[エリア]ラマ9世通り

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

ラマ9世通りはガイヤーン天国?

ラマ9世通りはガイヤーン天国?

なぜこのようなタイトルにしたのかというと、先日ハラルフード料理店でありながらガイヤーンをウリにした「Jeerapan」を紹介しました。
そしてこの店のすぐ近くに、これまたガイヤーンが評判の店があるからです。IMG_6380店名が「ラマ9世通りガイヤーン」で
“ラマ9世通りのガイヤーンが旨いのはうちの店じゃい!”
といった気概させ感じます。

ガイヤーンは手で食べる!

この店を訪れてまず驚くのが、店頭で女性従業員が数名でお菓子を作っていること。
ガイヤーンの店じゃないの? と思わず目を疑う光景が展開されているのです。IMG_6384IMG_6392IMG_6398店内は広く、オープンスペースになっているのでエアコンは無し。
IMG_6377私がオーダーしたのはガイヤーンとスープ ノーマイ(タケノコのヤム)。
ガイヤーンは一羽使っているようで、手羽まであります。
1人で食べるには結構なボリューム。
それほどの量でも、ガイヤーンの親友であるカオニャオ(もち米)は必須です。
IMG_6358IMG_6356IMG_6361タイ人はガイヤーンをスプーンやフォークを使い器用に食べますが、私がそれを真似しようとしてもどうしても上手くいかない。
なのでもう諦め、ガイヤーンは手で食べることにしています。
これがやってみると分かると思いますが、旨い!
「ガイヤーンは手で食べる方が旨い説」を唱え続けていく所存です。

10月に支店がオープンしたばかり

「Praram 9 Kai Yang」では一度、このような機械で火を通し、注文が入ると炭火で炙っていくようです。
隣で魚が絶妙な色合いにローストされていて実に旨そう。
IMG_6404IMG_6401IMG_6400車でなければ来店できない立地ですが、評判が評判を呼んだのでしょう。
記事も多数掲げられています。
ランチタイムとはいえ、広い駐車場には来店者たちの車がずらり。
IMG_6393IMG_6394IMG_6383ガイヤーンがウリですが、メニューの品揃えは多く、なんとベトナム料理までラインナップしています。
なぜベトナム料理なんだろうか…。
という疑問は店を出てから抱いたので、なぜかは分かりません。
IMG_6410IMG_6411IMG_6412IMG_6413こちらのオーナーはSUMATEさん。
創業して13年というから、老舗ではなく中堅(?)の店ですね。IMG_6417「10月1日から姉妹店がオープンしたんだよ。新しい店は冷房完備!」
突然の支店オープンを聞かされ吃驚!
指差す方向を見ると、新店を告知する暖簾がありました。
ラマ9世通りのガイヤーンの雄は、他エリアでも支持を集めるでしょう。IMG_6419

【SHOP DATA】
「Praram 9 Kai Yang(พระราม 9 ไก่ย่าง)」
TEL:02-318-3939,02-318-5365,02-318-5366,02-318-5367
OPEN:10:00-20:30(月曜日休み)
ADDRESS:New Rama 9 Rd., Suan Luang 10250,
PRICE:ガイヤーン150B、スープ ノーマイ60B
WEB SITE:http://www.praram9kaiyang.com/

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu

【お知らせ】タイ旅行メディア「TRIPULL」を立ち上げました



「激旨!タイ食堂」を運営する私が次に手がけたのは、タイ国内旅行会社TRIPULLです。
旅行メディアTRIPULLではタイ旅行に役立つ情報をお届けし、さらにタイ国内のツアーを提案しています。
「激旨!タイ食堂」で開催しているグルメツアーもこちらで随時募集中!
ぜひTRIPULLもチェックしてみてください。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top