[バンコク以外]ナコンパトム県

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

ナコンパトム 世界一高い仏塔のもとに広がるのは激ウマな屋台の数々

ナコンパトム 世界一高い仏塔のもとに広がるのは激ウマな屋台の数々

Yindeed MagazineBangkok Sampoと共同で進めている、ナコンパトム県企画。
第三回目となる今回は、ナコンパトム県を象徴する仏塔「プラ プラパトム チェディー(วัดพระปฐมเจดีย์ราชวรมหาวิหารf)」です。

ナコンパトムにある世界一高い仏塔プラ プラパトム チェディー

3世紀頃に建てられてといわれ、高さは120メートル以上。
世界でもっとも高い黄金色の仏塔だけに見るものを圧倒する存在感に引き込まれます。

IMG_3647 IMG_3653 IMG_3650 IMG_3654 IMG_3665 IMG_3674

バンコクに住んでいる方、タイに何度も来られている方の中でも、意外と知らない人もいる「プラ・パトム・チェディー」の周辺には、夕刻から屋台が続々と出店し屋台エリアへと変貌する一角があるんです。

[スポンサーリンク]



 

プラ プラパトム チェディーの麓に広がる屋台群

カオマンガイ、ラートナー、ホイトート、お菓子類、パッタイetc….
広大な敷地に何十軒と屋台が並び、挙げ始めたらキリがないほどの屋台で埋め尽くされます。
これだけ屋台が集まれば、食べられないタイ飯メニューなんてないんじゃないか…。
散策し屋台を見ているだけでも楽しめます。

IMG_3686 IMG_3687 IMG_3689

無数にある店を眺めていると、外観や調理している店主の姿、また出来上がったメニューなどから、「ゼッタイ旨いっしょ!」という屋台が見当たります。
どの屋台にしようか逡巡し、決めたのはラートナー。
鍋に入っているあんかけ、そして店頭で手早い動きで調理する店主の姿からは、「旨い」という印象以外何もありません。
炎を操る姿を一目見てしまったら、「この店主が作るラートナーを食べてみたい」と思うのは必然。

IMG_3739 IMG_3724

周囲はすっかり陽が暮れ、夕食を求める人々がたくさん訪れ活況を呈し始めています。
席が少なくなった中、ようやく1つのテーブルを見つけラートナーを待ちます。
繁盛しているだけにラートナー一皿注文しただけでもすぐには出て来ない。

きっとラートナーが出て来るまで5分ほどだったんでしょうけど、10分にも15分にも感じさせる待ち遠しい感。
待ちに待ったラートナーが運ばれてきた私の第一印象は「美しい」

That’s Beautiful Ra-to-na!!!

IMG_3721ラートナーのアルファベット綴りが正しいのかどうかは確認せず、勢いのまま執筆していることをお許しください。
あんかけのコクは素晴らしく、一気に平らげさせる魅惑のラートナーです。
すっかり暗闇に包まれた敷地には、時間が深くなるにつれ人々が集まってきます。

IMG_3723

空を見上げるとライトアップされた「プラ プラパトム チェディー」。
空を突き刺すかのようにそびえ立ち、荘厳たる姿を見せる仏塔の横には、優しく輝く満月がありました。

IMG_3779

【SHOP DATA】
「プラ プラパトム チェディー周辺の屋台」
OPEN:16:00-24:00
PRICE:ラートナー35B

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu

【お知らせ】12/30開催!今年最後の激ウマツアー


2017年は9回開催した激ウマツアー。
今年最後となるのは12月30日(土曜日)の開催です。
最終ツアーで向かうのは毎度好評をいただいている「エビの火山蒸し焼き」のタイ料理店。
お食事前に世界一高い仏塔「ワットプラパトムチェディ」へも立ち寄ります。
このツアーの趣旨は、とにかくエビをお腹いっぱい食べていただくこと!!(笑)


日程:2017年12月30日(土曜日)
参加費:2,300バーツ(大人) 1,150バーツ(2-11歳)乳幼児は無料
※参加費には往復の交通費、お食事代(アルコール込み)が含まれています。
詳しくは以下のリンク先でご覧いただけます。

URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 是非ともパタヤ特集をお願いしますm(__)m

    • By 激旨!タイ食堂

      近々パタヤへ行くので、新しいネタを仕入れてきます!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top