[料理名]グリーンカレー

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

グリーンカレーとカオソーイをサミティベート病院前「Lai Rot」で

グリーンカレーとカオソーイをサミティベート病院前「Lai Rot」で

日本国内でブームとなり、タイ好きでなくとも一般的に広まったタイ料理といえば、ガパオライス、トムヤムクン、カオマンガイ、マッサマンカレー、プーパッポンカレー、そしてグリーンカレーあたりが上位料理ではないでしょうか。
これらの中で、タイ国内で専門店としてある料理はカオマンガイぐらいです。
ガパオライスはブログでは紹介できていないものの一店舗だけ「ガパオ専門店」がありますが、その他のタイ料理は大衆料理的な位置付けで専門店に出会ったことがない。
日本食だと「肉じゃが」「サバ塩焼き」「炊き込みご飯」のように、定番だけれども専門店はない料理と例えればいいでしょうか。

本ブログ初登場のグリーンカレー!

そういった人気タイ料理の中でいままで本ブログで一度も取り上げたことの料理がありました。
タイ語名「ゲーンキアオワーン(แกงเขียวหวาน)」、日本名グリーンカレーです。

私がタイへ移住し始めた当初、毎日のように通っていたタイ食堂で毎日のように食べていたメニュー。
「うちの店はグリーンカレーがおすすめです」といった店はなくどこにでもある食堂メニューで、ぶっかけ飯のおかずの一品としても多くみかけます。
タイのカップヌードルにはグリーンカレーヌードルなんてのもあるぐらいなので、タイ人にも好まれている料理であることは間違いないでしょう。

どこにでもあるグリーンカレーを、どこで食べようか。
悩みに悩んだ末、私が選んだのは普段滅多に訪れることの無いスクムビット・ソイ49でした。
この界隈といえばバンコク在住日本人が多い地域で、サミティベート病院があることでも知られています。

IMG_2531

余談ですが、サミティベート病院といえばつい先日、電話番号が変更になったようです。
以下URLに新電話番号が掲載されているので、用事のある方はご覧ください。
http://www.samitivejhospitals-jp.com/news_detail.php?id=89

グリーンを基調とした小洒落たタイ料理店『Lai Rot』

日本食店が乱立するスクムビット・ソイ49に老舗タイ料理店があり、界隈の駐妻やサミティベート病院を利用したタイ人、または白人などで賑わっています。
場所はサミティベート病院の目の前にある創業して40年以上の『Lai Rot』。
10席程度の店内は淡いグリーンを基調とし、40年以上の老舗とは思えない小洒落た雰囲気のタイ食堂です。

IMG_2526 IMG_2514 IMG_2512

店内を見渡すとハイソに見えるタイ人、駐妻かと思われる日本人、そして白人家族と、国際色ゆたかな来客に恵まれているのは場所柄でしょう。
私がブログで取り上げる店の多くはタイ人ローカル客がほとんどなので、いつもと違う雰囲気に少々困惑気味。
ペラペラとメニューをめくり一通り目を通したところで、メニューを見る前から決まっていたグリーンカレーを伝えます。

グリーンカレーを食べ終わるとカオソーイ

白の陶器のお皿に盛られた鶏肉入りのグリーンカレー。
ココナッツミルクたっぷりで濃厚な味わいですがけっしてしつこくなく、白ご飯とともにいただきました。

IMG_2492

濃厚ながらさらりといけてしまい、これならもう一品はいけるだろうと間髪あけずオーダーしたのは、これまたカレー味のカオソーイ!
私が幼きころ「ゴレンジャー」という戦隊ヒーローTV番組があり、ここに出てくるカレー大好き“黄レンジャー”という三枚目キャラがいたのですが、彼に負けないであろう連続カレー風味。

IMG_2498

揚げ麺がトッピングされたカオソーイ内部には太麺が潜んでいます。
添えられた野菜類と一緒に小皿に乗った揚げニンニク油があり、これを少々かけることによってより深いコクを与えることができるんです。

IMG_2502 IMG_2499

『Lai Rot』が推すのは宮廷料理“カオチェー”

カレーと言われる2品をいただきましたが、グリーンカレーとカオソーイの風味は別料理といっていいほど異なっているので、飽くことなく食べられました。

「日本人のお客さんはグリーンカレーとカオソーイが好きですよね」

IMG_2510

笑顔でインタビューに応じてくれたのは、店主であるピンポーンさん。
母親の代から創業した『Lai Rot』は、現在ピンポーンさんが切り盛りしているようです。
店内に大きく「Delivery」とあるということは宅配もやっているってこと?

「近辺だけですけど宅配もやっています。エリアはスクムビット・ソイ33からエカマイ辺りまでで、バイクでデリバリーするんです」

バンコクはただいま雨季真っ最中。
雨が降ったらどうするんですか?

「雨が降ったら止むまで待っていただくしかないわね(笑)」

と笑いながらお話ししてくれたピンポーンさん。
宅配オーダーした際、降雨に見舞われたなら気長にお待ちください(笑)

実は『Lai Rot』にはメディアでよく取り上げられる名物メニューがあるんです。
「カオチェー」と呼ばれる、冷静水茶漬けのようなメニュー。
宮廷料理のカオチェーは、暑い時季に冷たいご飯をさらりと食せる珍しいタイ料理でしょう。

IMG_2505

その他、写真付きのメニューでいろいろと見せていただきました。
日本人にはカーオオプサパロット(パイナップルに入れた炒飯)も人気があるそうで、他あまり見ない魚やエビを使った各種カオパットも揃っています。
次回はこれらを食べなければ!

IMG_2507 IMG_2508

【激旨!タイ食堂からのお知らせ】

本ブログでLINEアカウントを始めました。
お友だち登録していただくと、ブログ更新のお知らせやオフ会情報などをお届けします。
今後はブログで紹介していない個人的に気になっているお店なんかもこっそり教えちゃおうかとも!
LINEを通じてご意見なども受け付けておりますので、ご登録いただきご意見やご感想、もしくは「このお店を紹介して欲しい!」といったご要望をぜひお送り下さい!

IMG_3618

LINEアカウント名:@ndf1940c

【SHOP DATA】
「Lai Rot(หลายรส)」
TEL:02-391-3193
OPEN:10:00-21:00(月曜日は15時まで)
ADDRESS:120/4-5 Sukhumvit Soi 49, Bangkok, Thailand
PRICE:グリーンカレー120B、カオソーイ90B、カオチェー280B

1974年生まれ、大阪府出身。2011年にタイ・バンコクへ移住。2015年より「激旨!タイ食堂」の運営開始。2017年、タイ国内や東南アジアの旅を扱う旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を立ち上げる。Twitter:@nishioyasuharu
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top