[エリア]オンヌット通り

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

牛肉が旨いオンヌットのイサーン料理屋は隠れた名店

牛肉が旨いオンヌットのイサーン料理屋は隠れた名店

私が取り上げる店はヤワラー近辺やジャルンクルン通り、ラマ4世通り、チャン通りなどに偏っている傾向があります。
なぜこのようなことになっているのかと言えば、私の棲息地によるもので、家から近い場所がどうしても多くなってしまう。
ということで今後はオンヌットやウドムスック方面のお店を取り上げようと思っていた矢先、読者の方から食事のお誘いがありました。

立ち上げて間もないころから「激旨!タイ食堂」を読んでいただいているYさんで、今回初めてお会いします。
希望のお店を聞くと、なんとオンヌット!
しかも私もチェックしていたイサーン料理屋です。
ということで、本ブログ始まって以来初となるオンヌットのお店が登場します。

[スポンサーリンク]

「牛肉の鉄板焼き」は必須メニュー

場所はオンヌット・ソイ52の入口。

IMG_0116IMG_0117 IMG_0121 IMG_0118 IMG_0123
もう目の前はシーナカリン通りという位置ですので、オンヌット駅からは歩いて行くのは困難です。
「無理」とは書かず「困難」と表記したのは、読者のYさんはなんと1時間かけてオンヌット駅から歩いてきたからです!

「時間があったので歩きながらオンヌット通りをチェックしていました」

なんという強靭な足腰。
それだけ歩けばビールも旨いし、数々のイサーン料理も平らげられるでしょう。

今回はYさんのお知り合いもお誘いいただき、総勢で6名での会食と相成りました。
1人だと複数の料理を注文できないですが、6名もいれば大船に乗った気分!
どやどやどやー!と言わんばかりに、次々とオーダーしていきます。

来店した『ランドゥアン ヌアヤーン』は、店名に“ヌア ヤーン”(焼いた牛肉)というタイ語が冠せられているだけあり、牛がウリ。
まずは、同店の一番人気メニュー、牛肉の鉄板焼き「ヌア・ガタローン」
IMG_0129

鉄板にたっぷりのバターを落とし、その上に赤身の牛肉をジューッ!
焼き過ぎない程度、赤身がほんのり残っている程度でいただくのがポイント。
イサーン料理屋といえば豚か鶏なので、こういった牛肉を焼くスタイルに出合うのは稀です。

肉厚の牛タンもあります。
IMG_0146

牛の部位ですが、どこなのかは忘れました!
IMG_0162

酸味が効いた牛モツたっぷりのスープ。
(かなり肉の量が多いです。1人一杯ずつオーダーしたら、他の料理が食べられなくなってしまいます…)
IMG_0140

イサーン料理屋なのでもちろん牛肉だけではありません。
ガイトー(鶏のから揚げ)
IMG_0133

定番のイサーン料理も抜群!

ビールの恋人、軟骨のから揚げ。
IMG_0107

これは珍しいエビのラープ。
IMG_0135

こちらもエビ! ソムタム・グン。
IMG_0144

イサーン料理の定番、ガイヤーン(鶏の炭火焼)
ガイヤーンはお店イチオシ。注文マスト!
IMG_0152

こちらも定番中の定番、コームーヤーン(豚のど肉の炭火焼)
IMG_0155

定番が続きます。ラープ・ムー。
IMG_0114

そしてキング オブ イサーン料理、チムチュム鍋!
IMG_0159-のコピー

1人で取材に来ていたら、とてもじゃないですがこんなにオーダーできません。
たくさんの方と取材に来ると、いろんな料理に出会えるし、会話も楽しめる。

こりゃ満足じゃ。
取材が残っていた…。
というわけで店主のラムドゥワンさんに話を伺いました。

IMG_0126

「創業してからは25年です。日本人もたまに来ますよ。他は韓国人や白人もときどき来店します」

日本人居住区からはかなり離れている立地ですが、こんな旨いイサーン料理屋があればソンテウに乗ってでも来店するでしょう。
私がオンヌットに住んでいたら、毎週2回は来ているはず。
いや、3回かな…。

【SHOP DATA】

「ランドゥアン ヌアヤーン(ลำดวนเนื้อย่าง)」
TEL:081-692-7074,090-928-2526
OPEN:12:00-23:00(毎月23日・24日が休み)
ADDRESS:1820 Soi On Nut 52, Bangkok 10250.
FACE BOOK:https://www.facebook.com/%E0%B8%A5%E0%B8%B3%E0%B8%94%E0%B8%A7%E0%B8%99%E0%B9%80%E0%B8%99%E0%B8%B7%E0%B9%89%E0%B8%AD%E0%B8%A2%E0%B9%88%E0%B8%B2%E0%B8%87-150862628311931/

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu

【お知らせ】12/30開催!今年最後の激ウマツアー


2017年は9回開催した激ウマツアー。
今年最後となるのは12月30日(土曜日)の開催です。
最終ツアーで向かうのは毎度好評をいただいている「エビの火山蒸し焼き」のタイ料理店。
お食事前に世界一高い仏塔「ワットプラパトムチェディ」へも立ち寄ります。
このツアーの趣旨は、とにかくエビをお腹いっぱい食べていただくこと!!(笑)


日程:2017年12月30日(土曜日)
参加費:2,300バーツ(大人) 1,150バーツ(2-11歳)乳幼児は無料
※参加費には往復の交通費、お食事代(アルコール込み)が含まれています。
詳しくは以下のリンク先でご覧いただけます。

URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 牛肉鉄板焼き最高ですね。タイでこんなに柔らかくいい味をだしてる牛肉はローカルのお店では初めてです。下ごしらえも巧いでしょうね。
    アヒルの口ばし揚げもここのが大好きです。(油が臭くないです。)

    • By 激旨!タイ食堂

      駅からかなり離れているここへ行かれたことがあるとは。
      ローカルで牛肉が旨い店は希少です。
      私もなかなか出会えませんので。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top