[エリア]旧市街

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

バンコク旧市街にカオパットを極めたフカヒレ屋台がありました

バンコク旧市街にカオパットを極めたフカヒレ屋台がありました

シンプルな料理ほど難しいとはよく聞きますが、カオパット(炒飯)もその1つでしょう。
使用する調味料は数えるほど、白ご飯と具材を炒めただけという極めてシンプルな料理ですが、仕上がりは店によって雲泥の差が現れるほど異なり、料理人の腕とセンスが試される料理です。
私はカオパットが好きで屋台や食堂で頻繁にいただきますが、外れることは少なくとも、大当たりに出会うことは非常に稀。
1年に一皿程度じゃないでしょうか。
「激旨!タイ食堂」で取り上げた中では、ジャルンクルン通りの『AH Ou Bangrak(ร้านอาอู๋ บางรัก)』がその1店舗でした。
同店の本店はクロントゥーイ市場の裏手にあるのですが、カオパットの出来は支店の屋台が上回っています。
『AH Ou Bangrak』を紹介してからおよそ2年。なかなか出会えないとびっきりのカオパットに、バンコクの旧市街で出会うことができました。

夕方から屋台が並び始める旧市街のタナオ通り

旧市街地の観光名所「サオチンチャー(巨大ブランコ)」からだと、西方面に向かって歩くこと5分ほど。タナオ通り(Tanao Rd)とナワ2通り(NAWA2)との三叉路で、夕刻から営業を始めている屋台があります。
歩道に並べられた席数は6、7席ほど、ご夫婦2人だけで営んでいる屋台です
揃えるメニューはフーチャラーム(フカヒレスープ)を筆頭に、ガポープラ(魚の胃袋)や炒め物など全6品。
以下がメニュー全品です。

ガポープラ ナムデーン/魚の胃袋入りスープ(กระเพาะปลาน้ำแดง)
フーチャラーム/フカヒレスープ(หูฉลาม)
バミーホンコンナムデーン/ホンコン麺入りスープ(บะหมี่ฮ่องกงน้ำแดง)
ガポープラ パッドヘン/魚の胃袋炒め(กระเพาะปลาผัดแห้ง)
カオパットプー/カニ入りカオパット(ข้าวผัดปู)
バミーホンコンパッドヘン/ホンコン麺炒め(บะหมี่ฮ่องกงผัดแห้ง )

看板にメニューが表記されています

テーブル席は6〜7席ほど

あまり知られていませんが、タナオ通りには夕刻になると屋台がたくさん現れ、ちょっとした屋台通りに変貌します。
初めてこの屋台へ来店したのはまったくの偶然で、日本から来た方とタナオ通りを歩いていて、なんとなく気になり席へ着いただけでした。
そのとき注文したのはフカヒレスープとカオパット プー。
すでに他で食事をした後だったので、食欲はさほどありませんでしたが、そんな私たちの胃袋に喝を入れてくれたのがカオパット。
あまり期待していなかったのもあったでしょうが(笑)、カオパットの出来栄えが素晴らしすぎて我々大興奮!
パラパラ感といい、濃過ぎず若干薄い程度の絶妙な味付けといい、これまでバンコクで出会った中でも最高位。
屋台の柱メニューであるフカヒレスープは特筆するほどでもないのに、なんでカオパットはこれほど旨いのか…。

パラパラに仕上がっているのは言うまでもなく、絶妙な味付けにセンスを感じます

フカヒレスープはふつうです

バンコク最強のカオパットか!?

全メニューを調理している彼女の動きを見ていると、無駄な動作は1つもなく、フライパンを軽々とさばきカオパットを仕上げていきます。
炒め物といえば、「バミーホンコンパッドヘン(ホンコン麺炒め)」も特筆もの。
味付けは塩と胡椒、あと1つ何らかしのらソースを加えた程度で、こちらもシンプルなのに風味は単純じゃない。

余裕があればバミーホンコンも食べてください

素人目には判別できない調味料の絶妙なさじ加減、流れるような鍋さばきと卓越した業など、調理人としてのずば抜けたセンスを持っているのでしょう。
嫁さんがこれほどのスーパー調理人なら、旦那さんと思わしき相棒はさぞ驚くような腕を持っているんだろう。
なんて誤解してはいけません。
男性はといえば、出来上がった料理を配膳したり客が去った後のテーブルを拭いたりと、完全なる雑用係。
彼女一人で屋台を背負っているといって過言ではありません。

「創業したのは…、10年以上前かな」

女性に聞くと、記憶を辿りながら「10年以上」という曖昧な年数を弾き出しました。
ここで屋台を始める前から魔法がかったカオパットを作っていたのか。それとも10年もの月日が彼女の腕を磨いたのか。
開店直後の「名も無きフカヒレ屋台」には、まだ客の姿はなく私だけ。
テーブル席に座ってスマホをさわっている彼女に、電話番号があるのか聞きました。

「この番号は携帯番号だけど誰に繋がるの?」

「向かいのラートナー屋に繋がるの。かかってきたら私に教えてくれるから大丈夫」

カオパットの達人はそう言い終えると、顔を上げて優しい微笑みを見せてくれました。

【SHOP DATA】
「名も無きフカヒレ屋台」
TEL:089-492-4625(向かいのラートナー屋に繋がります)
OPEN:17:30-23:00(月曜日休み)
PRICE:フカヒレスープ300B、カオパットプー90B、バミーホンコンパッドヘン90B

【催行決定しました!】2/25(日)不思議な宗教施設 タンマガーイ寺院を見に行きたい! 半日ツアー




ドンムアン国際空港上空からでも肉眼で確認できる、広大な敷地に建設された摩訶不思議な施設。
UFOを彷彿させる巨大な施設は、タンマガーイというタイの宗教団体が有している寺院です。
収賄疑惑などなにかとお騒がせしているタンマガーイですが、東京ドーム約68個分という広大な施設は一見の価値あり!
本ツアーではタンマガーイ寺院の施設内を現地のガイド付きでご案内します。

日程:2018年2月25日(日曜日)
参加費1,200バーツ(大人)
※タンマガーイ寺院への往復交通費。館内での昼食代。館内ガイド費。
詳しくは以下のリンク先でご覧いただけます。

http://tripull.asia/tour/dhammakaya/

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top