料理名

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています
ソムタム三昧!バンコクでおさえておきたい9店舗

ソムタム三昧!バンコクでおさえておきたい9店舗

数あるタイ料理の中で、日本人にとって耳慣れた料理名といえば、トムヤムクン、カオマンガイ、グリーンカレー、パッタイ、ソムタムなどでしょう。 これまでトムヤムクンやカオマンガイ、パッタイは特集をしたことがあり、バンコクでおすすめのお店を取り上げています。 バンコクでパッタイならこの10店舗|2017-2018年度決定版 バ...

壺で蒸し焼きにする超レアなガイヤーン!【ガイオップオーン】

壺で蒸し焼きにする超レアなガイヤーン!【ガイオップオーン】

日本語の中には不思議な力を持つ言葉があるもので、その中の1つとして「壺」を挙げたいと思います。 壺を付けるだけで、料理の性質ががらっと変わり、旨そうに聞こえるからまぁ不思議。 有名どころで例えると「サザエの壺焼き」。 料理名通りサザエを壺で焼いている店はかなりの少数派でしょうし、壺を使わずともサザエの旨みはしっかり味わ...

シーロムでいつも満席のソムタム専門店 陽気なおばちゃんのソムタム&寡黙なおっちゃんのガイヤーン『Somtum Jay so』

シーロムでいつも満席のソムタム専門店 陽気なおばちゃんのソムタム&寡黙なおっちゃんのガイヤーン『Somtum Jay so』

「サラデーン駅近くにある、ソムタムジェイソーって店のガイヤーン激ウマです。行ったことなければ是非行ってみてください」 ブログをご覧になった方からいただいたコメントです。 サラデーン駅の近くにあるというソムタム屋のようですが、私は来店したことがなく、存在自体も知りませんでした。 3年近く、バンコクのタイ料理店を巡っていま...

チュラロンコン大学生も数多く通う名店ソムタム食堂 ソムタムジェーデーン(Somtum Jae Dang)

チュラロンコン大学生も数多く通う名店ソムタム食堂 ソムタムジェーデーン(Somtum Jae Dang)

MRTサムヤーン駅の近辺。ちょうどチュラロンコン大学の裏手にあたる一帯は、古くから営業している食堂が多く、「激旨!タイ食堂」でも幾つか紹介してきました。 これまで7、8店舗を紹介してきましたが、その中の『ソイ6ポーチャナー』という食堂を、NHK BSのテレビ番組で紹介することになりました! NHK BS『2度目の●●』...

珍しいタイのお菓子を揃える カオサン『sane cafe & workshop』

珍しいタイのお菓子を揃える カオサン『sane cafe & workshop』

私はお酒をこよなく愛しているためか、甘いものにあまり興味がなく、「激旨!タイ食堂」でスイーツを取り上げたのは数える程度しかありません。 「タイのお菓子(カノム)」に関してはほぼ皆無といっていいでしょう。 カノムだってタイ料理文化の1つでもあるのだから、もっと紹介しなければいけないと思いつつ、取材となるとバミー屋やイサー...

独自のレシピで至高のバミー麺を! BTSスラサック駅徒歩5分「ミートゥー(หมี่เต๋อ)」

独自のレシピで至高のバミー麺を! BTSスラサック駅徒歩5分「ミートゥー(หมี่เต๋อ)」

BTSスラサック駅から徒歩で行ける『バーンソムタム』を紹介したのは、2016年4月23日でした。 同店では30種類ものソムタムを揃え、ソムタムフリークを唸らせるレストランとして知られています。 取材当時、私は数回に渡って『バーンソムタム』に来店したのですが、気になっていた店が近くにありました。 向かって左隣に接している...

ターメリックと牛乳を使った独自のガイヤーンで勝負! イサーン料理+日本料理 Raan Keng

ターメリックと牛乳を使った独自のガイヤーンで勝負! イサーン料理+日本料理 Raan Keng

「西尾さん、面白いタイ料理店がBTSサパーンクワイ駅の近くにありますよ」 そう教えてくれたのは、TRIPULLで働くタイ人女性スタッフ。話を聞くとどうやらBKK MENU.comに取り上げられたタイ料理店のようで、2017年9月にオープンしたばかりだと言います。 記事で紹介されているのは一軒家を改築した『Raan Ke...

皮はパリパリで鶏肉はジューシー タレをほとんど使わず炭火で焼く地鶏ガイヤーン

皮はパリパリで鶏肉はジューシー タレをほとんど使わず炭火で焼く地鶏ガイヤーン

今回ご紹介するのはラマ三世通りにあるガイヤーン店です。バンコクに数年住んでいる、もしくは何度もバンコクへ旅行で来たことがあるという方ならご存知かもしれませんが、ラマ三世通りは日本人にとって身近ではなく縁遠い通りです。 東端はアソークの近くから始まって南端はチャオプラヤー川沿いを西の方角へと伸び、西端はチャオプラヤー川を...

Subscribe / Share

Return Top