BTSサラデーン駅

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

シーロムで旨いカオソーイ専門店に出会いました
「シップソーン パンナー」

シーロムで旨いカオソーイ専門店に出会いました「シップソーン パンナー」

タイ料理の中でも日本人に人気が高いカオソーイ。
カオソーイとは、チェンマイなどのタイ北部料理で、ココナッツミルクが入ったカレースープと卵麺のタイラーメンで、マッサマンカレーのように濃厚ではなくさらりとしていて、さほど辛くもないことから日本人でも食べやすいタイ料理として人気です。

しかしバンコクで食べるとなると、意外と見つけられず苦労します。
以前、日本からタイへ遊びにきた友人に「カオソーイが食べたい」というリクエストを突然突きつけられ、慌てて探したんですがなかなか見つからず、ようやく見つけた、どこだったか忘れた店に行ったところその日は休日だったというほろ苦い思い出がありました。

そういうことがあったので不測の事態に備えるべく、しこしことカオソーイ屋を探していたところ、シーロムにタイ人の評判が良いというカオソーイ専門店があるという情報が舞い込んできました。
一見するとカオソーイ専門店であることはさっぱり分からない「クイッティアオ シップソーン パンナー(ก๋วยเตี๋ยว 12 ปันนา)」です。IMG_1852

『シップソーン パンナー』にはカノムジーンも

私は2度ほど目の前を通り過ぎたのに発見できませんでした…。
テーブルが8席ほどと小さな店。IMG_1850カオソーイだけではなく、カノムジーンも食べてみることに。カノムジーンとはカオソーイと同じくカレーソースを使用しているのですが、麺が異なり、米を発酵させて作った素麺に似た麺を使います。IMG_1842カオソーイはストレートの卵麺。
あっさりしたカレースープとの相性は良く、量が少ないこともあり、するするっと平らげてしまいました。IMG_1840IMG_1846カノムジーンもしかり。
カオソーイのスープからはピーナッツの薫りしましたが、カノムジーンのソースからは感じられなかったので、同じスープではないようです。IMG_1844私は混雑を避けて昼どきは外しました。界わいがオフィス街であるのと、席数が少ないのでランチタイムは並んでいると思います。IMG_1848

【SHOP DATA】
「シップソーン パンナー(ก๋วยเตี๋ยว 12 ปันนา)」
TEL:086-334-1489
OPEN:7:00-15:00(日曜日休み)
ADDRESS:Silom Soi 3, Silom, Bangkok 10500.
PRICE:カオソーイ(並)35B、(大盛り)45B、カノムジーン(並)35B、(大盛り)45B

1974年生まれ、大阪府出身。2011年にタイ・バンコクへ移住。2015年より「激旨!タイ食堂」の運営開始。2017年、タイ国内や東南アジアの旅を扱う旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を立ち上げる。Twitter:@nishioyasuharu
URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 初めまして!いきなりコメントすみません(>_<)Twitterからこのブログを知りました。
    年末にバンコクに行くんですが、こちらのお店に行ってみたいので詳しい場所を教えて頂けないでしょうか?
    よろしくお願いします。

    • By 激旨!タイ食堂

      コメントありがとうございます。
      最寄り駅はBTSサラデーン駅です。
      この駅を降りてシーロム通りを西へ数百メートル進むと、Soi Silom3という通りが左手に見えますので、そこを直進。
      2〜3分ほど歩くと右手に見えてきます。
      Googleマップを見ながら行くと分かりやすいと思いますよ。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top