[エリア]ラマ9世通り

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

ガイヤーンが旨いハラルフードのタイ料理店!

ガイヤーンが旨いハラルフードのタイ料理店!

ここ数年、日本ではハラルフードに関するビジネスが熱を帯びてきているようです。
ハラルフードとはイスラム教の戒律に則って処理された食材のこと。
イスラム教徒はイスラム教の律法により豚肉やアルコールが禁じられているため口に出来ないうえ、それらを使用した調味料も禁じられています。
2001年には、インドネシアで日本法人「味の素」が、うま味調味料AJI-NO-MOTOがハラル認証を受けていながら、認証後に豚から抽出した酵素が使われていたことが判明。
現地日本人社長を含む数名が逮捕される事件にまで至りました。

http://cilsien.info/factsheet/factpage%E3%80%80%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%8D%E3%82%B7%E3%82%A2%E5%91%B3%E3%81%AE%E7%B4%A0%E4%BA%8B%E4%BB%B6%EF%BC%882001%E5%B9%B4%EF%BC%89

日本人にはなかなか理解できませんが、イスラム教では律法により禁じられている食物に対し、これほど神経質になっています。
こういったハラルフードは、20億人いると言われているハラル市場を対象としたビジネスになるため、日本でもハラルレストランが増え始め、ハラルフードを扱うビジネスが盛んになってきています。
今年の11月には「JAPAN HALAL EXPO 2015」、来年4月には「第3回ハラールマーケットフェア」というイベントが催されるようです。

ちょっと真面目にハラルフードについて書きましたが、私自身、ハラルフードにはほとんど興味はなく、なんでも美味しくいただく雑食系の者でございます。

ガイヤーン&マッサマンカレー&カオモッガイ!

そんな雑食野郎の私が訪れたのが、ハラルフードのお店「Jeerapan」

IMG_6278
IMG_6275
IMG_6291

ハラルレストランですがガイヤーンもウリにしているタイ料理店です。
場所はラマ9世通り沿い。
オープンスペースとエアコンルームの2つのエリアに分かれています。
もちろん私はエアコンルームへ。

IMG_6267
IMG_6273

人生初のハラルレストランで注文したのは

ガイヤーン

カオモッガイ

マッサマンカレー

の3種。
きっと調味料などはハラルに則り、一般的なタイ料理店で使用しているものとは違うのでしょう。
まず登場したのはマッサマンカレー ヌア。

IMG_6256

牛肉のマッサマンカレーです。
ほとんど噛む必要がないほどまで煮込まれた牛肉、やや甘めのマッサマンカレーです。
そしてカオモッガイ。

IMG_6252

もともとは南タイ料理と言われており、ムスリムが多い深南部だからでしょう。
ターメリックと一緒に炊かれたご飯は黄色く、うっすらと味がついている程度。
必ず手羽が添えられ、揚げたニンニクがまぶされています。
あまりタイ料理として取り上げられることのないメニューで専門店は少ないでしょうが、フードコートなどでは良く見かける一品です。
そしてガイヤーン。

IMG_6259

ハラルレストランならではなのか、ナムチムは他店では味わったことの無いあっさり甘め。
鶏肉は炭火でじっくりとローストされていただけあり、旨みがしっかり詰まっています。

IMG_6289

オーナーは大学教授!

ムスリムの方々は食べられるものに規制を設けられているからか、食べられる食材に対してはそれだけ心血を注いでいるのではと勝手に思ってしまいます。
いま私に「豚肉とアルコールは禁止!」なんていうルールを設けられたら、精神錯乱を起こすか、豚肉とアルコールへ向かっていたベクトルが別のベクトルへ一点に集中してしまうかのどちらかだと思います。
まぁ、前者が濃厚でしょう。
写真では撮れませんでしたが、この店で働く女性のほとんどが頭にヒジャブを巻いているムスリムでした。
オーナーであるアンカナーさんもムスリムです。

IMG_1007

写真はご本人から提供していただいたものです。

なんと彼女、平日はRattana Bundit Universityという大学で教鞭をふるっているため、お店に来れるのは土曜日と日曜日だけだと言います。
つまりお休み無し。
彼女がいない平日は、姉妹がお店を切り盛りしているそうです。
オープンして20年の「Jeerapan」。
ガイヤーンの店でもありますが基本的にはハラルレストランなので、ビールはありませんよ!

【SHOP DATA】
「Jeerapan(จีระพันธ์)」
TEL:084-8778-786,081-7551-806
OPEN:08:30-22:00
ADDRESS:Store Jeerapan 905 Rd., Rama IX Road, Bangkok 10250
PRICE:マッサマンカレー ヌア90B、カオモッガイ50B、ガイヤーン(小)100B、(大)180B、ソムタム50B、
WEB:http://www.jeerapan.com/th/main/index.php
FACE BOOK:https://www.facebook.com/jeerapanrestaurant/info/

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu

【お知らせ】12/30開催!今年最後の激ウマツアー


2017年は9回開催した激ウマツアー。
今年最後となるのは12月30日(土曜日)の開催です。
最終ツアーで向かうのは毎度好評をいただいている「エビの火山蒸し焼き」のタイ料理店。
お食事前に世界一高い仏塔「ワットプラパトムチェディ」へも立ち寄ります。
このツアーの趣旨は、とにかくエビをお腹いっぱい食べていただくこと!!(笑)


日程:2017年12月30日(土曜日)
参加費:2,300バーツ(大人) 1,150バーツ(2-11歳)乳幼児は無料
※参加費には往復の交通費、お食事代(アルコール込み)が含まれています。
詳しくは以下のリンク先でご覧いただけます。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top