料理名

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています
珍しい一品  パッカチェーがどっさり乗ったビーフン炒め  アヒル肉専門店DUCK NOODLE HOUSE

珍しい一品 パッカチェーがどっさり乗ったビーフン炒め アヒル肉専門店DUCK NOODLE HOUSE

ジャルンクルン通りは「バンコクでもっとも古い通り」と言われています。歴史がある通りだけに古くから営んでいる食堂や屋台が多く、私がこれまで取材をしてきた経験だと、「旨い店の密集率」はバンコクで一番ではないかと思っています。 旨い店がこぞって集まっているだけに、これまで「激旨!タイ食堂」でも名店をたくさん紹介してきました。...

モーファイ鍋の名店「ヘンチュンセン(Heng Chung Seng)」が復活の再開店!

モーファイ鍋の名店「ヘンチュンセン(Heng Chung Seng)」が復活の再開店!

私がこよなく愛するクイッティアオ店『ヘンチュンセン(Heng Chung Seng)』。モーファイ鍋が旨い店として本サイトで何度も取り上げたことのある食堂です。 タイ人の常連も多く昼時になると満席が続く超人気店でもあります。その『ヘンチュンセン』が2017年11月14日から急きょ一時閉店に。 シャッターに貼りつけられた...

ミシュランガイドも選んだ! ヤワラートにある極上のホイトート Nai Mong Hoi Thod

ミシュランガイドも選んだ! ヤワラートにある極上のホイトート Nai Mong Hoi Thod

バンコク初となる「ミシュランガイドバンコク2018」で選ばれた店 2017年12月6日、バンコクで初となる「ミシュランガイドバンコク2018」が発表されました。ミシュランガイドとは、星1つから3つまでの数によってレストランを評価し、世界の都市別で発刊されているガイドブックです。 ミシュランガイドのWebサイトを見ると、...

バンコクで激旨のトムヤムクンが食べたい!<br/>至高の9店舗

バンコクで激旨のトムヤムクンが食べたい!
至高の9店舗

タイ料理でとりわけ支持を集めているのは「カオマンガイ」「ソムタム」「ガパオライス」「タイスキ」「パッタイ」「ガイヤーン」「グリーンカレー」「トムヤムクン」といったところでしょう。 これらの中でもさらに絞って好まれているものを挙げるならば「カオマンガイ」「トムヤムクン」「ソムタム」が、日本人に人気のタイ料理3選ではないか...

モーファイ鍋の名店「ヘンチュンセン」が一時閉店に

モーファイ鍋の名店「ヘンチュンセン」が一時閉店に

読者から届いた『ヘンチュンセン』閉店の一報 激旨!タイ食堂をご覧いただいている読者の方からLINEでメッセージを送られてきました。 そのメッセージは私を驚かせる衝撃的な内容でした。 「ヘンチュンセンがしばらくは閉店」 『ヘンチュンセン』とは牛肉のクイッティアオ屋で、モーファイ鍋というメニューもある老舗の食堂です。 私は...

フカヒレスープやアワビ炒め、オースワンなどが旨いタイ中華食堂 Ah Ou Bangrak

フカヒレスープやアワビ炒め、オースワンなどが旨いタイ中華食堂 Ah Ou Bangrak

2016年2月、ジャルンクルン通りで見つけたカオパットが旨い屋台を紹介しました。 以下がその記事です。 屋台なのに火力は超強く、店主の豪快で手早いフライパンさばきで炒められたカオパットは、塩と胡椒だけと思われるシンプルな味付けなのに旨く、炒飯の決め手であるパラパラ感は最上級。 前評判を聞いて来店したわけではなかったので...

雄牛の”アレ”が入ったスープ(ガオラオ)を求めて

雄牛の”アレ”が入ったスープ(ガオラオ)を求めて

「牛のおちん●んが入ったガオラオを発見」 そんな衝撃的なツイートをぶちかましたのは、バンコクで犬を撮りまくっている渡辺のり子女史。 私はこのツイートを見て即座に反応し、彼女に場所を聞くととある水上マーケットの名前があがりました。 それから数ヶ月。 「牛のおちん●ん」スープは私の記憶から消え去ることはなく、むしろ肥大化。...

ワットポー近くでカニと卵のふわとろ炒め「カイコンプー」をどうぞ

ワットポー近くでカニと卵のふわとろ炒め「カイコンプー」をどうぞ

2017年9月14日付けの記事で紹介した『ノンリムクローン』で、初めて食したのがカイコンプー(ไข่ข้นปู)。 卵とカニの身を炒め、ふわふわでとろとろに仕上げた一皿は、私をイッパツで魅了してくれました。 このカイコンプーという料理、ほかでは見たことがないものの『ノンリムクローン』オリジナル料理とも思えない。 メニュ...

Subscribe / Share

Return Top