ベトナム風のクイジャップ「クンデーン クイジャップ ユアン」

IMG_6943

日本人のブログなどで見かけていた『クンデーン クイジャップ ユアン』。
旧市街地、カオサン通りから徒歩で行ける距離にあり、評判が高いお店のようです。
店名を見る限り、どうもクイジャップ(麺をくるっと丸めた麺料理)のお店のよう。
来店すると歩道にも席が並べられていました。
到着してまずは他の客が食べている料理をチェック。
みなさんクイジャップを食べているのかと思い込んでいたら、センレックのような麺のクイッティアオばかり。
店員に渡されたメニューを見て、クイジャップユアンがどういった店なのかが判明しました。

IMG_6949

[スポンサーリンク]



米麺にタピオカ粉を混ぜた麺

メニューの最上段に記載されていたのは、Vietnamese Noodle。
ベトナム風のクイッティアオだったようです。
タイ語が幼児レベルの私は知らなかったのですが、後日調べたところ、店名の「ユアン」はベトナムを指すタイ語。
つまり「クイジャップ ユアン」とは、「ベトナム風クイジャップ」なんですね。
麺もクイッティアオやベトナムのフォーで使われる米麺ではなく、タピオカ粉を混ぜて作られた麺で、モチモチとした食感が特徴です。

タイのグルメサイトWongnai「Wongnai User’s Choice 2016」に選ばれ、その他にも多方面から高い評価を得ており、店内でそれらの功績を垣間みることができます。

IMG_6953 IMG_6954 IMG_6950

クイッティアオはぬるいスープに出合うことが多いのですが、ここのスープはあっつあつ!
しかも麺にとろみがあるためか、一層高温になっているように感じます。

IMG_6943

ホスピタリティが高いスタッフたち!

私は卵入り(+7バーツ)にしました。
食べ進めていると、スープに沈められた半熟卵が現れ、あつあつのスープと共に頬張ればとろりとした黄身が口の中で弾け、アツ旨い!
他の具材は豚のソーセージ(ムーヨー)、シイタケ、揚げ玉ねぎ、豚肉といった陣容です。
一般的なクイッティアオにはない具材と、揚げ玉ねぎの薫り、あっさりとしつつコクがある熱々のスープ。
クイジャップ ユアンの旨さを初めて味わいました。

IMG_6945 IMG_6948 IMG_6951

クイジャップ ユアンはタイ東北部(イサーン)出身の麺料理です。
麺やムーヨーなどの食材は本場のウボンラチャタニーの工場から、毎日仕入れていると言います。
女性の店主に創業年数をうかがったところ、現在の場所で3年、ここへ移転する前は6年営業していたとおっしゃっていました。

スタッフたちはみんな明るく、私がカメラを構えると笑顔で応じてくれるホスピタリティの高さが嬉しい!

IMG_6960

ちゃっかり激旨ステッカーも貼っていただきました。
しかも2人のスタッフに協力してもらい、写真撮影までやっちゃった!

IMG_6962 IMG_6963

【SHOP DATA】
「クンデンクイジャップユアン(คุณแดงก๋วยจั๊บญวน)」
TEL:02-282-0568,089-770-1066
OPEN:10:30-21:30(日曜日休み)
PRICE:クイッティアオ(並)45バーツ、(大)55バーツ、卵入り+7バーツ

Amazonとnoteで電子書籍を発売しました!

「激旨!タイ食堂」初となる電子書籍を上梓しました。 バンコクの高架鉄道BTS各駅から徒歩10分圏内の、評判の高いタイ料理店50店舗を収録しています。 掲載店のうち32店舗はサイト未掲載店。 各店のショップデータには電話番号、営業時間、料理の価格などの他にマップも掲載。

Amazonとnoteで発売しています。 ご希望のご購入先下にある画像をクリックしてください。

Amazon版

note版

ebook-cover2
IMG_6943

4 件のコメント

  • ここのはホント劇旨ですよね! クワイジャップユワンのお店、たくさんあるけど頭一つ飛び抜けていると思います。

    お店の内装が緑過ぎて、なんだか落ち着かない、という欠点?はありますが。。
    僕だけでしょうか?(^^;

    • 確かに緑で統一されていて、落ち着かない雰囲気はありますね。
      なので私は表の席でいただきました。
      ここのクイジャップユワンはまたすぐ食べたくなった、秀逸な一品です!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA