BTSスラサック駅

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

【BTSスラサック駅】
駅から徒歩2分で本格イサーン料理

【BTSスラサック駅】駅から徒歩2分で本格イサーン料理

私はソムタム、チムチュム、コームーヤーンといったイサーン料理に目がなく、たとえ中規模のイサーン料理屋でも1人で赴き、前述のイサーンメニューとともにLEOビールを傾けています。
ときおり、そんな私の姿を目撃している方もいるようで、後になってから

「あそこでご飯食べてて、隣に偶然座った白人客と話していたでしょ」

とか言われたりします。
イサーン料理屋に行って、1人で来店している白人客と隣り合わせになるという偶然。
そういう出会いがあったのが、今回紹介する「ラープ ウボン(LARB UBON)」です。IMG_1629

店お薦めは鶏の足がたっぷり入ったトムヤム

いかにも「イサーン料理屋でっせ!」という店の造り。
店頭では塩をぶっかけられたティラピアが丸焼きにされていたり、ポクポクと小気味のいいリズムを奏でながらソムタムを作っていたりと、噎せ返るようなイサーンの薫りが漂っています。IMG_1625IMG_1621IMG_1632「ラープ ウボン」は界わいではかなり人気で、午後7時ごろだとほぼ満席で座れないこともしばしば。
という事情もあり、私の隣に白人男性が座ったんですね。
それはそれで楽しんですが。
オーソドックスなイサーン料理は揃っています。
私がイチオシなのは手羽から揚げ。
カリ&ジューシーな手羽は、から揚げフリークである私を唸らせ、LEOビールをがんがん飲ませてしまう魔力を持つ一品です。IMG_1640こちらはソムタム プー。IMG_16834〜5人で来店しているタイ人客の多くが注文しているティラピアの塩焼き。
臭みはまったくなく、ほくほくの白身がいただけます。 IMG_1686こいつは外せません。コームーヤーン(豚のど肉の炭火焼き)。IMG_1697そしてこちらはお店がお薦めの鶏の足入りトムヤム。
とにかく酸っぱい!
タイ人は酸味が好きだからな〜。IMG_1670IMG_1680

オーナーの父上はなんと警察官!

このスープをお薦めしてくれたのは、オーナーの息子さんでありお店を切り盛りしているケンさんです。
店名のウボンは、両親がウボンラチャタニー県出身だからだそうで、創業して11年になると言います。IMG_1654オフィス街が近く仕事帰りに寄る方に多く利用されているのと、病院が近いことも立地の良さなのだとか。
あれこれ話しをして、あれこれ食べていると、お店のオーナーである父上登場!
なんと現職の警察官です!
堂々とイサーン料理屋を経営し、しかも儲けている警察官。
タイはなんでもありでっせ〜!IMG_1735

【SHOP DATA】
「LARB UBON(ลาบอุบล )」
TEL:085-981-5041
OPEN:17:00-03:00
ADDRESS:251 S Sathorn Rd, Yan Nawa, Sathon, Bangkok
PRICE:ソムタム プー40B、ティラピア塩焼き250B、手羽揚げ70B、鶏の足入りトムヤム70B/150B

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu

【お知らせ】タイ旅行メディア「TRIPULL」を立ち上げました



「激旨!タイ食堂」を運営する私が次に手がけたのは、タイ国内旅行会社TRIPULLです。
旅行メディアTRIPULLではタイ旅行に役立つ情報をお届けし、さらにタイ国内のツアーを提案しています。
「激旨!タイ食堂」で開催しているグルメツアーもこちらで随時募集中!
ぜひTRIPULLもチェックしてみてください。

URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. この前初めてこのお店に行きましたが、突然の大雨で料理が全部水浸しになりました^^;
    なので料理の味を覚えてません。
    次回また行ってみたいと思います。

    • By 激旨!タイ食堂

      タイ料理屋ならではって感じですが、それは災難でしたね。
      そろそろ雨季も終わりですので、また行ってみてください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top