MRTクロントゥーイ駅

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

ラマ4通りで母親と息子で営むパッタイ屋
「パッタイ メー アム」

ラマ4通りで母親と息子で営むパッタイ屋「パッタイ メー アム」

ラマ4通りの最寄り駅MRT「クロントゥーイ駅」から徒歩圏内に、私のお気に入りの2店があります。
まずはモーファイの「Heng Chun Seng(ヘンチュンセン)」
1人だと量が多めですが、そんなの関係ねー。
この鍋を前にすると私の胃袋は活性化し、どんどんモーファイを吸い込んでいくのです。
そして隣にある「カオマンガイ・ソムポーン(Somporn)」
無口でひたむきな店主が提供するカオマンガイは、我々客も無口にさせる旨さ。

まだあった!クロントゥーイ駅至近の旨い店!

と、「クロントゥーイ駅」付近にはお気に入り2店があることにより、私はちょくちょく通っているわけですが、なんと問題発生!
もう1店舗、お気に入りの店を見つけてしまったんです。
パッタイ専門店「Pat Tai Mae Am(パッタイ メー アム)」

パッタイ メー アム外観

『パッタイメーアム』はラマ4世通り沿いで営業しています

パッタイメーアム看板

通常のパッタイであれば40バーツ

パッタイメーアム・ショーケース

パッタイ1つを作るのに、これほどの調味料を使うそうです

パッタイメーアム店名

木製の小さな板に書かれた店名

パッタイメーアム店内

店内はさほど広くありません

店名の「アム」は店主の名前

店を切り盛りする筆頭は店名のアムさんです。
あまり笑顔を見せず黙々と調理していたので話しかけづらかったですが、お話ししてみたらそんなことは一切なく、私の撮影要望に笑顔で1つ1つ応えてくれました。
ちなみに店名の「メーアム」は、『メー』がお母さん、『アム』が彼女の名前。
この2つを合わせたものです。

パッタイメーアム店主

快く撮影に応じてくれた店主のアムさん

パッタイメーアム店主2

彼女自身がパッタイを炒めていきます

彼女を支える右腕は、息子さんのバスさんは、私が投げかける質問に丁寧に答えてくれた、見た通りの好青年。

パッタイメーアム息子

息子さんも気持ちいい対応をしてくれました

店の壁を見ると取材を受けた数々の称号があり、『パッタイ メーアム』の認知度を物語っているでしょう。

IMG_1087

「バンコクナビ」さんの記事もありました。これを執筆したサヤチックさんは、どうしているんでしょうか…

パッタイメーアム店内2

パッタイメーアムに飾られていた雑誌の記事

パッタイメーアム記事たくさんの記事が掲げられている中、気になったのはこのメニューです。
なんと250バーツのパッタイ!

エビのパッタイ

乗っかっているエビがとにかく巨大!食べてみたい…

巨大なエビがパッタイの上に馬乗りになっているスペシャルメニュー。
財布の中を見て数秒思案した結果、パッタイシーフードを注文することにしました。

パッタイシーフード

エビがぷりぷりでした!

麺は平麺で色が濃く、具材はもやしやニラといったオーソドックスなものにエビやイカといった海鮮類。
タマリンドソースの味がしっかり乗った麺は、しこしこもちもち、弾力感があり
1人前のパッタイはあれよあれよという間に減っていき、瞬く間に平らげてしまったあとは、眼下に皿が残っているだけ。
無言で、ひたすら食べました。

パッタイ

『メーアム』のメニューはパッタイだけ!

「これがウチのウリなんだよ」

と息子さんが話してくれたのは、ガスを使わず炭火で炒めること。

パッタイ

『パッタイメーアム』では炭火を使って調理

パッタイメーアム調理

手早くパッタイを炒めていきます

『パッタイ メー アム』を見つけてしまったことにより、今後ラマ4通りへ出向くことがこれでさらに増えそうです。

【SHOP DATA】
「パッタイ メー アム(ผัดไทย แม่อัม)」
TEL:081-917-6871
OPEN:11:00-22:00(土曜日休み)
ADDRESS:2253/5 Rama IV Rd., Klong Toey, Bangkok 10110, Thailand.
PRICE:パッタイ40B、パッタイ グン(エビ入り)50B、パッタイシーフード60B、クアガイ50B

1974年生まれ、大阪府出身。2011年にタイ・バンコクへ移住。2015年より「激旨!タイ食堂」の運営開始。2017年、タイ国内や東南アジアの旅を扱う旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を立ち上げる。Twitter:@nishioyasuharu
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top