[エリア]ヤワラー

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

ヤワラーの極上オースワンを求めて
日本人も頻繁に来店!

ヤワラーの極上オースワンを求めて日本人も頻繁に来店!

IMG_0925

今回の舞台はヤワラーです。
ヤワラー通りを北上するとジュライロータリーがあり、そこから北西方面に進むと、ワット プラプラチャイ(วัดพลับพลาชัย)という寺院が現れます。

IMG_7378 IMG_7381 IMG_7385

この日、私が目指したお店はこの寺院のすぐ隣に立地している『Nai Sow』というタイ中華レストランです。

IMG_0961 IMG_0962

ふんだんに牡蠣が使われたオースワン

まず最初に書いておきますと、『Nai Sow』に求めてやって来たのはオースワン(牡蠣の卵とじ炒め)。
MRTホワランポーン駅から徒歩だと20分ほどかかるのでアクセスはよくないですが、ここのオースワンを求めて訪れる人は多く、ピーク時間帯は満席状態が続くほど。
私は幾度か来店しそのことは重々承知。狙ったのは昼の営業時間が終わる14時の30分前です。
これならば人は少ないだろう。
そう思ったのは甘かった…。
ほぼ満席でした(笑)
1人で来店したため、かろうじて空いていた1席に着けましたが、危うかった。私が帰るころには空いていましたが、それは閉店時間が訪れたためです。

IMG_0943

来店している90%以上の方のテーブルにあるのはもちろんオースワン。
ふわふわ感と、たっぷりと使われた牡蠣で、至極のオースワンに仕上がっています。

IMG_0932 IMG_0940

高温に熱せられた鉄板に乗ったオースワンは、ジュー!と旨そうなサウンドを聴かせてくれるのもたまりません!
13時30分、真っ昼間でしたがこれを頂きながらお水を飲む訳にはいきません。
LEOビールをどんっ!

もう1品、焼そばもどんっ!

IMG_0937

写真ではあまり旨そうには写っていないかもしれませんが、派手さのないこういう1品も、いぶし銀のような業が光っていて実に旨い。

[スポンサーリンク]

「日本人の観光者も毎週のように来店してくれます」

「うちは家族経営でやっているお店で、店内を取り仕切ってくれているタオさんは親戚。彼はマネージャーです」

レジにいた女性のインさんが答えてくれました。
創業したのは彼女の母親で、開店してから30年以上が経つといいます。

インさんが話すタオさん。私は食べているときから気になっていました。
動きが俊敏で無駄がなく、入れ替わり立ち代わりするお客さんをてきぱきと裁き、料理を提供し、お店の運営にはなくてはならない存在なんだろうと感じさせる男性です。
こちらがタオさん。

IMG_0947

「金曜日と土曜日、日曜日だけスペシャルメニューのタロイモご飯(カオ オップ プア)があるんで、ぜひ次回は食べてみてください」

インさんが教えてくれたのはスペシャルメニューの存在です。
ずっと撮影を恥ずかしがっていたインさんでしたが、叔母のアーニーさんに「みんなで一緒に写ろう!」とおっしゃってくれ記念に一枚!

IMG_0957

左がオーナーのゴッさん、中央がアーニーさん、右がインさん。

「毎週のように日本人も来ますよ。そうそう、来年の1月に日本へ行くんです。福岡県です!」

インさんは日本が大好きで、いままで10回以上も旅行で訪れているのだとか!
ここ4年で私が日本へ帰った回数より多いっす!!

『Nai Sow』のメニューはとタイ語表記の他に英語表記も用意されています。
ただ英語表記のメニューはお店のおすすめ品しか載っておらず、全メニューが掲載されているのはタイ語メニューだけ。

IMG_0948

IMG_0951 IMG_0953 IMG_0952

英語メニューのトップページに貼付けられていたのは、英字新聞Bangkok Postで取り上げられた記事でした!

IMG_0955

【SHOP DATA】
「Nai Sow(นายโซว )」
TEL:02-222-1539
OPEN:11:00-14:00,17:00-21:00(基本無休)
ADDRESS:3/1 Maitri Chit Rd (near Wat Plub Pla Chai), Pom Prap Sattru Phai, Bangkok 10100
PRICE:オースワン150B、焼そば60B、カオ オップ プア(スペシャルメニュー)100B/150B/200B

1974年生まれ、大阪府出身。2011年にタイ・バンコクへ移住。2015年より「激旨!タイ食堂」の運営開始。2017年、タイ国内や東南アジアの旅を扱う旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を立ち上げる。Twitter:@nishioyasuharu
URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 今日は、Twitterフォローありがとうございました^^*もう、本当にこのブログ食べたくなるものばかりで、私の胃袋が食べた事が無いタイ料理をどんな味だろうと妄想でお腹減らしてます(笑)そして、早速質問させて頂きます(笑) オースワンを食べたいと思っており、たどり着かせていただいたのが、ここのNai Sowと55ポーチャナーで迷っております。激旨!タイ食堂 様的には、どちらがお好きでしたか?むしろ、初心者にはどちらのお店がおすすめでしょうか?初めてのコメントで、こんな質問すみません(;_;)

    • By 激旨!タイ食堂

      改めましてよろしくお願いします。
      日本で一般的に知られているタイ料理はさほど多くありませんが、知れば知るほどいろんなタイ料理に出会え、奥深さを知るたびにどんどんハマっていきます。
      オースワンのご質問。
      初心者なら断然トンローの「55ポチャナー」でしょう。
      まず立地がいいです。
      トンロー駅から歩いてすぐですし、評判だけあり美味しい。
      まずはこの店へと来店するのがお薦めです。
      私が個人的に好きなのは「Nai Sow」です。
      「55ポチャナー」の方が油が多く、私にはちょっと重いんですよ。

      また何かご質問があればいつでもコメント&ご連絡ください!

      • 激旨!タイ食堂 様、ご親切にありがとうございました!!こんなご丁寧にお返事いただけるなんて!!では、激旨!タイ食堂 様にオススメして頂いた55ポーチャナーに行かせていただこうと思います!!これからも毎日昔の記事から何度も何度も読み漁られて頂きますのでよろしくお願いします(*´ω`*)♪

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top