[エリア]ラマ3世通り

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

ナラティワート通りで子豚の丸焼きを食べ尽くせ!

ナラティワート通りで子豚の丸焼きを食べ尽くせ!

大晦日にソイカウボーイなどゴーゴーバーへ行くと、店前で子豚の丸焼きを炭火で焼いている光景に出くわしたことがあります。
マンガに出て来るような姿になっていて最初に見たときは「旨そう!」ではなく、「エグい!」としか思えなかったピュアなころの自分。
何度か遭遇するうちに「旨そう!」に変わってきたのは、人間の本性なのかもしれません。
めでたい時などに子豚を丸焼きにするそうですが、これを食べられる店を見つけました。
タイ版の食べログ「Wongnai」にも載っていなかった「MOO HUN HONG KONG」です。

IMG_4543IMG_4542

香港スタイルで食べる子豚の丸焼き

子豚の丸焼きを「ムーハン」と呼ぶそうで、店名の「MOO HUN」はその意味です。
半屋外型のスタイルで、店内には焼かれる前の子豚ちゃんや、下ごしらえされた子豚ちゃんが並んでいます。
近くに寄って子豚ちゃんの顔をじっくり眺めると、悶絶したような表情に映ったのは気のせいでしょうか。
IMG_6346IMG_4524さて、この子豚は炭火の上でくるくると回されながらじっくり焼かれていきます。

「だいたい20分ぐらい焼いてます」

焼いている方はこの店のオーナーのチンさん。IMG_5335IMG_5329創業して20年、子豚を焼き続けてきた、丸焼きのプロフェッショナル。
こういった方に焼かれるのなら子豚ちゃんも本望でしょう。
聞いたわけではないですが。
丸焼きにはタイスタイルと香港スタイルの2種類があります。
タイスタイルは丸焼きを皮も肉もそのまま食べ、香港スタイルはまずは皮を頂き、肉は炒め物や揚げ物に調理してから食べる方法です。
我々がチョイスしたのは香港スタイル。
パリッパリに焼かれた皮は、北京ダックのよう。
恐ろしいほどビールが進んでしまうのでご注意ください。

IMG_4533そして調理した豚肉が登場。
奥が炒め物で手前が揚げ物です。IMG_4539一心不乱に豚肉を頬張っていたら、何かが足元に…。
猫さんが私のディナーを虎視眈々と狙っているではないですか。IMG_5307と思ったら向こうへ立ち去り、おもむろに木へと近付き爪研ぎ開始。IMG_5326爪を研ぎながらもカメラ目線を見せてくれる心意気が素晴らしい。
英語表記で「MOO HUN」とあるものの、タイ語表記の店名には「シーフード」も入っているので、海鮮や一般的なタイ料理も充実しています。IMG_4534IMG_4528IMG_4537

【SHOP DATA】
「MOO HUN HONG KONG(รัชนนทรีซีฟู้ด)」
TEL:02-678-2768,081-456-6112,087-974-8569
OPEN:16:00-22:30(無休)
ADDRESS:176/110 Ratchadaphisek Rd, Chong Nonsi, Yan Nawa, Bangkok 10120
PRICE:ムーハン(タイスタイル)1300B、(香港スタイル)1400B

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu

タイ旅行メディア「TRIPULL」を立ち上げました!



「激旨!タイ食堂」を運営する私が次に手がけたのは、タイ国内旅行会社TRIPULLです。
旅行メディアTRIPULLではタイ旅行に役立つ情報をお届けし、さらにタイ国内のツアーを提案しています。
「激旨!タイ食堂」で開催していたグルメツアーもこちらで随時募集中!
ぜひTRIPULLもチェックしてみてください。

http://tripull.asia/

URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 初めまして、こんにちは。
    お店のwongnaiページですが、
    これ、多分そうですよね…?
    https://www.wongnai.com/reviews/9a434efa19884d34b19af797f89ad98b

    余計なお世話だったらすみません!
    私も日々食べ歩きですが、家がこのエリアなので、まさかと思うようなお店が取り上げられていたりして楽しいです。

    突然失礼致しました!

    • By 激旨!タイ食堂

      弊ブログをいつもご覧頂きありがとうございます。
      店名表記が若干異なっていますがWongnaiに載っていたんですね。

      もしお薦めのお店があればぜひ教えてください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top