[エリア]トンロー通り

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

Khao Jao(カオジャオ))|トンローの隠れ家的な南タイ料理店

Khao Jao(カオジャオ))|トンローの隠れ家的な南タイ料理店

私がトンローへあまり足を運ばないのは以前から申しておりますが、このたび珍しく、トンローへ出征してまいりました。
トンロー出征を決意したのは、以前から気になっていたタイ南部料理を提供する『Khao Jao (カオジャオ)』に来店したかったため。

トンロー通り周辺に多い南タイ料理店

北タイ料理店はときおり見かけるものの、南タイ料理店はどこにでもあるといった感じでもなく、私もあまり食べる機会が少ないタイ料理です。
しかし不思議なことに、トンローエリアには有名な南タイ料理店が集まっている。
以前取り上げたことのある『PHUKET TOWN(プーケットタウン)』、その他にも数店舗の南タイ料理店が点在しています。

南タイ料理の特徴といえば「スパイシー」であること。
私は数年前、プーケットタウン(地名の方です)へ訪れた際、地元の南タイ料理店に行き南タイ料理の数々をいただいたのですが、日本人だからといって遠慮なく調理されたそれらは、地球上の料理とは思えないほど辛く、頭皮の毛穴は全開。
額だけではなく頭からも汗が流れ落ちるほどの発汗をうながし、
「サウナ要らずや〜」
なんておどけながら、ペットボトルの水をがぶ飲みした甘酸っぱい思い出があります。

辛いだけではなく旨い料理も多く、マッサマンカレーや、ゲーンと呼ばれるタイカレー、ご飯の上に野菜をトッピングしたライスサラダのカオヤム、カオモッガイなど、私好みの料理も揃っています。

トンロー・ソイ17にある南タイ料理店『Khao Jao(カオジャオ)』

私が南タイ料理を求め来店したのは、トンローの『Khao Jao(カオジャオ)』。
トンロー・ソイ17を入り、数百メートル先の左手です。
大きな看板が掲げられているわけでもなく、外観は一般的な住居のようなので、知らずに前を通ってここが南タイ料理店だと気付く人は少ないでしょう。
店舗内はカフェのような雰囲気。
店内に外光がたっぷり射し込むよう、路上側の席はガラス張りになっています。

Khaojao(カオジャオ)外観

カオジャオの外観。表に駐車しているのは高級外車!

Khaojao(カオジャオ)店内1

カオジャオの店内はまるでカフェのよう

Khaojao(カオジャオ)店内2

外光がたっぷり入る前面ガラス張り

Khaojao(カオジャオ)店内3

店内奥にはレトロなおもちゃなどが飾ってあります

食事をしている先客はすべてタイ人で、ハイソな方ばかり。
しかも店前に停まっている車も高級車ばかり!
私のようにYAMAHAの安物バイクにご乗車している方は、きっとおられないのでしょう。

『Khao Jao』では、店主おすすめの品々をいただきました。

Khao Jao(カオジャオ)のおすすめメニュー

カオヤム(ข้าวยำ)

カオヤム1

カオヤム(ข้าวยำ) ご飯の上にさまざまな野菜をトッピングしたライスサラダ

カオヤム2

カオヤムは食べる前にしっかりと混ぜて、ナムブードゥー(น้ำบูดู)という魚の発酵調味料をかけていただきます

ゲーンソム(แกงส้ม)

ゲーンソム

ゲーンソム(แกงส้ม) 店主が「辛いの大丈夫?」と聞いてきた一品。確かに辛いけど旨い!

カノムジーン・ナムヤー・パックタイ(ขนมจีนน้ำยาปักษ์ใต้)

カノムジーン

カノムジーン・ナムヤー・パックタイ(ขนมจีนน้ำยาปักษ์ใต้) 素麺のような米麺にナムヤーと呼ばれるカレーソースをかけていただくタイ南部料理

トムセープ(ต้มแซบ)

トムセープ1

トムセープ(ต้มแซบ) こちらはタイ南部料理ではなくイサーン料理。豚肉などを煮込んだ酸味のあるスープです

トムセープ2

トムセープには豚の骨付きスペアリブがゴロリ!

