BTSサラデーン駅

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

タイ国内最高級カオマンガイは一皿330バーツ!
「モンティエンホテル」

タイ国内最高級カオマンガイは一皿330バーツ!「モンティエンホテル」

タイ国内で最高額のカオマンガイか!?

本日時点で私がこのブログのために訪れたカオマンガイ店は18店舗。
カオマンガイといえば、一皿30バーツから高くても50バーツ。鶏を別皿にしたものだと100バーツほどでしょうか。
その程度の価格の、庶民的な料理がカオマンガイです。
ところがシーロム「モンティエンホテル」内の「Ruenton Coffeeshop」で提供されているカオマンガイは、私のそういった常識を易々と打ち砕いてくれました。
IMG_3638一皿280バーツ!
しかもこの価格は税とサービス料が加えられていないので、実質は330バーツ!!
きっとタイでもっとも高額なカオマンガイでしょう。

ボリュームも味も超ど級!

それがこちらです。
IMG_3632ご飯の量が「まんが日本昔ばなし」レベル!
鶏肉の量がチキンステーキ並!
付けダレ4つもある!
これはもうカオマンガイとは呼べないのではないでしょうか。
IMG_3635まずカオマンガイは通常スプーンとフォークで食するわけですが、それらはなく、箸が登場。
もちろんスタッフに言えばスプーンとフォークぐらい出てくるんでしょうが、ここは箸で食ってやろうじゃないかと腹をくくったわけです。
ご飯は屋台などのカオマンガイに比べると味付けが濃く、トンローの「ブーン トン キアット カオマンガイ ハイラム」で食べたシンガポールチキンライスと同じ感じ。

カオマンガイは11時〜22時30分まで

鶏肉はいろんな部位が楽しめるうえ、肉厚でボリューム満点。
付けダレ(チム)も4種で味わえるので、これだけの鶏肉を飽きずにいただけます。
ただ、量が多い!
IMG_3636男でもこれを1人で食べると超満腹。
ここのカオマンガイを食べに行くときは時間に気を付けてください。
『Ruenton Coffeeshop』自体24時間営業ですが、カオマンガイは11時から22時30分までとなっているようです。
まぁ早朝と深夜にあれほどのボリュームのカオマンガイを食べようと思う人はかなり少ないでしょうが…。
「モンティエンホテル」正面入口はこちらです。
IMG_3647IMG_3645ただ「Ruenton Coffeeshop」は裏手になります。
IMG_3648IMG_3641

【SHOP DATA】
「Ruenton Coffeeshop(モンティエンホテル内)」
TEL:02-233-7060,02-234-8060
OPEN:24時間(カオマンガイは11:00-22:30)
ADDRESS:The Montien Bangkok Hotel, 54 Surawongse Road, Bangkok 10500, Thailand.
PRICE:カオマンガイ280B(税・サービス料別)
WEBSITE:http://www.montien.com/bangkok/main.php?getmenu=food&page=ruenton

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu

【お知らせ】12/30開催!今年最後の激ウマツアー


2017年は9回開催した激ウマツアー。
今年最後となるのは12月30日(土曜日)の開催です。
最終ツアーで向かうのは毎度好評をいただいている「エビの火山蒸し焼き」のタイ料理店。
お食事前に世界一高い仏塔「ワットプラパトムチェディ」へも立ち寄ります。
このツアーの趣旨は、とにかくエビをお腹いっぱい食べていただくこと!!(笑)


日程:2017年12月30日(土曜日)
参加費:2,300バーツ(大人) 1,150バーツ(2-11歳)乳幼児は無料
※参加費には往復の交通費、お食事代(アルコール込み)が含まれています。
詳しくは以下のリンク先でご覧いただけます。

URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 英語メニューで一安心もカオマンガイがみつからない…汗
    店員さんに聞くとHainanese Chicken Riceを指してコレだと言うではありませんか。
    とりあえずオーダして運ばれてきて一番の印象はボリュームが半端ない!
    ライスが日本昔話並のてんこ盛りでチキンも2段盛りで切り身の一つ一つも大きい。
    女性なら食べきれない人も多そうですし、男性でもかなり満腹でしょう。
    ソースが4種類有るので、個人的にはあきずに美味しく食べられました。

    • By 西尾 康晴

      一人だとかなりのボリュームですよね(笑
      2〜3人で突くのがちょうどいい量なんでしょう。

      • 15年ぶりのタイ旅行から日本に帰国しました。
        今回はこちらのサイトを利用させて頂き、バンコクでは充実した食生活でした。
        西尾さんにお礼申し上げます。
        遠くないうちにまた訪泰したいと思いました。

        確かに一人前のカオマンガイから規格外ですが、この値段でもやっていけるのはこのボリュームでこの味だからでしょうか。いい体験が出来ました。

        • By 西尾 康晴

          たくさんレポートを書いてくださりありがとうございました。
          次回訪タイされた際も、ご感想など書いてくださればと思います。
          これからも「激旨!タイ食堂」をよろしくお願い致します。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top