BTSヴィクトリーモニュメント駅

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

旨いタイ版わんこそば「クイッティアオ ルア」は
戦勝記念塔にあり!

旨いタイ版わんこそば「クイッティアオ ルア」は戦勝記念塔にあり!

クイッティアオというタイ料理は不思議なものです。
タイへ来たばかりのときから食べているものの、当初よりどんどん好きにさせる魔力がある。
一日に2食でも全然平気。
1食に2杯、3杯でも問題なく平らげられる魅惑のタイ料理です。
普通のクイッティアオ屋で3杯も食べたなら胃袋が膨れ上がり、食後の活動に影響を及ぼすこと必至。
そんなときは、タイ版わんこそばと呼ばれるクイッティアオ ルアです。

秀逸なルークチンに脱帽

IMG_7096クイッティアオルアといえば人気店が集まる戦勝記念塔(ヴィクトリーモニュメント)でしょう!
以前もブログでクイッティアオ ルアの店「ルアトン」を紹介したことがあります。
あれからもう3ヶ月以上も経っていたのか…。
3ヶ月ぶりとなる今回は、「Center One」という商業施設に入っている「プラナコーン(Pranakorn)」です。IMG_7072まず、「Center One」なんていう施設があったことすら知らなかった…。
さほど大きなモールではなく、若いタイ人がよく利用する商業施設のようです。
2階と3階に飲食店が軒を連ねています。

IMG_7075

やよい軒

IMG_7077

安いステーキ店 Eat Am Are

IMG_7086

「モンキー」ではなく「マンキー」なのでご注意を

IMG_7087

「KAMU」ってなんだ?

IMG_7079

初めて見た「NEO SUKI」

IMG_7082

「Center One」モール内

これら飲食店の中で、「プラナコーン」がもっとも混雑していた店でした。
創業してまだ5年ほどの「プラナコーン」は、入口からすぐの場所に厨房があり、ここでクイッティアオを湯がいています。IMG_7069他ではあまりみない店内の造りです。
客層は見事に若いタイ人ばかり。
外国人なんてほとんど来ないと思ったところ、メニューには英語表記あり。IMG_7041トムヤム、ナムトック、汁無し、イエンタフォーの4種から種類を選び、センレック、センミー、センヤイ、バミーから麺を選びます。
前回は量を食べようと気合いを入れて8杯食べましたが、今回は無理をせず3〜4杯でおさえておこうかな、と。
まずオーダーしたのが、トムヤム バミー、イエンタフォーとナムトックのセンレックで合計3杯。IMG_7044イエンタフォーは酸味がおさえられていて食べやすい。
さらさらっと食べ終え、続いてはトムヤム バミー。
ルークチンが抜群に旨い!
このルークチンが人気を支えてる秘訣か!
なんて1人で納得しながら食べ進め、トムヤムそしてナムトックも完食。
まだ胃袋には空きスペースがあるようなので、4杯目となる汁無しバミーを注文。
パッと見た外見はあっさりとした雰囲気ですが、撹拌するとさきほどまでの容姿は微塵もなく、濃い味であるとアピールせんばかりの色合いに。
丼の底に沈殿しているソースをまとったわけです。IMG_7058IMG_7060

デザートを食べてみた

4杯すべて食べて私が個人的に気に入ったのはトムヤム。
ルークチンの旨さは特筆ものです。
さて、食べ終えたところ、私がさきほどから気になっていたものがこちら。IMG_7064ずっと、ソースなどを入れる小皿だと思っていたのですが、どうやら違うよう。
恐る恐る蓋を開けてみたところ、白く、ゼリー状のような物体がおさめられている。
メニューに書いてあったココナッツ ミルク カスタードでした。IMG_7067ふだんデザートなんてまったく口にしない私が、なぜか珍しくこのカスタードは食べてみました。
カスタードと名付けられているだけあり食感はそのものに近く、甘過ぎないのがいい。
「Center One」での買い物ついでに寄るのがいいのかも。
日本人がここへ行ってまで買い物をするのか、という根本的な話は脇に置いといて。IMG_7090

【SHOP DATA】
「Pranakorn boat noodle(ก๋วยเตี๋ยวเรือพระนคร)」
TEL:083 043 9999
OPEN:10:00-22:00(無休)
ADDRESS:Center One Mall, 3rd Floor, Room No. 308 th Street Road, Phayathai, Bangkok 10400.
PRICE:クイッティアオ ルア12B、ココナッツ ミルク カスタード10B

1974年生まれ、大阪府出身。2011年、出版社での勤務が決まりタイ・バンコクへ移住。2015年より「激旨!タイ食堂」の運営開始。2017年、タイ国内や東南アジアの旅を扱う旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を立ち上げる。
URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 5 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. エアコンが効いたところで食べられる、わんこそば形式のクイッティアウルアの店ってここぐらいですよね。

    僕もこの店、お気に入りです!

    • By 激旨!タイ食堂

      近々、付近にあるクイッティアオ ルアのお店をまた紹介しようと思っています!

  2. カノムトゥワイですねー。クァィティアオルアの店では、ホーラパー、もやしと共に、テーブルに最初から置いてあるとこ多いですね。

    • By 激旨!タイ食堂

      テーブルにずっとカノムを置いている習慣は、舟の上で売っていたころの名残なのかもしれませんね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top