BTSサラデーン駅

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

【シーロム】コンベント通りのカオマンガイ&バミー&カオムーデーン屋台

【シーロム】コンベント通りのカオマンガイ&バミー&カオムーデーン屋台

シーロム通り沿いで屋台の営業が禁止されたのが一昨年の秋。
屋台がなくなったことにより歩きやすくはなりましたが、屋台が消え、タイらしさが失われていくのは一抹の寂しさを感じるのは私だけではないでしょう。
ただシーロムには、コンベント通りという屋台エリアがまだ残されています。

[スポンサーリンク]

コンベント通りの両歩道にはみっしりと屋台が連なり、朝から夜まで何らかしらの屋台が営業しています。
今回取り上げるのは、コンベント通りでバミーやカオムーデーンも扱っているカオマンガイ屋です。
ニワトリの絵が描かれた垂れ幕があるのですぐに見つけられるでしょう。
『バンディッキム』です。

IMG_1985IMG_1993

ここのカオマンガイ屋はまったくノーマークでしたが、ぷりぷり感のある鶏肉、絶妙な炊き加減のご飯、甘めのチムといい、高いレベルのカオマンガイを提供しています。
さすがシーロム屈指の屋台エリア!
レベルの低い屋台はすぐに淘汰され、旨い店だけが残った結果がいま並んでいる屋台なのでしょう。

IMG_1972 IMG_1975 IMG_1978

私が取材を依頼すると積極的に話しかけてきてくれたのが女性店主です。

「カオマンガイ屋は11年。それ以前にここに並んでいるカオムーデーンとバミーの店から始めたの。ここは仏歴で2525年からやっているの」

IMG_1989

仏歴で2525年というと、今年が2559年になるので34年目!

「34年前はカオマンガイなんてカオムーデーン一皿10バーツだったのに、今じゃ40バーツだからね」

4倍ほど物価があがったとはいえ、それでも屋台飯は安く食べられるから嬉しい。しかも旨い!
バミーにはムーデーン(赤い豚肉)がトッピングされています。
ここのバミーは平麺でなかなかのレベル!
カオマンガイ&バミーという、私が好きな2品を同時に食べられる幸せ。

P1010378

「うちのカオマンガイは姉妹店もあるの。すぐ近くよ」

Facebookファンページを見てみると、シーロムエリアに店舗型の姉妹店が掲載されていました。
ここもノーマークだったなぁ…。

ちなみに『バンディッキム』には、鶏丸ごと一匹を使った超大盛りカオマンガイもありますよ!

IMG_1980

【SHOP DATA】
「バンディッキム(บัณฑิตคิมข้าวมันไก่คอนแวนต์)」
TEL:089-481-9892
OPEN:6:30-14:30(月曜日休み)
ADDRESS:Convent Road Silom, Bang Rak, Bangkok 10500.
PRICE:カオマンガイ40B
FACE BOOK:https://www.facebook.com/bunditkim/

保存

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu

【お知らせ】タイ旅行メディア「TRIPULL」を立ち上げました



「激旨!タイ食堂」を運営する私が次に手がけたのは、タイ国内旅行会社TRIPULLです。
旅行メディアTRIPULLではタイ旅行に役立つ情報をお届けし、さらにタイ国内のツアーを提案しています。
「激旨!タイ食堂」で開催しているグルメツアーもこちらで随時募集中!
ぜひTRIPULLもチェックしてみてください。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top