[エリア]エカマイ通り

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

エカマイでチムチュムの激戦が繰り広げられる!

エカマイでチムチュムの激戦が繰り広げられる!

ここ最近、エカマイのネタが多いですが、またエカマイです。
先日紹介したチムチュムが旨く評判の『ノンカイチムチュム』からエカマイ通りを挟んだソイ30。
IMG_8646

ここにも周辺住民に愛されるチムチュム屋が営業していることを突き止めました。
屋外のみに席を有している『ラーン ソムオー101』です。
暗くなる前に訪れようと17時30分に来店。
まだ客は誰もいないだろうと思っていたら、すでに2組ほどの姿が。
はやいっ!

IMG_8597IMG_8592

雨季がそろそろ終わるバンコクなので、屋外でも比較的安心してチムチュムが食べられる季節。
私個人的な意見としては、チムチュムはクーラーが効いた小綺麗で小洒落た店内で食べるより、屋外で額に汗を流しながらビールとともに食べるのがチムチュムの魅力をもっとも深く感じられるシチュエーションだと思うんです。
断言してしまっていいでしょう。
チムチュムは外で食うのが断然旨い!

近代的な設備など不要。
炭火で十分。
クーラー不要。
扇風機で十分。

ぐだぐだとチムチュム論を展開しましたが、本題に戻りましょう。
オーダーしたチムチュム タレー(海鮮チムチュム)の具材は、イカ、ゲソ、エビなど。
スープは味わい深く、チム(付けダレ)がなくともダシの味だけで箸を進ませる威力を持っています。

IMG_8603IMG_8608

さて、『ラーン ソムオー101』の店主はタムさん。
私が食べ終わった19時ごろになると客席はほぼ満席で、タムさんは1人で調理のほとんどをこなし、ゆっくり話しを出来るような状態でなくなりました。

IMG_8632IMG_8644IMG_8609IMG_8611

私がこのお店で気になったのはトイレへ行った時に見た、店内の様子。
ずっと屋外で食べていたので気付かなかったんですが、屋内にはカラオケ装置があり、まさにカラオケ店のような造りになっているんです。

IMG_8613

「カラオケは1曲5バーツです。開店時間は15時から24時まで。女の子ですか?いませんよ(笑)」

店主の代わりに答えてくれたのはヌッさんです。

IMG_8622

女の子が横についてくれるカラオケ店ではないようで…。

エカマイ北部で人気を博すチムチュム店『ノンカイチムチュム』と『ラーン ソムオー101』。
どちらもお薦めしたい店であるのは、旨いのはもちろん、両店とも屋外でチムチュムが食べられるからです!

最後に猫ショット。

IMG_8588

【SHOP DATA】
「ラーン ソムオー101(ร้านส้มโอ 101)」
TEL:092-802-1906,098-796-9266
OPEN:15:00-3:00
ADDRESS:19/8 Sukhumvit Soi 63 (Ekamai) Road, Wattana, Bangkok
PRICE:チムチュム150B、コームーヤーン65B、ソムタム タイ45B、LEOビール80B、ハイネケンビール100B

1974年生まれ、大阪府出身。2011年にタイ・バンコクへ移住。2015年より「激旨!タイ食堂」の運営開始。2017年、タイ国内や東南アジアの旅を扱う旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を立ち上げる。Twitter:@nishioyasuharu
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top