MRTクイーンシリキット ナショナル コンベンション センター駅

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

バンコク牛モツ鍋の名店『ヘンチュンセン』の支店!?

バンコク牛モツ鍋の名店『ヘンチュンセン』の支店!?

私がこのブログで何度も推し、読者の方々からもお便りでの反響が多く、しかもブログ横のランキングでは常に10位以内。
バンコクの牛モツ鍋『ヘンチュンセン』のモーファイは、他の方々からも絶大な評価をいただいているようで、発信している者にとってこれほど嬉しいことはありません。
あまりにも反響が大き過ぎて、日本人の行列が出来てしまったなら複雑ですが…。

私が大好きな『ヘンチュンセン』に、支店があるという噂を聞きました。
しかもラマ4の『ヘンチュンセン』からさほど離れていない場所です。
支店なのか、はたまたパクりなのか。それとも…。
人気店だけに正体ははっきりさせておかなければなりません。
支店と呼ばれる『ヘンチュンセン』へは、1人ではなくブログをご覧いただいている読者の男性と、その方のお知り合い2名の女性との合計4名で来襲することにいたしました。

[PR]

別店『ヘンチュンセン』の正体とは…

最寄り駅、といっても徒歩だと15分以上はかかるでしょうけどMRTクイーンシリキット ナショナル コンベンション センター駅。
南へ下りSuntornkosa通りを東へすすむと見えてきます。
外観を見ると確かに『ヘンチュンセン』と同じく、漢字で『王春盛』の文字が。
間違いなく同じ店名です。
店頭には大鍋に牛肉やモツが煮込まれていて、モーファイ鍋があるのは間違いなさそう。
席に座るやすかさずモーファイをオーダーしました。

IMG_4056 IMG_4057 IMG_4065

やや小ぶりな印象はありますが、モツがごろごろしているのも『ヘンチュンセン』と同じ。
味は若干の違いがあるものの、旨さ極まるモツ鍋です!
さすが人気店、支店も出店していたとは。

IMG_4050IMG_4071

「うちは創業して60年です。写真に写っているのは私の父親です」

話しを聞かせてくれたブンさんが現在の店主で、以前はお父さんだったようです。
本店は創業70年以上と言っていたので、やはりこちらが後発なのでしょう。ところが、本店にはメニューがあるのに支店にはありません。

IMG_4062

激旨ステッカーを店内に貼ってくれたブンさん

別皿でモツをどんどん追加注文

「別店の『ヘンチュンセン』にはメニューがあるけど、こちらにはないんですか?」

「ここはあの『ヘンチュンセン』の支店ではないんです」

まさかの同名で別店!!
同じ店名があっても不思議ではありませんが、場所も近く看板も似ているし…。
彼のお父さんかお爺ちゃんなど、どこかで繋がっているのかもしれないですが、経営は別のようです。
確かに味が若干違い、本店のほうが味わいが深いように感じます。

IMG_4055IMG_4068

とはいっても、ここのモーファイも具だくさんで滋味に満ちた味わいです。
私と男性はビールを飲んでおりましたが、女性陣2名は来店するやタイのウイスキー『SangSom(センソム)』のソーダ割。
ビールを飲むがごとくグイグイと空け、さらっと1瓶が完飲。
ちなみに「完飲」なんていう単語はありません。造語です。

IMG_4078

4人で一鍋だとかなり少ないので、肉やモツを別皿でどんどん追加注文していきます。
するとどんどんダシに深みが増していくのは必然で、追加注文するたびに旨くなっていくのです!
いやぁ、それにしても飲んだ。
っていうか飲み過ぎた…。

横に座っていた赤ちゃんと、床を歩いて猫は、我々酔っぱらいを物珍しそうに見つめていました。

IMG_4075 IMG_4087

【SHOP DATA】
「ヘンチュンセン(เฮ้งชุนเส็ง)」
TEL:02-249-2329
OPEN:7:00-20:30(平日)7:00-16:30(土日) 月に1日休み
ADDRESS:13 Suntornkosa Rd,Klongtoey Bangkok 10110
PRICE:モーファイ180B、別皿の肉類50B

1974年生まれ、大阪府出身。2011年にタイ・バンコクへ移住。2015年より「激旨!タイ食堂」の運営開始。2017年、タイ国内や東南アジアの旅を扱う旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を立ち上げる。Twitter:@nishioyasuharu
URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 8 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. その節はありがとうございました。
    いや〜、あの日は全員よく飲みましたね〜。
    まあ美味しい物食べて飲みすぎてしまうのは当然のことなので良しとしましょう。
    またバンコクに行った際にはよろしくお願いします!

    • By 激旨!タイ食堂

      17時からしこたま飲んで食べましたからね(笑)
      次回のバンコク滞在時も旨いタイ料理を食べながら痛飲しましょう!

  2. こっちのお店に行ってしまいました。タクシーの運転手さんに場所を説明したら、「わからない。俺の知ってる店ならここ」と言われて連れて来てもらって。すっかり、ここだと思い込んでいました。さっきまで(爆)美味しかったから良かったですが、来月バンコクに行くのでハシゴしてみようとおもいます。

    • By 激旨!タイ食堂

      モーファイがメニューにある店は限られているので、タクシー運転手に連れて行ってもらったという別の店が気になります。
      どこだったか覚えているようでしたら教えてください!

      • すみません。私の書き方がわかりにくくて。
        私は、本物と言われているラマ4の『ヘンチュンセン』ほうに行ったつもりが、運転手がつれてきてくれたところは、こちらの支店(ではなかったんですよね、結局)のほうでした。
        来週、バンコクを訪問予定なので、ラマ4の『ヘンチュンセン』を探してみます。

        • By 激旨!タイ食堂

          さっそくバンコクへ再訪されるんですね。
          日程が合うようでしたらご案内しますよ。

          • ほんとですか?(^o^)とっても嬉しいです。
            お問い合わせから、ご連絡してもよろしいですか?

          • By 激旨!タイ食堂

            さきほどメールにてご返答しました。
            お会いできるのを楽しみにしています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top