MRTクロントゥーイ駅

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

【MRTクロントゥーイ駅】
店主が踊る!バンコク アヒルのクイッティアオ店

【MRTクロントゥーイ駅】店主が踊る!バンコク  アヒルのクイッティアオ店

私がお気に入りと何度もこのブログで公言しているクイッティアオ&火鍋屋「Heng Chung Seng」
もう聞き飽きたという方もおられるでしょうが、再び店名を出したのは意味がありまして、今回紹介するクイッティアオ屋がここ「Heng Chung Seng」と目と鼻の先にあるためです。
「Dancing Duck Noodle」と名付けられたクイッティアオ屋。
アヒルが踊っているのかと思いきや、どうやらそういうことではないようです。
IMG_4654

絶品!クイッティアオとアヒル肉の煮込み

店の前まで来て分かりました。
麺を湯がいているオーナーがリズミカルな動きをしているんです。IMG_466160代であろう御方がこの動きをキープしてずっと麺を湯がいているだけあり、タイのテレビ局もいくつか取材に来たようです。
You Tubeでアップされている映像で、オーナーさんのリズミカルな動きをご確認くださいませ。

リズミカルな動きによって創り出されたクイッティアオ ペッ(アヒルのクイッティアオ)。
スープが澄んでいて実に美しい。
味もしかりで、日本の醤油ラーメンのようなあっさりしつつも深みがあります。IMG_4648アヒル肉もチャーシューのようで、醤油ラーメンを食べているかのような錯覚を覚えるほどです。
しかも麺はモチモチ!
クイッティアオだけでは物足りないので、もっとも好まれているものを注文しようと、他の客をじっくりと観察。
かなりの確率でオーダーされているのは、鍋に入ったアヒル肉でした。
それがこちら。
アヒル肉の煮込みです。IMG_4652

「EmQuatier」に支店?

注文時に胸肉か脚の肉かを聞かれたので、脚を選択しました。
これが旨いのなんのって!IMG_4653濃いめに味付けされたアヒル肉は、私を一心不乱にさせ、無言にさせ、骨にむしゃぶりついて肉を頬張ります。
この店にはアヒルクイッティアオの他、豚肉のご飯乗せやアヒル肉乗せご飯、クイッティアオ ムーもメニューに揃えています。IMG_4671IMG_4674見せてくれたこのセンヤイ(太麺)、他店では見たことがない少し変わった麺なんです。IMG_4666IMG_4663食べたいのは山々だったんですが、クイッティアオ ペッとアヒル肉の煮込みによって私の胃袋はこれ以上の食物を欲しておりませんでした…。
場所はMRTクロントゥーイ駅から徒歩で数分の場所なので、立地抜群。
と思っていたら、渡された名刺を見て驚き!
なんと、昨年プロンポンにオープンした大型商業施設「EmQuatier(エムクオーティエ)」にも出店しているのだそう。
エムクオーティエの支店の方が圧倒的に行きやすいですな。
店には外エリアの席と、店内スペースがアリ。IMG_4678IMG_4669それにしてもオーナーさん、60代とは思えない動きだ…。IMG_4659

【SHOP DATA】
「Dancing Duck Noodle(ก๋วยเตี๋ยวเป็ดตุ๋นเต้นระบำ)」
TEL:086-777-9060,089-457-9722
OPEN:7:00-17:00
ADDRESS:1222/4 ถนน พระรามที่ 4 Khlong Toei, Bangkok 10110
PRICE:クイッティアオ ペッ50B、アヒル肉の煮込み100B
FACEBOOK:https://www.facebook.com/dancingducknoodle

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu

【お知らせ】タイ旅行メディア「TRIPULL」を立ち上げました



「激旨!タイ食堂」を運営する私が次に手がけたのは、タイ国内旅行会社TRIPULLです。
旅行メディアTRIPULLではタイ旅行に役立つ情報をお届けし、さらにタイ国内のツアーを提案しています。
「激旨!タイ食堂」で開催しているグルメツアーもこちらで随時募集中!
ぜひTRIPULLもチェックしてみてください。

URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Heng Chung Seng行ってきましたよ〜。朝くらいだったので、混んでませんでした。モーファイって料理を食べたのは初めてなんですが美味いですね。私、ブログを書いてるんですが、こちらのブログの紹介で行ったことを書いてもいいですか?

    • By 激旨!タイ食堂

      私のお気に入りHeng Chung Sengnを気に入ってもらえたようでよかったです。
      記事の中で弊ブログを出していただくのはまったく問題ありません!
      もしよろしければ、ブログも教えてください!

  2. 有難うございます。私のブログです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top