[バンコク以外]パタヤ

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

【パタヤ】お座敷タイプの席でチムチュムを

【パタヤ】お座敷タイプの席でチムチュムを

パタヤのスクンビット通り沿いにあったチムチュム屋を目指し、バイクで向かってみました。
すると、チムチュム屋とは思えない照明が煌びやかに輝き、ご立派な建物が占めています。

MAX MUAY THAI STADIUM PATTAYA

ムエタイの試合が観戦出来る『MAX MUAY THAI STADIUM PATTAYA』

以前あったムーガタ屋は閉店し、ムエタイの試合会場「MAX MUAY THAI STADIUM PATTAYA」に変わっていたんです。
どうやらすでに観光コースの一部になっているようで、大挙した中国人がそこかしこで記念撮影をして賑わっています。

MAX MUAY THAI STADIUM PATTAYA

敷地内に立つ巨大なムエタイファイター君

MAX MUAY THAI STADIUM PATTAYA2

夜になると入場客が増えてきます

入場するのに幾らかかるのかとカウンターで聞いたら、たったの20バーツ。
これほどの会場を建造して入場料20バーツとは利用者にやさしい価格です。
こちらのムエタイ会場、2016年2月18日に火災に見舞われまれ3階まで全焼。
2億バーツという損害を出しましたが、2016年7月現在では復旧しオープンしています。

「MAX MUAY THAI STADIUM PATTAYA」
OPEN:19:30-20:30(Mon-Fri) 14:00-15:30,19:30-20:30(Sat)
18:20-20:20(Sun)
TEL:082-495-5549,099-640-7099

パタヤ『ハリウッド』前にチムチュム店あり!

ムエタイ会場には感心させられましたが、私が目的としていたのはチムチュム。
ここを後にして向かったのは、パタヤ中心部にあるクラブ『ハリウッド』です。

Hollywood外観

バンコクの『ハリウッド』と同じ系列

「ハリウッド」ではっちゃけようというわけではなく、目的地は「ハリウッド」のすぐ目の前にあるチムチュム&ムーガタ屋「インターチムチュム(INTER CHIM CHUMU)」

INTER CHIM CHUMU

『ハリウッド』の真向かいにあるチムチュム屋

オープンスペースのエリアがほとんどですが、一部だけ屋根が設置されたお座敷風の席が用意されています。

INTER CHIM CHUMU2

お座敷のほかにも座席のタイプがあります

INTER CHIM CHUMU3

雨の日でも安心のお座敷チムチュム席

お座敷タイプの席でチムチュムをいただく

日本人なら落ち着くであろう屋根付きお座敷。
ビールをキュッと飲みながら、日本人の感性に合うこの情緒を、チムチュムとともに味わう。
まさに日タイ融合!
1人で悦に入っているとチムチュム タレー(シーフードチムチュム)がやってまいりました。

チムチュムセット

『インターチムチュム』ではステンレス製の鍋を使用

具材はイカ、エビ、白菜、空芯菜、春雨、生卵などなど。
99バーツでこれだけのボリュームは、チムチュムフリークにとって“幸せ”を噛み締めるに十分なものです。
ボリュームだけではなくスープのレベルも高い!
コストパフォーマンスが高過ぎますよ!

チムチュム2

たっぷりの炭でチムチュムを煮立てます

「旨い、旨い」と独り言を言いながらハフハフしていると、チアビアの子がビールを注ぎにきてくれました。

ビアガール

ビールを注ぎに来るやすかさず一枚!

メニューにあったソムタムの盛り合わせも旨そう。

ソムタム

チムチュム以外のメニューも豊富

この日、オーナーは不在だとのことで従業員のポーさんがお店のことを教えてくれました。

スタッフ

気さくな方で私の質問に対し丁寧に答えて下さりました

『インターチムチュム』はオープンしておよそ7年。
オーナーは日本でも働いた経験があるというタイ人だそうです。
『ハリウッド』が閉店する午前2時ごろから来店者がグッと増えるのだとか。

お座敷の上で胡座をかき、夜風に頬に感じながらいただくチムチュム。
この要素がチムチュムの旨さをさらに引き立てているのは間違いありません。

【SHOP DATA】
「インターチムチュム(อินเตอร์จิ้มจุ่ม)」
TEL:081-041-5548
OPEN:18:00-05:00
ADDRESS:Phatthayasaisong 4, Muang Pattaya, Amphoe Bang Lamung, Chang Wat ChonBuri 20150
PRICE:チムチュム(小)99B、チムチュム(大)199B、焼き肉(小)99B、ソムタム盛り合わせ150B

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu

タイ旅行メディア「TRIPULL」を立ち上げました!



「激旨!タイ食堂」を運営する私が次に手がけたのは、タイ国内旅行会社TRIPULLです。
旅行メディアTRIPULLではタイ旅行に役立つ情報をお届けし、さらにタイ国内のツアーを提案しています。
「激旨!タイ食堂」で開催していたグルメツアーもこちらで随時募集中!
ぜひTRIPULLもチェックしてみてください。

http://tripull.asia/

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top