[エリア]トンロー通り

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

カオマンガイとはひと味異なる
トンローのシンガポールチキンライス

カオマンガイとはひと味異なるトンローのシンガポールチキンライス

日本食店が集まるトンロー『Jアベニュー』

トンロー界わいへ行く機会が少ないこともあり、ひさしぶりに寄ってみた『Jアベニュー』。
敷地内の店がことごとく変わっていたことに驚かされました。

トンロー1

九州名物と旨い酒『かんてきや』

トンロー2
知りません…。

とんかつ『MAISEN』

thonglor1
バンコク一号店のシーロムコンプレックスで食べたっきり。

『九州じゃんがら』

thonglor2
食べたことありません…。

『Jアベニュー』向かい側にあるカオマンガイ(シンガポールチキンライス)

日本人だというのにこれほど日本食に疎いとは、我ながら新鮮な驚きをもたらしてくれます。
この日、私が目的地として選んだのは『Jアベニュー』ではなく、道を挟んだ向かい側にあるカオマンガイ屋「ブーン トン キアット カオマンガイ ハイラム(BOON TONG KIAT HAINANESE CHICKEN RICE)」

カオマンガイ1

一般的なタイのカオマンガイではなく、シンガポールチキンライスをメニューに据えています。

カオマンガイ2

見た目はカオマンガイとほぼ変わりがありませんが、味はかなり異なります。
ご飯の色を見てもらえれば分かるように、しっかりと味付けされており、鶏肉もしかり。
いつもタイのカオマンガイを食べている身からすれば、“一風変わったカオマンガイ”という表現が似合うでしょうか。
こういったカオマンガイをタイで食べたのは初めて。
バンコク中心部なら「ブーン トン キアット カオマンガイ ハイラム」でしか味わえないカオマンガイではないでしょうか。
旨いので瞬く間に平らげた私は、別メニューを注文。
ターゲットになったのはバミー ペッ(アヒル肉の中華麺)。

バミー1

アヒル肉や肉骨茶(バクテー)もあり

カオマンガイ屋だけありスープはもちろん抜群。
珍しい平麺との相性も良く、アヒル肉を頬張ると旨みがじゅわっと広がり、ボリュームはありますがこれもするするっと平らげてしまいました。
シンガポール系のお店だけあり肉骨茶(バクテー)もあります。

カオマンガイと肉骨茶の組み合わせといえば、本ブログ第一回目の記事を飾った「インドラカオマンガイ」以来。
来店した日、オーナーさんは不在だったので店員に話しを聞きました。IMG_1066オーナーはタイ人女性ですが、ご結婚した旦那さんがシンガポール人。それでこのお店を30年前に始めたそうです。
現在は旦那さんはお亡くなりになられ、タイ人女性お一人がオーナーとして切り盛りしています。
1日に仕入れる鶏はなんと30羽!
店頭に吊っているのは常に一匹だけなんだそうです。
(見せ物用ということで)シンガポールチキンライス

【SHOP DATA】
「BOON TONG KIAT HAINANESE CHICKEN RICE(บุญตงเกียรติ ข้าวมันไก่ไหหลำ)」
TEL:02-390-2508
OPEN:10:00-22:00
ADDRESS:440/5 Soi 16, Sukhumvit 55 Road Wattana Bangkok 10110.
PRICE:カオマンガイ65B、アヒル肉のクイッティアオ69B

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu
URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 値段は少し高めですが、このお店のも美味しいですよ^^

    http://tomarithai.com/blog/?p=28731

    • By 激旨!タイ食堂

      THE UP RAMA3はオープン当初に行ったっきりでした。
      ブログを拝見すると確かに美味しそうです。
      ちなみにこのブログはyusukeさんが書かれているのですか?

      • いえ、僕はブログやっていないので^^;
        ちょうどいいブログがあったので、拝借させていただきました。

        • By 激旨!タイ食堂

          そうでしたか。
          いい記事を書いているブログですね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top