[エリア]エカマイ通り

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

巨大駐車場を有するエカマイの老舗クイッティアオ店

巨大駐車場を有するエカマイの老舗クイッティアオ店

タイ国内の飲食店や旅行情報を発信しているEDT というフリーペーパーがあり、飲食店などで手に入れることができます。
さらにEDTはWebサイトhttp://www.edtguide.com/も運営。
定評あるローカルタイ料理店も数多く取り上げていて、このサイトを参考にして旨い店を探すこともしばしばです。

EDT guideに取り上げられたクイッティアオ25選

いろんな切り口でトップ10を紹介する「EDT TOP 10」など、面白い企画もあって、以前私が見た中に「クイッティアオ25選」がありました。
これはありきたりな企画ですが、「タイ人が選ぶクイッティアオ25店舗」は私にとってかなり有益な情報です。

本ブログ内ですでに紹介した店も取り上げられていました。
エカマイ通り沿いの大鍋で牛肉を煮込む『ワッタナーパニチ』もその中の一店舗です。

IMG_5595

エカマイで紹介されているのはここ『ワッタナーパニチ』だけだろうと高をくくっていたら、もう1店舗取り上げられている。
私がいまだ知らない名店クイッティアオがエカマイにあったのか…。
その企画を見てから数ヶ月が経ちましたが、ようやく、ついに、エカマイにある25選に選ばれたクイッティアオ屋に来店することにしました。

『ウィチャイボリガーン』への行き方

立地は悪くないし、すぐにでも行こうと思えば行ける場所。
25選の企画を見てから数ヶ月も時間が経ってしまったのは、単純明快な理由で、行きたい店があちこちに、しかも山のようにあるから、です…。

エカマイ駅を降り、エカマイ通りを北上。
右手に見えるソイ22を右折すると、10メートルほど先の右手に『ウィチャイボリガーン』が現れます。
エカマイ通りからバイクタクシーを捕まえると5分ほどでしょう。

IMG_3790

敷地内に入ってまず驚かされたのが、駐車場の広さ。
いままで取材してきた数々のクイッティアオ屋を思い返してみても、これほどの駐車場を有している店は思い出せない。
(あったらすいません…)
創業して数十年は経っているだろう店内には、EDTお墨付きの称号が掲げられています。

IMG_3803 IMG_3792IMG_3782IMG_3811IMG_3813

クイッティアオと汁なしバミーをいただく!

どういったメニューがあるのか知るべく、奥で調理する店主の元へ。

「クイッティアオはセンミー(細麺)、センレック(中麺)、センヤイ(太麺)、バミー(中華麺)、ほかにはカオムーデーン(チャーシュー乗せご飯)やカオカームー(豚足煮込み乗せご飯)があるよ」

IMG_3778 IMG_3777

黒ブチの眼鏡をかけ、麺をゆがく店主は、ひたむきな職人のような頑固さを漂わせつつも、私の質問に快活に応じてくれる。

オーダーしたのはクイッティアオ・センレック。
透明なスープのナムサイには、数種類のルークチンプラー(魚のすり身)、豚の挽き肉、豚バラ肉、魚の皮を揚げたチップなどのトッピングで彩られています。

IMG_3772

スープは濃過ぎず薄過ぎないほどよい味わいで、麺はもちもち。
特筆したいのはトッピングの各種で、一つ一つからこだわりが滲み出ている。
お腹の中からしんみりと癒されるなぁ。

一杯だけじゃ物足りず、悩んだ末に決めた2品目は汁なしバミー。
カオムーデーンにするかを悩んだのですが、この店のあと、近くにある234バーツ寿司食べ放題の店の取材が待っていたので、ご飯ものは避けたわけです。
ちなみにその寿司店とは、ペッブリー通り沿いに出店した『Aroi Sushi』。
この店は別媒体で書いているので、本ブログでは割愛します。
って取り上げるも必要ないか…。

IMG_3776

汁なしバミーも旨かった!
汁なしバミーでときおり登場する、砂糖どっさりタイプではなく、ほんのりとだけ風味の香るスープで味付けされていて、私好みの汁なしバミーです。

ムーサテー、カノム、パッチャーンもあり

「私の父親が創業者で60年以上が経っているよ」

先に触れた店主に話しを伺いました。
創業者の写真が厨房後ろの壁に掲げられていたのですが、これが現店主とそっくり!
黒ブチメガネまで似ている!

IMG_3805

店主と話していると突然現れたのが、店主の姉妹である方で、同じDNAを間違いなく受け継いでいると確信が持てるほど、創業者の面影を残してます。
名前を聞き忘れましたが、この女性がよく喋る喋る!

「うちはね、クィッティアオなどの他にムーサテー(豚肉の串焼き)やカノム、パッチャーン(葉で包んだおこわ)なんかもあって、○△■×▼×●□」

IMG_3797 IMG_3799 IMG_3810

がんがんどんどん、お店のことやメニューのこと等を説明してくれているようなんですが、私のタイ語解析能力では20〜30%ほどしか理解できない。
それでもお構いなしに喋り続けるもんだから、20分ほど話しを聞いていましたが、途中でギブアップ。
もっとタイ語勉強します…。

IMG_3795

【SHOP DATA】
「ウィチャイ・ボリガーン(วิชัยบริการ)」
TEL:095-495-6982,02-3926-279
OPEN:8:00-17:00(無休)
ADDRESS:Ekamai Soi 22 Sukhumvit Rd Wattana Bangkok 10110.
PRICE:クイッティアオ40B、カオムーデーン40B、カオカームー40B、パッチャーン30B

1974年生まれ、大阪府出身。2011年にタイ・バンコクへ移住。2015年より「激旨!タイ食堂」の運営開始。2017年、タイ国内や東南アジアの旅を扱う旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を立ち上げる。Twitter:@nishioyasuharu
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top