パッタイ

パッタイ

こちらは定番のエビ入りパッタイ

パッタイ

エビがたっぷり入ったパッタイは春雨が使われています

ヤムトゥアプー(ยำถั่วพลู)

ヤムトゥアプー

ヤムトゥアプー(ยำถั่วพลู)  トゥアプーという四角豆を使った和え物。ほどよい感じにスパイシーで、日本人にも人気のメニューだそうです

特製プリン

IMG_6204

最後にデザートのプリンをいただきました。「日本のプリンのレシピを元にして作ったの」と店主

南タイ料理店ではありますがパッタイやトムセープといった一般的なタイ料理から、イサーン料理も揃っています。

「日本人の方もよく来られますよ。特にこの辺りに住んでいる奥様ね」

そう話してくれたのは現店主のスチナットさん。
トンローといえばバンコクで指折りの日本人居住区、ここに住む駐在員も多く、平日はランチに来られる駐妻の姿がちらほらあるそうです。
土曜日や日曜日になると、ご家族で来店する方が増えるのだとか。

「この周辺はハイソな方が多く住んでいますが、リーズナブルに食事を楽しんでいただきいたので、価格設定は抑えています」

創業したのは8年ほど前、店主スチナットさんの父母がナコンシータマラート県出身だったこともあり、母親からレシピを教わり南タイ料理を提供するお店にしたそうです。
スチナットさんとお話ししていると、彼女のお母さんがお店へ現れました。

Khaojao(カオジャオ)店主

左が店主のスチナットさんで右がお母さん

お母さんはなんと90歳!
平日の午後はほぼ毎日お店へと顔を出し、顔見知りのお客さんがいるとお話しをされるそうです。
90歳には見えないぐらい元気なんだけど、南タイ料理って長寿の料理なんだろうか…。

『Khao Jao』への行き方

BTSトンロー駅からトンロー通りを北上。
フードモール『J Avenue(ジェーアベニュー)』を過ぎ、ソイ17を左折。
数百メートル先の左手にある、一軒家風の店舗が『Khao Jao』です。
エアコンがある店舗内の席だけではなく、テラス席も数席だけですが設けられています。

Khaojao(カオジャオ)テラス席

4、5席ほどテラス席があります

来店される方に覚えておいていただきたいのは、『Khao Jao』にはアルコール類がないこと。
ときおり日本人客の方から「ビールありますか?」と聞かれることがあるそうです。

母から受け継いだレシピの南タイ料理の数々。
たしかにビールと一緒にいただきたい!

【SHOP DATA】
「Khao Jao(カオジャオ)」
TEL:02-712-5665
OPEN:10:30-20:30(第1・3月曜日休み)
ADDRESS:Sukhumvit Rd.Soi Thonglor 17 Bangkok
PRICE:トムセープ80B、カノムジーン・ナムヤターイ50B、パッタイ・グンソッ65B、ヤムトゥアプー80B、カオヤム55B

保存

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu

タイ旅行メディア「TRIPULL」を立ち上げました!



「激旨!タイ食堂」を運営する私が次に手がけたのは、タイ国内旅行会社TRIPULLです。
旅行メディアTRIPULLではタイ旅行に役立つ情報をお届けし、さらにタイ国内のツアーを提案しています。
「激旨!タイ食堂」で開催していたグルメツアーもこちらで随時募集中!
ぜひTRIPULLもチェックしてみてください。

http://tripull.asia/

URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. この辺は物価が高くて、どんな人たちが暮らしているのかなんだかあまり想像つかないんですよねー。
    バーンアイス?とかも有名ですけど行ったことないです。

    • By 激旨!タイ食堂

      南タイ料理店だと『バーンアイス』の方が有名ですが、私も来店したことがないです…。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top