[エリア]コンベント通り

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

店の外まで客が溢れるコンベント通りのクイッティアオ屋 「イエンタフォー コンベント」

店の外まで客が溢れるコンベント通りのクイッティアオ屋 「イエンタフォー コンベント」

シーロム通りから南へ抜ける道の1つにコンベントという通りがあります。
屋台などの飲食店が多く、昼どきになると周辺のビジネスマンやOLたちがこぞってランチに集まる通りです。
それほど飲食店が密集するコンベント通りの中でも、特に人気なのがクイッティアオ屋の「Yen Ta Foe Convent(เย็นตาโฟคอนแวนต์ )」

[スポンサーリンク]

トッピングの厚揚げにうっとり…

昼どきは店外まで待っているお客さんで溢れているほどの人気っぷり。
私は昼どきを外し、ここへ訪れました。

IMG_3726

店名にイエンタフォーと書かれているので、当然イエンタフォーを注文。

IMG_5621

麺の上に見えるピンク色は豆腐を発酵させた紅腐乳(ホンフウルウ)というもの。
これをかけることによりほのかな酸味に加えられるのです。
自然な色合いではないので添加物かと思われがちですが、自然食品であり、色のイメージとは異なり辛くはありません。

IMG_5623

具材に厚揚げがトッピングされているのが私のお気に入り。
この店は揚げ物が人気のようで店頭では春巻きなどをはじめとし、数種類の揚げ物が揚げられています。
揚げ物の盛り合わせもあり、他タイ人客はこれを数名で食べている人も多いです。
「イエンタフォー コンベント」は姉妹が切り盛りしていて、創業40年以上。

IMG_3735
IMG_3738

他にも数名スタッフがいるものの、全員が女性!
男性はいないのか訊ねたところ、1人もいないのだとか。
日本では珍しいケースに入るでしょうが、女性の方が働き者のタイでは普通ですかね…。

店名にイエンタフォーを掲げていますが、クイッティアオ・トムヤムもオススメです。
辛過ぎないので、スパイシーが苦手な方でも食べやすいと思います。

IMG_3720

【SHOP DATA】
「イエンタフォー コンベント(เย็นตาโฟคอนแวนต์ )」
TEL:02-235-0386
OPEN:7:00-17:00(Mon-Fri),7:00-15:00(Sat-Sun)
PRICE:イエンタフォー(普通)40B (大盛り)50B クイッティアオ・トムヤム(普通)40B (大盛り)50B

[スポンサーリンク]

1974年生まれ、大阪府出身。2011年にタイ・バンコクへ移住。2015年より「激旨!タイ食堂」の運営開始。2017年、タイ国内や東南アジアの旅を扱う旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を立ち上げる。Twitter:@nishioyasuharu
URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top