ARLラムカムヘン

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

パタナカーン通り「チュアキムヘン」で
極上のアヒル肉とカオマンガイを

パタナカーン通り「チュアキムヘン」で極上のアヒル肉とカオマンガイを

Phetchaburi通りという名前の通りがあります。
アルファベットでそのまま読むと「ペチャブリー」。しかしタイ人が発音するのは「ペッブリー」。
読みと発音が異なり困惑させられるPhetchaburi通り、私は「ペッブリー」と呼ぶことにしています。
ということで、本ブログでもペッブリー通りで統一します。

カオマンガイを求めパタナカーン通りまで

ペッブリー通りを東へ進みスクンビット71を越えたところから、ペッブリー通りはPhatthanakan通り(パタナカーン通り)という名前に変わります。通り名が変わった辺りにある「チュア キム ヘン(CHUA KIM HEN)」なるお店が、タイ人からの評判が高いと聞き行ってきました。

チュアキムヘン外観

『チュアキムヘン』の外観

チュアキムヘン外観2

大通りから少し入ると、店名がでかでかと表記された看板があります

チュアキムヘン看板

この看板を目印にすれば分かりやすいでしょう

チュアキムヘン店内

『チュアキムヘン』の店内はカオマンガイ屋にしては広い

さて、ここまでのアクセス方法はどうしたらいいものか。地図を見てみると、最寄りにエアポートリンク「ラムカムヘン駅」がありました。
ここから徒歩5分ほど。

カオマンガイとアヒル肉をオーダー

『チュア キム ヘン』はカオマンガイとアヒル肉が旨いと言われる店で、同じ名前の店舗が2エリアに分かれています。
聞くところによると、カオマンガイエリアとアヒル肉エリアに分かれていると言います。
かといって、アヒル肉エリアでカオマンガイを注文しても食べられるのでご心配なく。
私は両品をオーダー。

カオマンガイ

『チュアキムヘン』のカオマンガイ(手前)とアヒル肉(奥)

アヒル肉を注文すると通常はご飯が付随してきますが、カオマンガイをオーダーしたのでご飯無し。
アヒル肉はしっかりとした弾力感で、生前はあちこち走り回って筋力を蓄えていたのでしょう。
肉のすみずみまで味が染み込んでおり、白ご飯がセットで付いてくるのも納得です。
肉をひとくち食べると、白飯が恋しくなること必至。

アヒル肉

アヒル肉は180バーツ

そしてカオマンガイ。
こちらは打って変わって柔らかな鶏肉、そしてあっさりめのチム、ご飯はしっかりとした味わいがあり、評判を呼んでいるカオマンガイと言われるだけある逸品です。

IMG_1746

カオマンガイも抜群!

訪れた時間にはオーナーさんはおらず、真剣な表情でアヒル肉をさばいていた方を撮らせてもらいました。

チュアキムヘン調理人1

一見、無愛想に見えた『チュアキムヘン』の調理人だったけど…

どれほどこの店で働いているのかは聞きませんでしたが、食べている最中から彼の眼光鋭く光らせ肉をさばく姿が印象的だったんです。
にっこり笑うとステキな笑顔。はい。

チュアキムヘン調理人2

カメラを向けるとにっこり笑顔!

早めに来店しないとカオマンガイが売り切れる?

カオマンガイエリアで話しを聞くと、鶏は1日に15羽ほどを仕入れるとのこと。
私が写真を撮影した14時の段階では、すでに鶏は1羽も残っていませんでした。

カオマンガイエリア

カオマンガイエリアの外観

カオマンガイエリア店内

カオマンガイエリアの店内

【SHOP DATA】
「チュアキムヘン(ฉั่วคิมเฮง)」
TEL:02-729-8821,02-314-4486,02-314-7829
OPEN:8:30-18:00(アヒル店舗) 11:00-14:00,17:00-22:00(カオマンガイ)
ADDRESS:81,83 Pattanakarn Rd., Suan Luang,Bangkok 10250
PRICE:カオマンガイ50B、アヒル肉180B

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu

【お知らせ】12/30開催!今年最後の激ウマツアー


2017年は9回開催した激ウマツアー。
今年最後となるのは12月30日(土曜日)の開催です。
最終ツアーで向かうのは毎度好評をいただいている「エビの火山蒸し焼き」のタイ料理店。
お食事前に世界一高い仏塔「ワットプラパトムチェディ」へも立ち寄ります。
このツアーの趣旨は、とにかくエビをお腹いっぱい食べていただくこと!!(笑)


日程:2017年12月30日(土曜日)
参加費:2,300バーツ(大人) 1,150バーツ(2-11歳)乳幼児は無料
※参加費には往復の交通費、お食事代(アルコール込み)が含まれています。
詳しくは以下のリンク先でご覧いただけます。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top