[バンコク以外]ラヨーン県

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

ラヨーン県の数あるタイシーフード料理店で一番人気 LAEM CHAROEN SEAFOOD

ラヨーン県の数あるタイシーフード料理店で一番人気 LAEM CHAROEN SEAFOOD

ラヨーン県にあるフルーツ農園『Supatra Garden』へ単身で来園したのは、1月22日付けの記事で紹介いたしました。
シーズンオフの果物農園に、色とりどりの果実が実をつけている木々があるはずもなく、いかんともしがたい寂寥感を噛み締めた私は、このままラヨーン県を去ることができず、とあるレストランを目指しました。
海岸線に建つ『LAEM CHARON SEAFOOD』です。

100席以上は有する『LAEM CHARON SEAFOOD』

出発前、知人のタイ人から
「ラヨーン県でもっとも有名なシーフードレストラン」
と聞いていたのがこのレストラン。
『Supatra Garden』からおよそ20kmほど南へ下り、海岸線をかっとばし、潮風を一人で存分に浴びながら『Supatra Garden』へ向かいました。

海岸線に立地している『Supatra Garden』は、店内だけではなく屋外にも多数の席を有している、比較的規模の大きなシーフードレストランです。
ビーチとは反対側に立地しているため、テラス席から大海原が眺められないのはちょっと残念。
IMG_7286 IMG_7282 IMG_7275 IMG_7292

昼どきだったこともありますが、来店時には8割ほどの席が埋まっていました。
私はテラス席に腰を下ろし、LEOビールを傾け一人で乾杯。
近くにいた4名ほどの日本人客は、どうやらゴルフ終わりに寄ったようです。
『 LAEM CHAROEN SEAFOOD』は、一人で来店するような店でないことは明白でして、潮風を感じながらビールを飲んでいても佗しいことこの上ない!

タイ各地に支店を展開する『LAEM CHARON SEAFOOD』

侘しさをこらえメニューを開くと、数名で注文するような料理ばかりが並んでいる。
なんで一人で来てしまったんだ!!
ラヨーン県まで来たし、せっかくだからと寄ってみたけど、ひょっとしたらやっちまったか…。
とはいえ何も食べずに帰るのも憚られるので、茹で蟹と、エビのオムレツなる2品をオーダーしました。

話が一旦それますが、『LAEM CHARON SEAFOOD』は私が来店したラヨーン県の店を本店とし、バンコクをはじめチェンマイやコンケーンなどでも展開しているシーフードレストランです。
支店は多く、メンチャイ店とラムイントラ店は独立店舗型。
他はセントラルプラザなどのデパート内で店舗を構えています。
以下が一覧なんですが、これほどあちこちにあるのにどの店にも行ったことがない!

メンチャイ店
ラムイントラ店
Central World
Paradise Park
Siam Paragon
Silom Complex
Central Plaza Pinklao
Central Plaza Ladprao
Central Plaza Westgate
Central Plaza Udonthani
Central Plaza Khonkean
Central Festival Eastville
Central Festival Chiangmai
The Mall Korat
Central Plaza Bangna

※公式Webサイトより




『LAEM CHARON SEAFOOD』のメニュー

しばらくビールを楽しんでいると、スタッフが茹で蟹を運んできました。
身をほぐした状態になっており、私のような面倒くさがりにとって、これは大変嬉しい。
評判の高い店というのは、こういったところに一手間をかけている。

IMG_7247 IMG_7257

エビのオムレツというのが意外と旨かった。
衣をまぶしたエビを揚げ、そのあとネギなどと炒めた一品です。
ほんとうなら色んな料理をオーダーし、写真付きでレポートするのが勤めでありますが、なにせ一人。
そういった理由もあり、他料理はメニューに掲載されていた写真でお許しくださいませ。

IMG_7262

まったくオムレツには見せませんが、メニュー名はエビのオムレツです

IMG_7236

ジャンブブラックタイガーの唐辛子かけ650B/1300B

IMG_7240

揚げ川海老のナンプラーかけ925B/1850B

IMG_7238

焼き川海老(100gあたり)185B

IMG_7241

肉厚渡り蟹と春雨の蒸し物(レムチャルン風)(100gあたり)140B

ゴルフ帰りなど団体でラヨーン県へ訪れる機会があるなら、『LAEM CHARON SEAFOOD』本店へ行ってみるのはいいでしょう。
最後にもう一度書きますが、一人で来店するお店ではありません!

<PR>
ラヨーン県方面への出張などには都レンタカーがおすすめです。
オーナーの瀧澤さんは時間を見つけては大型バイクでタイ中を走り回り、その様子を会社のブログで紹介している旅好きのレンタカー会社です。



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

都レンタカー
Web site:http://miyakothailand.com/
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【SHOP DATA】
「LAEM CHARON SEAFOOD(แหลมเจริญ ซีฟู้ด)」
TEL:038-940-094 , 038-940-082 , 093-778-3838
OPEN:11:00-22:00
PRICE:茹で蟹350B/700B、エビのオムレツ160B
Website:http://www.laemcharoenseafood.com/
Facebook:https://www.facebook.com/LaemChareon/

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu

【お知らせ】タイ旅行メディア「TRIPULL」を立ち上げました



「激旨!タイ食堂」を運営する私が次に手がけたのは、タイ国内旅行会社TRIPULLです。
旅行メディアTRIPULLではタイ旅行に役立つ情報をお届けし、さらにタイ国内のツアーを提案しています。
「激旨!タイ食堂」で開催しているグルメツアーもこちらで随時募集中!
ぜひTRIPULLもチェックしてみてください。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top