BTSサパーンタクシン駅

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

オースワンを駅近で食べる
サパーンタクシン駅から徒歩3分
Tip Hoy Tod Phu Khao Fai

オースワンを駅近で食べるサパーンタクシン駅から徒歩3分Tip Hoy Tod Phu Khao Fai

私は牡蠣が大好きでございまして、タイ在住日本人でもちょっとビビる生牡蠣を平気で食します。
というのも、生まれてこのかた牡蠣であたったことがないんです。
大きい牡蠣も小さな牡蠣も、生でどんどんいきますよ。どんな店でも。
いままでで何度かヤバい牡蠣は食べているんでしょうけど、きっと牡蠣と体の相性がいいんでしょう。
という勝手な解釈をしています。
牡蠣が好きなのでおのずとオースワン(ออส่วน)も好きなタイ料理の1つです。
オースワンとは「牡蠣の卵とじ炒め」と表現される日本人にも人気のタイ料理。
牡蠣が入っているのに、牡蠣のタイ語「ホイ ナンロン(หอยนางรม)」という単語は入っておりません。

創業43年の「ティップホイトートプカオファイ(Tip Hoy Tod Phu Khao Fai)」

オースワンはどこにでもあるタイ料理でもなく、さらに駅から近くにある店となるとかなり限られます。
至便でかつ人気のオースワン&ホイトートの専門店。
BTSサパーンタクシン駅から徒歩3分のところにあります。IMG_2158IMG_2156IMG_2149IMG_2151IMG_2136この店はオースワンより、店名になっているホイトート(タイ風お好み焼き)が人気。
ホイトートはどちらかといえばパリッとしていて、オースワンのふわふわ感とは異なります。
というわけで私は両方を食べました。

IMG_2141

オースワン

IMG_2144

ホイトート

 

そんな私を見て女性店主は
「日本人はみんなよく食べるわよね〜」
と微笑んでいました。IMG_2155最近は日本人もときおり来店するそうで、その理由とは日本語フリーペーパー「DACO」で紹介されたことが大きいようです。
店内や外観を撮影していると、店頭にあったとある物が気になりました。
チェンマイ産のハチミツです。
299バーツ。
昨今、柄にもなくハチミツにハマっている私は、片手に一箱ぶら下げて帰路につきました。
IMG_2152
【SHOP DATA】
「Tip Hoy Tod Phu Khao Fai(ทิพ หอยทอดภูเขาไฟ)」
TEL:02-233-1116
OPEN:10:00-20:00(日曜日休み)
ADDRESS:3 Soi Charoen Krung 50 Road, Bang Rak, Bangkok 10500.
PRICE:オースワン70B ホイトート(大)70B

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu

【お知らせ】タイ旅行メディア「TRIPULL」を立ち上げました



「激旨!タイ食堂」を運営する私が次に手がけたのは、タイ国内旅行会社TRIPULLです。
旅行メディアTRIPULLではタイ旅行に役立つ情報をお届けし、さらにタイ国内のツアーを提案しています。
「激旨!タイ食堂」で開催しているグルメツアーもこちらで随時募集中!
ぜひTRIPULLもチェックしてみてください。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top