BTSアソーク駅

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

BTSアーリー駅 30年の歴史を誇るカオマンガイ屋
「ルアンセン」

BTSアーリー駅 30年の歴史を誇るカオマンガイ屋 「ルアンセン」

9月19日付けの記事で取り上げた「ジュブジュブカオマンガイ」のすぐ近くに、創業30年以上のカオマンガイ屋があったんです。
「ジュブジュブカオマンガイ」を取材したあとに知ったんですが…。
30年以上もの歴史があるなら人気店なんじゃないだろうか。
いろいろと調べてみたところ、やはり有名店のようでした。
BTSアーリー駅徒歩1分のところにある「Ruan Sang(ルアンセン)」です。
IMG_3892IMG_3893

ガイヤーンとのミックスカオマンガイ登場!

入店すると女性スタッフが鶏をさばいていました。
着席し注文しようとその女性を見ると、とびっきりの笑顔。
日本では当たり前のことですが、タイの飲食店でスタッフがこれほどの笑顔を見せてくれるのは希有なことなので、ひょっとしたら「スマイル10バーツ」とか言って金でも取られるんじゃないか。
それとも私が男前なので自然と笑みになったのか。
間違いなく後者でしょう。
鶏をさばいているすぐ前に、ガイトー(鶏のから揚げ)とガイヤーン(タイの焼き鳥)が並んでいます。
IMG_3894カオマンガイの店でガイヤーンが並んでいるのは珍しい。
カオマンガイとともにガイヤーンもオーダーしてみました。
私はてっきり別皿で提供されるんかと思っていたところ、運ばれてきたカオマンガイを見てビックリ。
カオマンガイの上にガイヤーンもトッピングされ、ミックスカオマンガイに!
いままで何店舗ものカオマンガイ屋へ足を運んできましたが、ガイヤーンとのコラボカオマンガイは初です。
IMG_3887IMG_3888これは新しい。
「ルアンセン」でしか食べられないカオマンガイかもしれません。

満面の笑みの意味とは…

ご飯はほんのりと塩味が効いていて、チム(付けダレ)はあっさり甘め。
茹で鶏と焼き鳥という初めてのコンビネーションにすっかり虜になりました。
他店も真似してみてはどうでしょう。
タイ人はこのブログ読んでないでしょうが…。
カオマンガイのお供に選んだのは、定番のマラスープです。
蒸し器には他のスープも並べられていて、よりどりみどり。
IMG_3890IMG_3909「ルアンセン」には他にアヒルのクイッティアオもあり、タイ人によってはカオマンガイよりこのクイッティアオを気に入っている客もいるようです。
さて、入店早々に満面の笑みを見せてくれたこちらの女性スタッフ。
店主ではなくスタッフだそうです。
IMG_3900

創業して30年の「ルアンセン」でこの女性は10年以上鶏をさばいているプロフェッショナル。
私の容姿にすっかり虜になったのは間違いないであろうから、名前を聞いたところ

「マイ ボーク(言わない)」

と呆気なく断られ沈没。
虜になったと思っていたのは甚だしい勘違いだったようです。
IMG_3896

【SHOP DATA】
「ルアンセン(ข้าวมันไก่รุ่งแสง)」
TEL:02-278-1271,081-930-1508
OPEN:07:00-18:00(平日)  07:00-15:00(土日)
ADDRESS:1231 Phahonyothin Rd, Samsen Nai, Phaya Thai, Bangkok 10400
PRICE:カオマンガイ(1種盛り)45B、(2種盛り)55B、マラスープ45B

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu

【お知らせ】12/30開催!今年最後の激ウマツアー


2017年は9回開催した激ウマツアー。
今年最後となるのは12月30日(土曜日)の開催です。
最終ツアーで向かうのは毎度好評をいただいている「エビの火山蒸し焼き」のタイ料理店。
お食事前に世界一高い仏塔「ワットプラパトムチェディ」へも立ち寄ります。
このツアーの趣旨は、とにかくエビをお腹いっぱい食べていただくこと!!(笑)


日程:2017年12月30日(土曜日)
参加費:2,300バーツ(大人) 1,150バーツ(2-11歳)乳幼児は無料
※参加費には往復の交通費、お食事代(アルコール込み)が含まれています。
詳しくは以下のリンク先でご覧いただけます。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top