BTSアーリー駅

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

【BTSアーリー駅】バンコクで1、2位を争う
カオムーデーンここにあり!

【BTSアーリー駅】バンコクで1、2位を争うカオムーデーンここにあり!

赤い豚肉を飯の上に乗せ、とろりとしたタレをぶっかけるカオムーデーン。
このブログでは以前「シーモラコット」というカオムーデーンで有名なお店を紹介したことがあります。IMG_5686あの豚肉、何を使いあれほど赤くなっているのか。
軽〜くインターネットで調べてみたものの、着色方法まで見つけることができませんでした。
寡聞な私のために、このブログをご覧の方でご存知の方がいましたらぜひコメント欄でお教えください!
ブログの記事にも書きましたが、既述の「シーモラコット」は朝から客であふれるほどで、私はこの店こそが
“カオムーデーン大将 in Bangkok”だと思っていました。
しかしバンコクはさすがタイランドの首都。
他にも強豪店はありました。

来店したら当然カオカームー?

BTSアーリー駅から数分歩くと、店頭に赤い豚や揚げた豚が吊り下げられている店が現れます。
「ターニー(THANEE)」
この店も日本人のブログに登場することしばしばで、カオムーデーンが旨いと言われています。IMG_7125 IMG_7104週末の朝9時という、一般人ならば家でテレビでも見てくつろいでいるであろう時間を狙ったにも関わらず、すでに席の半数ほどは埋まっており、みなさんカオムーデーンを旨そうに食べてらっしゃる。

「普通盛り?大盛り?」

席に座るや、女性スタッフは私に、注文する品ではなく盛り具合を聞いてくるではありませんか。
ここはカオムーデーンの他にクイッティアオもあるので、そちらをチョイスする可能性も考えられるわけです。
しかしスタッフは逡巡することなく並か大盛りかと問うてきた。

『ここへ来てクイッティアオだけ食べて帰るはずないよね?』

という堅硬な自信がなければ言えないでしょう。
素晴らしい。

料理人としての矜持を胸に40年

この自信に敬意を表し、ピセー(大盛り)をオーダー。
とろ〜りなタレがたっぷりかかった、カオムーデーンです。
ムーデーンのほか揚げ豚のムートーや、絶妙な火の通り具合であるゆで卵もトッピング。IMG_7102スプーンですくいご飯と豚肉を頬張る。
ぬおー!
旨いがなー!
豚肉やら、絶妙な湯で加減のゆで卵も上出来だが、たっぷりかかったあんかけタレが奥深く、実に秀逸。
こりゃ、評判になりますよ。IMG_7119この皿の横に「シーモラコット」のカオムーデーンも置いて、きっちり食べ比べしてみたい。
そんな衝動に駆られるほど旨い。
軒先で豚をさばくのは、職人のまなざしを放ち、ひたむくに黙々と包丁を握るこの店の店主です。
オーナー自身がさばいているのは、きっと彼が根っからの料理人だからでしょう。IMG_7114IMG_7107IMG_7121IMG_7116包丁を研ぎ、ムーデーンを、ムートーを、グンチェンをさばく。
創業してから40年、彼がひとえに守り続けてきたのは、店頭に立ち料理人としての矜持なのではと感じました。

【SHOP DATA】
「THANEE(ธานี )」
TEL:089-456-4455,02-278-3987
OPEN:08:00-17:00(無休)
ADDRESS:1161-3 Phaholyothin Road, Phayathai, Bangkok 10400.
PRICE:カオムーデーン(並)40B、(大)50B

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu

【お知らせ】タイ旅行メディア「TRIPULL」を立ち上げました



「激旨!タイ食堂」を運営する私が次に手がけたのは、タイ国内旅行会社TRIPULLです。
旅行メディアTRIPULLではタイ旅行に役立つ情報をお届けし、さらにタイ国内のツアーを提案しています。
「激旨!タイ食堂」で開催しているグルメツアーもこちらで随時募集中!
ぜひTRIPULLもチェックしてみてください。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top