[料理名]タイ料理全般

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

ワットポー近くでカニと卵のふわとろ炒め「カイコンプー」をどうぞ

ワットポー近くでカニと卵のふわとろ炒め「カイコンプー」をどうぞ

2017年9月14日付けの記事で紹介した『ノンリムクローン』で、初めて食したのがカイコンプー(ไข่ข้นปู)。
卵とカニの身を炒め、ふわふわでとろとろに仕上げた一皿は、私をイッパツで魅了してくれました。

このカイコンプーという料理、ほかでは見たことがないものの『ノンリムクローン』オリジナル料理とも思えない。
メニューとして置いている店を探してみると、数店舗を探し出すことができました。
複数店舗をまわることは厳しいため、どの店にするかを決める判断材料は各店のカイコンプーの写真。
写真を見比べた結果、私の心にもっとも衝撃を与えてくれたのは旧市街地にある『Food Route』なるカフェでした。

ワットポーの目の前にある『Food Route』

まず『Food Route』の場所から説明します。
旧市街地にあるワットポーの目の前で、以前紹介したグリーンカレーが旨い『Err Urban Rustic Thai』からもすぐ近くです。
ワットポーのすぐそばを南北に走るMaha Rat通りで、左手に『Baan ThaTien Cafe』が見えたら左折。
数メートル先の右手に『Food Route』の看板が見えてきます。
向かい側には青いラテで人気のカフェ『Blue Whale Maharaj』が営業しているので目印になるでしょう。

角地に建つ『Baan ThaTien Cafe』が見えたら左折

地味な外観なので分かりづらいですがここが『Food Route』です

青いラテで人気になったカフェ『Blue Whale Maharaj』

メニューには2種類のカイコンプー

目の前に立地している『Blue Whale Maharaja』の方が超有名になってしまいましたが、創業したのは『Food Route』のほうが早く約5年前。
同店が掲げているのは「No MSG」「No Trans Fat」
(化学調味料・トランス脂肪酸不使用)
自然の材料にこだわった食事メニューを提供しています。
カイコンプーはトムヤム風味とカレー風味の2種類があったので、両方をオーダーしたのは言うまでもありません。

カレー・カイコンプー

まずオーダーしたのはカレーバージョン。
カイコンプーはほんのりと甘めに味付けされ、強すぎないカレー風味が彩りを与えている印象です。
炒められた卵とカニの身のふわとろ感は抜群!

トムヤム・カイコンプー

続いてトムヤム風味。
酸味と辛味はほどよい程度で、甘めに仕上げられた卵との相性が良く、旨い!
私はカレーよりもトムヤム味のほうがお気に入りです。

静かで落ち着く店内

テーブル席は5席ほどの小さな店内

私が来店したのはランチタイムでしたが先客はおらず、静かに食事をすることができたのは快適でした。
同じカフェである『Blue Whale Maharaja』が目の前にあり、あちらは超有名店なので、劣勢気味なのかもしれません。
私は「青いラテ」よりも「カイコンプー」のほうが興味ありありですが。

【SHOP DATA】
「Food Route」
TEL:02-622-1921
OPEN:10:00-16:00(日・月曜日休み)
ADDRESS:392/10 Soi Pen Phat 1 Maharaj Road, Grand Palace, Khwaeng Phra Borom Maha Ratchawang, Phra Nakhon Krung Thep Maha Nakhon 10200
PRICE:カイコンプー120B
Facebook:https://www.facebook.com/Foodroute/

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu

【お知らせ】12/30開催!今年最後の激ウマツアー


2017年は9回開催した激ウマツアー。
今年最後となるのは12月30日(土曜日)の開催です。
最終ツアーで向かうのは毎度好評をいただいている「エビの火山蒸し焼き」のタイ料理店。
お食事前に世界一高い仏塔「ワットプラパトムチェディ」へも立ち寄ります。
このツアーの趣旨は、とにかくエビをお腹いっぱい食べていただくこと!!(笑)

日程:2017年12月30日(土曜日)
参加費:2,300バーツ(大人) 1,150バーツ(2-11歳)乳幼児は無料
※参加費には往復の交通費、お食事代(アルコール込み)が含まれています。
詳しくは以下のリンク先でご覧いただけます。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top