[バンコク以外]サムットソンクラーム県

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

サムットソンクラーム県のプーカイ(卵持ちカニ)は、やっぱり旨い!

サムットソンクラーム県のプーカイ(卵持ちカニ)は、やっぱり旨い!

8月13日に開催したYindeedとの第三回共同オフ会の開催店は、サムットソンクラーム県にあるローカルレストラン『ゲーソン』でした。
ここの激薦はプーカイと呼ばれる卵を持ったカニを蒸した一皿。
11名が参加したこの日の、オフ会では一皿1kgのプーカイを10kg完食するという快挙を達成。
食べ始めたら手が止まらないプーカイの魅力は、人の胃袋をもおかしくしてしまうのかもしれません…。

『ゲーソン』は広大な客席を有しながらピークタイムになると数十メートルもの行列ができる、タイ人の間では評判の高いレストランです。
とはいえ、周辺にはプーカイを提供するレストランが点在しています。
『ゲーソン』以外のレストランはどうなっているのか。

私が狙いを定めたのは、『ゲーソン』から車で1〜2分の場所にある『クルア プーヤイ ジョーイ(ครัวผู้ใหญ่จอย)』です。

img_2426

『ゲーソン』ほど広くはありませんが駐車場があり、川に面した客席は100席近くあるように見えます。
平日の、しかも昼過ぎに来店したこともあり、客入りはまばら。
空席が多いにも関わらず、私たちが案内されたのは数少ない客のすぐ隣りだったのは、多数ある空席のど真ん中だと寂しいと思ったからかもしれません。

img_2428

『クルア プーヤイ ジョーイ』は駐車場完備

img_2421

「ゼッタイ並ばせないぞ」という意気込みすら感じる広大な入口のスペース

img_2424

『ゲーソン』よりは少ないかもしれませんが、十分な客席数

img_2410

川が間近に流れています

茹でたてで出てきた1キロのプーカイ!

『クルア プーヤイ ジョーイ』にも、もちろんプーカイはあります。
茹でた3匹のカニ1kgで900バーツ。
ゲイソーンと価格はさほど変わりませんが、皿に盛られたカニには明らかな違いがあったんです!
では実際に見比べてみましょう。

『ゲイソーン』のプーカイ

img_6456

『クルア プーヤイ ジョーイ』のプーカイ

img_2384

写真を並べれば分かりやすいと思います。
『ゲイソーン』のプーカイよりも『クルア プーヤイ ジョーイ』のほうが一回りサイズが大きい。
同じ1kgではありますが、『ゲイソーン』は小ぶりなので殻が占める割合が大きいはず。
カニの大きさの差異は、甲羅のサイズを見てもらえばさらに分かりやすいでしょう。

img_2403

カニ味噌たぷ〜り!

大きなカニを使っているということは、『クルア プーヤイ ジョーイ』のほうが身が多く、しかもカニ味噌占有率も高いっちゅうこと!

カニ味噌の多さを目の当たりすると、私の脳内からはエンドルフィンやなんだかんだの脳内麻薬物質がどばどば放出され、眼球が反転しそうになりましたよ!

img_2393

カニの卵もたぷ〜り

ごちゃごちゃと御託を並べて、プーカイの味の表現なんてする必要ないでしょう。
旨いに決まってますから!
身震いしますよ、ほんと!

たっぷりの身とカニ味噌、卵を、身震いしながら堪能しつつ、他の料理もいただきましたのでご紹介しておきましょう。

ホイロート パッチャー(หอยหลอดผัดฉ่า)

img_2375

ホイロートとはマテ貝という貝で、細長く、ストローのような形状をしています。
グラチャイというショウガに似た素材と、生の粒コショウとで炒め、ピリッとした味わいと共にホイロートの歯ごたえが楽しめる一皿。

イカと揚げたニンニク、ハーブと和えたこちらも、ぷりっとしたイカの食感が印象的。

img_2379

干潟へのツアーも開催しています

img_2432

『クルア プーヤイ ジョーイ』を営むのは、こちらの女性です。
彼女に聞くと、一日に出るプーカイは平日だと20〜30キロ、土日だと100キロほどなのだとか。
店の隣りには川を利用した生け簀があり、ここで育てたカニを調理しているといいます。
店の前に積み上げられた黒いボックスに、収穫したカニが詰められているとのこと。
一匹だけ出して見せてもらうことにしました。
プーカイさんを取り出すや、ここぞとばかりに逃亡!
自身の故郷である川へと猛ダッシュしていきましたが、あえなく捕獲されてしまいました。

img_2419

このボックスの中でプーカイさんたちがくつろいでいます

img_2414

逃亡を断念したプーカイ

「もともとは川を下るツアーを15年前からやってました。お客さんから『川が近いんだしレストランをやってみたら?』と言われ、5年前からこの店を始めたんです」

レストランを始める前はツアーが本業だったそうで、今でもレストラン業の傍らで続けていると言います。料理のメニューにはツアーの料金表も掲載されていました。
干潟で泥んこになっている人の写真が、まぁ楽しそう!

img_2405

ツアーは午前9時から昼12時までと、午前9時から16時までの2種類があり、料金は400バーツ/人と600バーツ/人。

次回は干潟で泥んこになって、プーカイを食べてみましょうかね!

【SHOP DATA】
「クルア プーヤイ ジョーイ(ครัวผู้ใหญ่จอย)」
TEL:085-184-3410
OPEN:9:00-20:00(月に一度水曜日休み)
ADDRESS:Khlong Khon, Mueang Samut Songkhram District, Samut Songkhram
PRICE:プーカイ(1kg)900B、ホイロートパッチャー150B

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu

【お知らせ】タイ旅行メディア「TRIPULL」を立ち上げました



「激旨!タイ食堂」を運営する私が次に手がけたのは、タイ国内旅行会社TRIPULLです。
旅行メディアTRIPULLではタイ旅行に役立つ情報をお届けし、さらにタイ国内のツアーを提案しています。
「激旨!タイ食堂」で開催しているグルメツアーもこちらで随時募集中!
ぜひTRIPULLもチェックしてみてください。

URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 岡村正彦

    鉄道と乗合ソンテウで行きました バンコクから鉄道20バーツ 渡し船3バーツ 乗合ソンテウ20バーツで950バーツの蟹を食べに行く金銭感覚のわからない日帰り旅行でした ちなみに私は鉄ちゃんです 泊まりがけでもいく価値のある旨い蟹だと思いますよ 乗合ソンテウは駅から徒歩3分ぐらいの大きな病院の前から出ています。 お店の名前 もしくはワット クロンコンへ行きたいと言えば教えてくれると思います。お寺の隣が店です 帰りのソンテウは本数が少ないと思いますのでご注意下さい。

    • By 激旨!タイ食堂

      鉄道と乗り合いソンテウを乗り継ぎ、この店まで来店したとはすごい!
      お寺の名前や注意事項などありがとうございます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top