[エリア]ジャルンクルン通り

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています
移転したジャルンクルン通りの『ニューヘンキー』 78歳の店主が今でも鍋をふる老舗タイ中華食堂

移転したジャルンクルン通りの『ニューヘンキー』 78歳の店主が今でも鍋をふる老舗タイ中華食堂

2016年9月17日付けの記事で、ジャルンクルン通りにある『ニューヘンキー』という、老舗タイ中華食堂を紹介しました。 創業して60年以上。外観から店の中にいたるまで60年という年月が染み込み、いい味を出しているうえ、多数揃えているタイ中華も味わい深く、好きな食堂の1店でした。 『ニューヘンキー』が移転したのはすぐ近く ...

珍しい一品  パッカチェーがどっさり乗ったビーフン炒め  アヒル肉専門店DUCK NOODLE HOUSE

珍しい一品 パッカチェーがどっさり乗ったビーフン炒め アヒル肉専門店DUCK NOODLE HOUSE

ジャルンクルン通りは「バンコクでもっとも古い通り」と言われています。歴史がある通りだけに古くから営んでいる食堂や屋台が多く、私がこれまで取材をしてきた経験だと、「旨い店の密集率」はバンコクで一番ではないかと思っています。 旨い店がこぞって集まっているだけに、これまで「激旨!タイ食堂」でも名店をたくさん紹介してきました。...

しみじみ旨い!創業60年の老舗タイ中華食堂「ニューヘンキー」

しみじみ旨い!創業60年の老舗タイ中華食堂「ニューヘンキー」

【2018年1月19日更新】 本記事で紹介している『ニューヘンキー』は移転しました。移転先は以下記事をご覧ください。   私はジャルンクルン通りに住んでいることもあり、この通りに立地している評判の店はかなり制覇していると思っていました。 ジャルンクルン通りで紹介した店舗数はざっと15店舗。 以下でご覧いただけ...

バミーギアオペット

フアランポーン駅から徒歩10分 超ローカルのタイ中華店でウマい尽くし!

ジャルンクルン通りをフアランポーン駅方面へ抜けるためバイクで走っていたときのことです。 外観からふんだんに”老舗感”を醸し出している店舗に出合いました。 何度も通っていたのに、いままで気付かなかったのは、周囲に並ぶ建物のほとんどが年季が入った家屋や店舗ばかりだったからでしょう。 店頭の右手にはアヒル肉が吊るされ、左手に...

菜食(ギンジェー)メニューが揃ったぶっかけ飯屋<br/>@ジャルンクルン通り

菜食(ギンジェー)メニューが揃ったぶっかけ飯屋
@ジャルンクルン通り

タイでは9月か10月に、ギンジェー(กินเจ)と呼ばれる菜食習慣が9日間あります。 期間中、街の至る所に「齋」と記された黄色い旗が掲げられるようになり、期間だけは菜食メニューに切り替えるタイ飯屋も少なくありません。 菜食によって心身を清めるという意味がり、肉や魚はもちろん、動物性の油、刺激の強い味付けの物、アルコール...

うどんのようでうどんじゃない!「センプラー」という麺のクイッティアオ

うどんのようでうどんじゃない!「センプラー」という麺のクイッティアオ

2年ほど前、家の近くのクイッティアオ屋を通ったときのこと。 店頭のショーケースにうどんのような太い麺を見かけました。 「タイにもうどんがあるのか!?」 麺好きの私は路傍で1人小躍りをし、小躍りしたままその店へと入店。 なんという名前の麺かも分からないため、店頭まで行き指さしで注文し、運ばれて来たクイッティアオの丼を感慨...

絶品カオパットの屋台!<br/>「AH Ou Bangrak」@ジャルンクルン通り

絶品カオパットの屋台!
「AH Ou Bangrak」@ジャルンクルン通り

日本人観光客の方々ってスクンビット周辺に宿泊される方が多いんでしょうか。 チャオプラヤー川沿い、ジャルンクルン通りで日本人観光客を見かけることがほとんどなく、遭遇するのは白人、中国人ばかり。 チャオプラヤー川はすぐ近くだし、寺や旧市街地といった観光スポットや旨い店も多く、私個人的にはおすすめなんですけど、立地的な不便さ...

バンコク ジャルンクルン通りのすぐ裏で見つけた牛モツ鍋!

バンコク ジャルンクルン通りのすぐ裏で見つけた牛モツ鍋!

中国正月の間はジャルンクルン通りもド派手に爆竹を鳴らしたり、大音量で音楽を流したりと、中華系の人々による正月気分で大賑わい。 中華街ヤワラーに近いこともあり中華系タイ人が多いのでしょう。 つい半月ほど前、ジャルンクルン通りから1本入った道をぼんやりと歩いていたときのことです。 見たことのない一軒のクイッティアオ屋に遭遇...

Subscribe / Share

Return Top