[その他]激旨ツアー

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

メークロン市場&プーカイのツアーはこんな感じでした!

メークロン市場&プーカイのツアーはこんな感じでした!

昨年、4回に渡ってお贈りしてきた激旨!タイ食堂プレゼンツのグルメツアー。
2016年の最後を飾ったのは、12月29日に開催したメークロン市場の散策&蒸した蟹の卵(プーカイ)を堪能するツアーでした。
本ツアーの参加者は、小学生のお子さん2人を含む総勢19名。
好天にも恵まれた2016年ラストとなったツアーの様子をお届けいたします。

メークロン市場へは都レンタカーで!

待ち合わせはお昼の12時で、出発は12時15分。
お一人も遅れることなく12時に集合いただいたので、予定より10分ほど早くアソークを出発しました。
今回、メークロン市場とプーカイへの足としてご協力いただいたのは、ツアーで何度もお世話になっている都レンタカーです。
バンコクに拠点を置く日本人経営のレンタカー会社で、プライベートツアーやフィッシング送迎、ゴルフ送迎から、ビジネス工業団地ツアーと、各種送迎を扱っています。
今回もいつものように集合時間の10分前に2台とも到着していただいきました。
いつも安心してお任せしています。

miyako-carrent

「都レンタカー」
Web site:http://miyakothailand.com/

たくさんの人で賑わうメークロン駅で傘たたみ市場を満喫

年末に差し掛かっていたので少しは渋滞しているかと思いきや、まったくの杞憂で、道中の交通量はガラガラ。
メークロン市場まで2時間ほどをみていたのですが、スイスイと気持ち良く流れ、1時間ほどで現地に到着しました。

当初は15時30分にメークロン駅を発車する列車を見る計画でしたが、早めに到着したこともあり14時30分にメークロン駅へ到着する列車を待つことに。
平日でしたが年末だけに人も多く、線路脇に露店が軒を連ねるメークロン市場には、タイ人や外国人観光者たちが線路上を歩む姿であふれていました。

img_6441 img_6444

そして時刻は14時25分。
列車が近づいてくると露店はテントをたたまなければならず、慣れた手つきで瞬く間に露店撤収。
さきほどまであふれていた露店は一切なくなり、その代わりに列車を待つ人で埋め尽くされます。
ファーン!ファーン!
甲高い警笛を鳴らしながら、じわじわと駅へと接近する列車。
線路の両脇で待機していた人々はカメラやスマホを持ち、その姿を撮ろうと両手を高々と掲げ構えている中、わたしも負けじとカメラを頭上で構えて待ちます。
じわじわと列車が視界に入ってくる。
姿を見せた列車は、まばゆいほどのド派手なカラーリング!
以前見たときは所々塗装が剥げ、古ぼけた味のある車体だったのですが、どうやら塗り直したようです。
こんなに派手にする必要があったんでしょうか!!!
列車が駅へゆっくりと進入する様子は動画で撮影しFacebookにアップしているので、ご覧ください。

列車が駅へ到着したあと、記念にみなさんで写真を撮影。
その写真は記事の最後でご紹介します。

いきなり10kgのプーカイがテーブルに並ぶ!

15時15分ごろメークロン市場をあとにし、海岸の方面へ走ることおよそ20分で、2つ目の目的地であるプーカイのレストラン『クルア プーヤイ ジョーイ』が見えてきます。
100席近くある同店は川の畔に構えているだけに、乾季特有の涼やかな風を感じながら食事が出来るレストランです。

img_2424

19名のみなさまが席に着き、飲み物が行き渡ったらカンパイ!
注文していた10kgのプーカイは、カンパイしてからほどなくして登場しました。
テーブルに並べられるや、みなさんのスマホはシャッター連射。テーブル上はまるで記者会見会場のようになり、心なしかプーカイ君がいつもよりほんのり赤らめているように見えるのはわたしだけでしょうか。
きっとわたしだけでしょう。

img_6484

プーカイのほかにトムヤムクン、貝の炒め物、グンチェーナンプラー(エビのお刺身)、イカの揚げ物、カオパット(炒飯)など。
これ以上料理が乗らないほど様々なタイ料理で占められたテーブルを囲み、2時間ほどの食事を楽しんでいただきました。

img_6481 img_6485

冒頭でも書いたように、今回のツアーには2名の小学生が参加してくれていました。
わたしはみなさんとお話しがしたく、ビールを片手にあちこちに顔を出してお話ししていたんですが、小学生の2人がちょくちょくわたしに話しかけてくる。
同年代のお子さんがいなかったから、ちょっと退屈だったのかもしれないと思い、締めに近い時間には、この2人と川の魚を観察したり、店内にいた猫をおっかけたりしていました(笑)

帰路も渋滞に悩まされることなく、スムーズにバンコクへ到着。
予定していた到着時刻よりも1時間ほど早い19時30分ごろに、みなさんとはアソークでお別れいたしました。

2017年は、激旨プレゼンツのツアーを毎月開催していこうと思っています。
ツアーの内容が決まりましたらLINE@でお報せいたしますので、ぜひともご登録ください。
あっ、近日中にリリースを予定している電子書籍の発売日も決まれば、お報せします!

LINE ID:@ndf1940c

img_3584

では最後に、メークロン駅で撮影したみなさんのお写真で締めたいと思います。

img_6471

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu
URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. カニツアー楽しそうですね。
    臨場感あふれる文章、楽しく読ませていただきました。
    9月のシルバーウイークには訪タイします。
    期間が合えば参加させていただきたいです

    • By 激旨!タイ食堂

      さっそくコメントいただきありがとうございます。
      日本の長期休暇には必ず合わせて開催しようと考えております。
      LINE@にご登録いただきましたら、ツアー情報を随時お送りいたしますので、よろしければご登録のほどお願いいたします。

  2. 来年こそは参加したいですね。(^^

  3. いつも拝見しています。実は来月タイに行く予定なのですが、タイミングが合えば是非参加したいです。

    • By 激旨!タイ食堂

      いつもご覧いただき誠にありがとうございます!
      2月も開催する予定です。
      ご都合が合うようでしたら、ぜひご参加ください。
      LINE@で随時お知らせしておりますので、この機会にご登録いただければと思います。

      LINE ID:@ndf1940c

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top