんですね〜。
    知りませんでした。(^^

    • By 激旨!タイ食堂

      伊勢丹やプラチナムからすぐなので、近くまで行ったらぜひ寄ってみてください!

  2. プラトゥーナームあたりは、中国のガイドブックにかなり掲載されていて、ツアーでガンガン来ると聞きましたー。バイヨーク付近のツアーバス、ほとんど中国の人達ですもんね、確かに。

    • By 激旨!タイ食堂

      特にこの店は中国人が多いように思います。
      ほんとに美味しい店なので日本人にももっと知ってもらいたいですね。

  3. 初めまして^^
    このお店のカオカームーも美味しいですよ。
    http://tomarithai.com/blog/?p=16740

    • By 激旨!タイ食堂

      情報ありがとうございます。
      実はここ、昨日取材に行ったばかりです!
      数日後にご紹介しますね!!

  4. 十時来店でも待ちが三十人なのであきらめました。相当な人気店なんですね。

    • By 激旨!タイ食堂

      10時でそれほど並んでいましたか…。
      逆に閉店1時間前ぐらいのほうが入店しやすいかもしれませんね。

  5. 数日前に行ってみたのですが、14時近かった為かカオカームーはすでに終了。
    大陸の人がもの凄い行列で、ほぼ全ての人が汁なしを頼んでいたので流されてそれを食べましたが、100バーツの価値は無いかな〜。混んでる、高い、たいして美味しくないという第一印象でした。
    とにかく大陸パワーと行列店にありがちな流れ作業の接客に押されてあまり良い印象が無かったです。
    ちょっと残念な結果でした。

    • By 激旨!タイ食堂

      レポートありがとうございます。
      私が取材したころよりも、さらに中国人客が増えているのかもしれませんね。
      それにしても14時でカオカームーが売り切れているとは……。

      • はい。たぶんあちらのガイドブックか何かに載っているのではないかと思います。
        カオカームーは食べてみたいので、様子を見て再訪してみます!

  6. 本日は13時でカオカ-ム完売、バ-ミはまだありました

    • By 激旨!タイ食堂

      情報ありがとうございます!
      しばらく来店していませんが、相変わらずの人気ですね…。

  7. やっぱりここが一番ですよね! 同感です。
    最近は13時でもカームーが売り切れていることが多い上、12~13時は長い行列ができていることもしばしばです。
    しかも! なんとバミー・ナームがなくなり、ヘーンのみになったようです。
    まだマイナーな店だった頃が懐しいです。

    • By 西尾 康晴

      13時で売り切れているんですか!
      コメントを拝見したら久々に食べに行きたくなりました。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top