BTSサパーンタクシン駅

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

バンコク・マッサマンカレーの代表格 BTSサパーンタクシン駅すぐの「Queen of Curry」

バンコク・マッサマンカレーの代表格 BTSサパーンタクシン駅すぐの「Queen of Curry」

いままでこのブログで紹介した、バンコクのマッサマンカレーは2店舗。
「メーノイ(Mae Noi)」「クルアアロイアロイ(Krua Aroi-Aroi)」
どちらも大変おいしゅうございますが、タイへ一度も来たことがない方にとっては駅から近いので辿り着くのが難しいかもしれません。
「Krua Aroi-Aroi」はBTSサラデーン駅からインド寺院を20分も歩けば行けますが、「メーノイ」はタイ初心者にはちと厳しい。
とはいえマッサマンカレーはただいまブーム真っ最中。
訪タイしたら食べたいメニューの1つとして、カウントしている方もいるでしょう。

サパーンタクシン駅から徒歩すぐのマッサマンカレー店

ということで、今回は珍しく、観光者向けの情報を珍しく紹介します。
バンコクでマッサマンカレーといえば真っ先に取り上げられる店「Queen of Curry(クイーンオブカリー)」です。

Queen of Curry看板

Queen of Curry外観

カフェのような外観の『クイーンオブカリー』

Queen of Curry店内

店内は落ち着いた雰囲気です

Queen of Curry店内2

『クイーンオブカリー』の店主はタイ人女性です

Queen of Curry店内3

過去取材を受けた数々の記事が張り出されています

シャングリラホテルからすぐ

まず始めに書いておきますが、地元のタイ人はほとんど行かない店です。
ここは観光者向けのタイ料理屋で、来店者のほとんどがタイ人以外の外国人。
というのもまず立地に関わりがあります。
『クイーンオブカリー』のすぐ近くには、五つ星ホテル「シャングリラホテル バンコク(SHANGRI-LA HOTEL, BANGKOK)」があるため、もともと外国人観光客が多いエリアです。

SHANGRI-LA HOTEL

マッサマンカレーで有名な『クイーンオブカリー』ですが、他メニューも充実。
一般的なタイ料理ならほとんど揃っています。
私はマッサマンンカレーしか食べたことがないので、味については述べられませんが。

ここのマッサマンカレーは『メーノイ』や『クルアアロイアロイ』に比べ、ココナッツミルクが多く使われているため、味はまろやかで、外国人でも食べやすい味に仕上がっています。

マッサマンカレー1

陶器製のセンスあるお皿で提供されるマッサマンカレー

マッサマンカレー2

しつこくなく、辛さも抑えられ、外国人でも食べやすくなっています

私がオーダーしたのはチキンマッサマンカレー。
具材はチキンの他、ほくほくのジャガイモ、タマネギ、ピーナッツなど。
油が多く使われているのが気になるのと、ココナッツミルクでまろやかさになってコクが影を潜めてしまっている点において、冒頭の2店舗には勝てていないかなと。
しかも外国人向けなので価格も高く、チキンマッサマンカレー170バーツです。
とはいえ土地勘がない観光者の方には、分かりやすさ抜群の立地。

『クイーンオブカリー』への行き方

写真を使いながら、最寄り駅のBTSサパーンタクシン駅からの行き方をご紹介します。
まず、サパーンタクシン駅では①番出口を目指します。

サパーンタクシン駅

チャオプラヤー川方面が1番出口です

出口を降りると赤いソンテウ軍団がお出迎え。

サパーンタクシン駅1番出口

くるっと踵を返し10メートルほど歩くと、ド派手は中国式寺院が現れるので左折。

中国寺院

するとすぐ左手に「シャングリラホテル バンコク」が出現。

シャングリラホテル

そのすぐ先を右折すれば、はい『クイーンオブカリー』!

クイーンオブカリー

【SHOP DATA】
「Queen of Curry(クイーンオブカリー)」
TEL:086-559-7711,02-234-4321
OPEN:10:00-22:00
ADDRESS:49 Charoen Krung Rd.,Soi 50 Bangrak,Bangkok 10500 Thailand
PRICE:野菜マッサンマレー140B、チキン/ポークマッサマンカレー170B、エビマッサマンカレー210B
Facebook:https://www.facebook.com/pages/Queen-of-Curry-restaurant/188100934571572?sk=timeline

1974年生まれ、大阪府出身。2011年にタイ・バンコクへ移住。2015年より「激旨!タイ食堂」の運営開始。2017年、タイ国内や東南アジアの旅を扱う旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を立ち上げる。Twitter:@nishioyasuharu
URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 7 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Thanks for another magnificent post. Where else may just anybody get that kind of info in such a perfect manner of writing? I have a presentation next week, and I’m at the look for such information. fdddaeeddfek

    • By 激旨!タイ食堂

      Thank you for reading my post & write your opinion.
      If you have some another impressions,please write here again.

  2. I really like your writing style, good information, regards for putting up fkddffgbckgbcedb

  3. I’m not sure if this is a format issue or something to do

  4. By ゴロツキおじさん

    5月2日行って来ました。前回の訪タイの際行きましたが休みだったので、今回は
    絶対行きたいと思いの再訪でした。ランチタイムでしたが日本人2組がいるだけで
    期待していた分がっかりしました。しかし、マッサマンカリーを食べた処、期待を
    裏切らない味に感激しました。激旨!タイ食堂の記事に間違いは無いと感じました。

    • By 激旨!タイ食堂

      ここは混雑しているのをあまり見たことがないですね。
      マッサマンカレーは美味しいんですけど。
      喜んでいただけ良かったです!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top