[エリア]ラマ4世通り

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

ロータス裏に揚げ豚が旨いぶっかけ飯屋アリ!

ロータス裏に揚げ豚が旨いぶっかけ飯屋アリ!

私がタイへ来たばかりのころ、ぶっかけ飯ばかり食べていました。
その理由とは、タイ語を話す必要がないから。
クイッティアオ屋に行けば麺の種類を聞かれるわ、メニューがある屋台に行けばタイ語が読めないし、どういったメニューがあるのかも聞けないわで、飯難民状態。
数字すらまともに話せないような語学力だったので、指でひょいひょいっと差せばご飯におかずを乗っけてくれるぶっかけ飯屋は、当時の私にとって最重要飯屋となっていました。
ところが月が過ぎ、年が過ぎ、徐々にタイ語を覚え自力だけでさまざまなところに行けるようになってくると、あれほど重宝していたぶっかけ飯屋から足が遠のいていくことに。

街角で屋台に出会っても、違うタイ料理屋へ足を運ぶ日々。
すっかり行かなくなったぶっかけ飯屋ですが、ひさしぶりに行くことになったのはこの店を見つけたからです。

揚げ豚は外せません!

「ジェー ジョーン(JAE JONG)」
早朝6時にオープンするこの店に私が来店したのは朝9時。訪れると店の前には注文を待つ人たちが列をなしているではないですか!IMG_6426IMG_6429IMG_6446ぶっかけ飯屋って、ただぶっかけるだけだから調理する時間が必要ないため行列ができにくいジャンルなはず。
それなのに行列って!!
といった訳で驚いたのです。
それだけ「ジェー ジョーン」に来店する人が多い証。
タイ人にこれほど支持されているのは、ここのイチオシメニューである揚げ豚です。
ほとんどの方はこれは外しません。IMG_6454IMG_6466私も揚げ豚は最初に注文し、あと2品をぶっかけ!
ご飯だけだと寂しいので、巨大寸胴で煮込まれていた白菜スープをお供にしました。IMG_6421IMG_6425揚げ豚の肉は確かに旨い。よく屋台で見かけるムートー(揚げ豚)のように厚みはなく薄め。それでも肉に弾力があり、飯をどんどん進めさせてくれる見事な豚でございます。
もう1つ私が推したいのは、ご飯のお供に選んだ白菜スープ! 大量の白菜が煮込まれているため、優しい白菜の味がしっかりとスープになっている秀逸なスープです。IMG_6433

タン社長も来店し、巨大人形まで設置

とにかく忙しいのでスタッフに話しを聞くのもままならない状況。
少しでも手が空いたように見えたら、話しかけてみました。

「ここはオープンして何年ですか?」

「何年かは知らないけど長いよ」

何人かの従業員に聞いたんですが、誰も知らず…。こうなったらオーナーさんに聞くしかないと、どこにいるのか訊ねたら、2階にいるとのこと。しばらく粘ってみましたが現れる気配はありません。
ということで「ジェー ジョーン」が創業何年なのか、どういった歴史なのか、豚クンはどこから仕入れてきたのかなどは聞けずじまいでした。
店内を見渡すと、さすが有名店だけあり紹介記事が目立ちます。IMG_6439 IMG_6469IMG_6470その中でも気になったのが、給水機の上にデカデカと乗っかっているおっさんの人形。
「イチタングループ」の創業者、タン社長(Tan Passakornnatee)の人形です。
ご自身が来店したようで、写真もありました。IMG_6436IMG_6437ちなみに、テーブルの上に無造作に置かれているバナナ。聞いたらこれは無料だそうです。
デザートにどうぞ!IMG_6478

ぶっかけ飯屋『ジェー ジョーン』への行き方

場所はラマ4世通りの「ロータス」の裏手です。一番近い駅はMRT「クロントィーイ」駅ですが、歩いていくとなると15〜20分ぐらいはかかるでしょう。クロントィーイ駅からバイタクに乗るか、BTS「プロンポン」駅からバイタクで行くかのどちらかがお薦めです。IMG_6432

【SHOP DATA】
「JAE JONG Fried Pork(หมูทอดเจ๊จง)」
TEL:083-013-2574,0875436222
OPEN:6:00-16:00(日曜日休み)
ADDRESS: Old Railway Road outlet. (Lotus Rama 4), Klong Toey, Klong Toey, Bangkok 10110, Thailand.
PRICE:ぶっかけ飯(3品)45B、白菜スープ5B
FACEBOOK:https://www.facebook.com/JehJong/info/

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu

【お知らせ】タイ旅行メディア「TRIPULL」を立ち上げました



「激旨!タイ食堂」を運営する私が次に手がけたのは、タイ国内旅行会社TRIPULLです。
旅行メディアTRIPULLではタイ旅行に役立つ情報をお届けし、さらにタイ国内のツアーを提案しています。
「激旨!タイ食堂」で開催しているグルメツアーもこちらで随時募集中!
ぜひTRIPULLもチェックしてみてください。

URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. まわりは何てことがないお店が連なっているんですけど、ここだけやたらと大盛況ですよね!

    揚げ豚柔らかく、非常にソフトな口当たりだったと記憶しています。

    wongnaiでの評価もとってもいいですね!

    ただ、店に面した道が車が通り抜ける裏道になっていて、飯時は常にブンブン車が行き交うんですよ…。(狭い道なので、排気ガスがちょい気になりました)

    この辺りはカオホーバイブアの老舗店があったり、カオソーイの有名店があったり、密集してないけど意外と美味しい店が多いですね。

    • By 激旨!タイ食堂

      さすがよくご存知!
      カオホーバイブアは機会があれば行こうと思っていたお店なんです。
      カオソーイの有名店ってどこでしょう?

  2. こんにちは!soi26を歩いて、ロータスでトイレを借りてからカオソーイチェンマイに行く時に、見かけました。最初は運送関係の方用のお店かなとおもって覗いていましたが、ぶっかけご飯のお店だったんですね!

    カオソーイ食べた後だったので残念です!
    ちなみに僕は、食べるために歩いています(苦笑

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top