BTSウドムスック駅

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

BTSウドムスック駅から徒歩30秒の場所に旨いイサーン料理があった!「Neung Anong」

BTSウドムスック駅から徒歩30秒の場所に旨いイサーン料理があった!「Neung Anong」

タイに移住したばかりのころ、「ウドムスック」を「ウドンスープ」と聞き間違えていた、激旨!タイ食堂運営者です。

BTSだと終点から3つ目と、ほぼBTS最果てといっていい場所ですが、旨い店が点在しているので何店舗か紹介していきます。

2月12日付けで紹介したウドムスックのタイ料理屋はムーヤーンが旨い『Steak Lao』

今回は駅を降りてすぐの場所にあるイサーン料理屋『Neung Anong』です。

IMG_5056

[スポンサーリンク]



外観を見るからに“THAT’s イサーン料理屋!”といった呈で、抜群の立地も手伝ってか店前を通る度に店内を覗くと、たくさんの客で賑わっていることが多い店です。

IMG_5054 IMG_5053 IMG_5052

初めて来店したこの日、私はどうしてもチムチュムが食べたく、おすすめでもなさそうですけどチムチュム決定。スープに大量のハーブが投入されています。

IMG_5033 IMG_5042IMG_5035
そしてもう1品、これは辛旨くて推しの一皿です。

ガイバーン トー パック ペッ(ไก่บ้านทอดผัดเผ็ด)

日本語にすると「鶏肉のカレー炒め」といったところでしょうか。
※もっと的確な日本語訳があれば教えてください!

とにかく辛くて一口食べるたびに額から汗が20滴ほど流れ落ちるスパイシーさ。
それでも箸が止まらない恐ろしいメニューです。

IMG_5038

「開店して23年。タイ人だけじゃなく白人のお客さんもたくさん来店してくれます」

IMG_5057

店主がそう話すように、私が来店したときも2〜3組の白人客がイサーン料理をつついていました。
メニューはタイ語のほか、英語も併記。
ウドムスックのようなローカルな地域のイサーン料理屋で、メニューに英語が併記されているのは白人客の多さを表しているのでしょう。

IMG_5043 IMG_5044 IMG_5045 IMG_5046 IMG_5047 IMG_5048 IMG_5049 IMG_5050

それにしても、白人客はみんなタイ人女性連れ…。

「来店する白人は、この辺りに住んでいるタイ人女性と付き合っている人がほとんどだろうね」

ここ数年、ウドムスック界隈にまでコンドミニアムが次々と建っています。
今後、外国人が居住エリアとしてウドムスックを加速度的に注目していくのは間違いはず。

私がウドムスックに転居したら、タイ人女性の彼女ができたと思ってください!

【SHOP DATA】
「Neung Anong Soft Boiled Rice(หนึ่งอนงค์ข้าวต้มโต้รุ่ง )」
TEL:02-747-8376,089-823-1624
OPEN:15:00-3:00(基本無休)
ADDRESS:Sukhumvit (Sukhumvit Station) Chak, Phra Khanong, Bangkok 10260.
PRICE:チムチュム200B、ガイバーン トー パック ペッ100B

1974年生まれ、大阪府出身。2011年、出版社での勤務が決まりタイ・バンコクへ移住。。2015年より「激旨!タイ食堂」の運営開始。2017年出版社を退職し、タイ国内や東南アジアの旅を扱う旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を立ち上げる。
URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By おはようさん

    メニューの数がとても多くてなかなかリーズナブルでした。ただ 味付けはかなり濃い目 とびきりの美味しさとまでいかないですが、大衆食堂としてはお勧めできそうですね。オースワンを注文しましたが、同行してくれたタイ人の友達が「これは食べない方がいい・・・牡蠣が古い」とアドバイスしてくれました。お勧めはお肉・野菜料理でしょうか。

    • By 激旨!タイ食堂

      レポートありがとうございます。
      牡蠣は特に注意しないと食あたりになると酷いですからね!
      駅から近いので、この辺りでイサーン料理を食べるなら手軽でいいかもしれません。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top