BTSエカマイ駅

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

【24時間営業】BTSエカマイ駅から徒歩10秒でタイ料理!

【24時間営業】BTSエカマイ駅から徒歩10秒でタイ料理!

エカマイ「ゲートウェイ」の向かい側に24時間タイ料理店

バンコクにはなぜか24時間営業の飲食店が少なく、タイ料理に限るとなおさら。
今回紹介するのは24時間営業でしかもタイ料理店。
しかもしかも、BTSエカマイ駅と目と鼻の先という好立地な店です。
朝5時ごろ「あ〜、ソムタム食べたいなぁ」という狂った気分になったときはこちら。

「Banrie Bai Ka Prao Bork」

IMG_3618IMG_3614エカマイのショッピングモール「Gateway Ekamai(ゲートウェイ)」からスクンビット通りを挟んだ真向かいです。
オープンスペースのテーブル席が目立つ、一見すると欧風レストランのような雰囲気。
しかしヤック(タイの鬼)の像が配置されているなど、タイ料理店であることをアピールしています。IMG_3602IMG_3601

外席で食べるのは気持ちがいいけれど…

私は朝5時からソムタムを食べたい、という気分に今までなったことがないので、土曜日の真っ昼間に訪れました。

さすがに人は少なめ。
平日のランチタイムなら界わいで働くタイ人で賑わうのかもしれません。
降雨もなく晴れていたのでオープンスペースの席に。
注文したのは私が好きな「ソムタム カイケム(塩漬け卵入りのソムタム)」と、メニューにでかでかと載っていたという理由だけで注文した「ゲーン オーン ムー」という具材たっぷりのスープ。

IMG_3594

ソムタム カイケム

IMG_3597

ゲーン オーン ムー

ソムタムは青パパイヤの切り方が雑で高得点にはいたらず。
ゲーン オーン ムーは旨い!
さすがメニューにでかでかと掲載しアピールしているだけのことはある。
外席で食べるのは気持ちがいいけれど、それはハエにとっても同じことで、料理の薫りに釣られたハエたちが数匹訪れるという事態は覚悟しておかなければならないでしょう。

もともとはコーヒーショップ

食べ終わったあと店内をぐるっと見せてもらいました。
「Banrie Bai Ka Prao Bork」へは2〜3度来たことがありましたが、ゆっくり店内を見るのは初めて。
ステージがあることも初めて知りました。

IMG_3603店内に席があることも、ワインやケーキが売っていることも今まで知りませんでした。
IMG_3605他にも知らなかったことが登場。
2階席があること、裏手でクイッティアオやカオカームーが食べられることなどなど。
IMG_3609IMG_3611エカマイ通り沿いにも席があるのですが、車がびゅんびゅん通るそばでゆっくりと飯が食えるのだろうか、という要らぬ心配をしてしまいました。
IMG_3613店頭では鶏の丸焼きも売られていて、1羽180バーツ。
IMG_3616のちほど「Banrie Bai Ka Prao Bork」のWebサイトを見たところ、もともとはコーヒーショップのようで、今年めでたく創業10年を迎えたようです。
次回来店したときはコーヒー豆を買ってみるか。

【SHOP DATA】
「Banrie Bai Ka Prao Bork」
TEL:02-381-2772,02-391-9784
OPEN:24時間
ADDRESS:4 Banriecoffee Soi Sukhumvit 63(Ekami) Road.Wattana Phrakanongnue Bangkok 10110
PRICE:ソムタム カイケム(塩漬け卵入りソムタム)50B、ゲーン オーン ムー60B

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu

タイ旅行メディア「TRIPULL」を立ち上げました!



「激旨!タイ食堂」を運営する私が次に手がけたのは、タイ国内旅行会社TRIPULLです。
旅行メディアTRIPULLではタイ旅行に役立つ情報をお届けし、さらにタイ国内のツアーを提案しています。
「激旨!タイ食堂」で開催していたグルメツアーもこちらで随時募集中!
ぜひTRIPULLもチェックしてみてください。

http://tripull.asia/

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top