[エリア]旧市街

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

カオサン至近で激旨な「スキー鍋」をつつく!

カオサン至近で激旨な「スキー鍋」をつつく!

「バンコクのバンランプーが『2016年に訪れるべき世界の16地域』の2位に選ばれたようです」
http://www.fashionsnap.com/news/2016-01-09/airbnb-2016placestogo/

このニュースを知らせてくれたのは、Webマガジン「Yindeed Magazine」を執筆している明石氏。
週5日のペースでタイに関連した情報などを提供しているだけあり、情報を掴むのも早い。

バンランプーとはバックパッカーが集まるカオサン通りのすぐ近く、北側に位置し、どちらかといえばローカルな雰囲気のエリア。
なぜここが『2016年に訪れるべき世界の16地域』の2位に選ばれたのまでは書かれていませんでしたが。
そんなバンランプーやカオサン通りの魅力を、Yindeed Magazineが取材したそうなので、ぜひそちらの記事もご覧ください。
http://yindeed.asia/banglumphu-gekiuma

私と明石氏の2人は、バンランプーから至近にあるいつも満員というスキー屋台を訪れました。

[スポンサーリンク]

カオサン通りとは異なる雰囲気

いつも混雑しているという事前情報は正しく、セブンイレブンの前に並べられたテーブルは満席。
それだけではなく、数名待っている人までいて行列が発生しています。
満席の9割ほどはタイ人。
白人観光客ばかり目に付くカオサン通りとは異なる雰囲気です。

IMG_2250

およそ10分ほど待ってようやく席へと。
メニューは

野菜スキー
鶏or豚スキー
シーフードスキー

の4種類。
私たちが選んだのはシーフードスキーです。

IMG_2259

ご覧いただいたようにここのスキーは器で提供されるのではなく、鉄板。
重量のある鉄板を毎日何枚も、屋台営業しているこの場所まで運んでくるのは、通常の器を使うよりもかなりの労力を要するでしょう。
ただ、これがふつうの器だったらまったく違った印象になるはず。
ちなみに“鉄板スキー屋台”は、ここ『ジウ スキー ガタローン』しか見たことがありません。

すぐ隣にはジョーク(おかゆ)店もあり!

具材は一般的なスキーと同じく野菜類や春雨、そしてエビやイカといったシーフード。
このまま食べても十分旨いんですが、チム(付けダレ)を少々かけると別世界が!
どこでスキーを注文してもほぼチムは付いてきますが、『ジウ スキー ガタローン』のチムは独特でクセがなく、鉄板スキーを引き立てるに最高の役割を果たしています。

IMG_2255

屋台の隣で鉄板スキーが調理されていて、これを見ているだけでもなかなかに楽しい。
鉄板に具材を乗せ、強火で炒めながらスープをぶっかける!
熱せられた鉄板からは蒸気がどわ〜っと立ちのぼり、「ジュー!」という音が食欲をさらに刺激すること間違いなし。

IMG_2265 IMG_2278

「創業?いつだったかな10年?9年?いや10年だね」

どんどん注文が舞い込んでくる中、私の質問に対応してくれたのはこちらの店主です。
彼が調理スペースの中央に立ち、調理をしつつ10名はいるであろう従業員の司令塔になっています。

IMG_2281 IMG_2268 IMG_2271

このスキー屋台の隣を見ると、同じようなロゴを掲げたジョーク(おかゆ)屋が。

「あの店はうちの系列店だよ」

改めてテーブルに座るタイ人客を観察すると、おかゆを食べている客も少なくありません。
店員が運んでいたピータン入りのおかゆは、私たちの本能を揺さぶる素敵な容姿!

鉄板スキー鍋+ジョーク、という組み合わせもアリでしょう!

IMG_2252

【SHOP DATA】
「ジウ スキー ガタローン(จิวสุกี้กะทะร้อน)」
TEL:081-629-5801
OPEN:19:00-3:00(月曜日休み)
PRICE:野菜スキー40B、鶏、豚スキー50B、シーフードスキー60B
FACE BOOK:https://www.facebook.com/%E0%B8%88%E0%B8%B4%E0%B8%A7-%E0%B9%82%E0%B8%88%E0%B9%8A%E0%B8%81%E0%B8%9A%E0%B8%B2%E0%B8%87%E0%B8%A5%E0%B8%B3%E0%B8%9E%E0%B8%B9-%E0%B8%88%E0%B8%B4%E0%B8%A7-%E0%B8%AA%E0%B8%B8%E0%B8%81%E0%B8%B5%E0%B9%89%E0%B8%81%E0%B8%B0%E0%B8%97%E0%B8%B0%E0%B8%A3%E0%B9%89%E0%B8%AD%E0%B8%99-751527011544779/

1974年生まれ、大阪府出身。2011年にタイ・バンコクへ移住。2015年より「激旨!タイ食堂」の運営開始。2017年、タイ国内や東南アジアの旅を扱う旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を立ち上げる。Twitter:@nishioyasuharu
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top