営業は週に3日のみ!行列ができる“奇跡のクイッティアオ屋”

テレビでも紹介されたことのあるガイトー(鶏から揚げ)の店へ向け、Pracha Uthit通りをバイクを走らせていました。
何気に道路脇を見ると、クイッティアオ屋に並ぶ人々が椅子に座り、のどかに待っているではありませんか。
こんな辺鄙なところで、行列が出来るクイッティアオ屋に巡り会えるとは。
タイ飯の神様が私に降臨した瞬間です。
IMG_7325

店も店主も個性的なクイッティアオ屋

バイクを停めて店へと。
並んでいる人たちはどうやら持ち帰りで待っている人のようです。
店内の客席は8割ほどが埋まっているものの、2席ほど空席があったのですかさず着席。
周囲を見渡すと、彼ら彼女たちのほとんどもクイッティアオ待ちの状態です。
私はクイッティアオ センレック(中麺)をオーダー。
持ち帰りの客が圧倒的に多いため、そちらの客をさばいているのか、店内で待っている人たちにはたまに運ばれて来るのみ。
それでもみなさん、大人しく待っています。
店内の壁に掲げられている見慣れない絵が気になり、私は店主に断りを入れ撮影させてもらいました。
店内には絵だけではなく、タイのお守り(プラクルアン)の写真が並んだ額があったりと非常に個性的。
IMG_7317
IMG_7322

それだけでなく、私がもっとも気になったのは掛けられている時計の数です。
店内の壁に掛かっている時計の数はなんと12個。

IMG_7318
IMG_7319
IMG_7330
IMG_7331
IMG_7332

しかもほとんどの時計が止まっている、または狂っていて、まともな時を刻んでいるのは1つぐらいしかない。
ここのクイッティアオ屋が個性的なのはこれだけではありません。

極上のクイッティアオが現れる

もっとも個性的なのは店主です。
全身にサクヤン(タイの刺青)が描かれていて頭皮にも刻まれている本格派。
出てくるクイッティアオが楽しみで仕方がありません。

IMG_7334

10分が経ち、20分が経過し、それでもクイッティアオは出てこない。
麺を湯がくのは女性の方で、全身サクヤンの店主は配膳したり会計するなど客の対応係り。
のんびりしているわけでなく、女性はてきぱきとさばいているし、店主も口数少なく黙々とさばいている。

IMG_7339 IMG_7337

遅い理由はただ1つ、来店する客がお多い。
しかもほとんどが持ち帰り。
20分以上待たされたクイッティアオ屋は初めてです。
みなさん慣れているのかそわそわした感じはないものの、私はそわそわしてしまい、やることがないもんだから店内でうろうろしている猫ちゃんを撮ったりして気分を紛らわせます。

IMG_7312

注文してからおよそ30分。ようやく私の眼下にクイッティアオ ナムサイが現れました。
豚肉やルークチンの盛り付け具合から、間違いなく旨いであろう雰囲気を漂わせています。

IMG_7340

ほんのりと濁りをみせるスープを一口。
やはり旨い!
わずかに甘みがあるスープには旨みが詰まっている。
ルークチンもぷりぷりで、どれもこれもが抜群の出来。
さすが行列をしてまで求めに来る客が絶えないわけです。

“奇跡のクイッティアオ屋”と命名

30分待ったクイッティアオは2分ほどで完食。
忙しい上に全身サクヤンで話しかけづらい店主に、合間合間に話しを聞くことにしました。

「この店はオープンして30年以上経ってます。私の母親の代からやってるんですよ」

2代目の店主が全身サクヤンさんのようです。
それにしても個性的な佇まい。
こちらが全身サクヤンの店主さんです。

IMG_7345

「うちの店は金曜日、土曜日、日曜日が営業日です」

週にたった3日だけしか営業していないとは…。
店主が全身サクヤンで、店内に12個の時計があり、行列ができる、週に3日しか営業しないクイッティアオ屋。
店名がなく近隣の方々からは「クイッティアオ アロイ ティースット(もっとも旨いクイッティアオ屋)」と呼ばれているそうですが、私はここを“奇跡のクイッティアオ屋”と命名しました。
ちなみに、私が当初目指していたガイトーの店。
クイッティアオを食べた後に向かってみたら、どこにも無い。
近所の人に聞いたら移転してしまったのだとか…。

【SHOP DATA】

「クイッティアオ アロイ ティースット(ร้าน ก๋วยเตี๋ยวอร่อยที่สุด)」

TEL:081-901-2867
OPEN:10:30-16:00(金・土・日のみ)
PRICE:クイッティアオ40B

Amazonとnoteで電子書籍を発売しました!

 

「激旨!タイ食堂」初となる電子書籍を上梓しました。 バンコクの高架鉄道BTS各駅から徒歩10分圏内の、評判の高いタイ料理店50店舗を収録しています。 掲載店のうち32店舗はサイト未掲載店。 各店のショップデータには電話番号、営業時間、料理の価格などの他にマップも掲載。

Amazonとnoteで発売しています。 ご希望のご購入先下にある画像をクリックしてください。

Amazon版

note版

ebook-cover2

10 件のコメント

  • 休みは月曜日から水曜日で、営業は木曜日から日曜日の4日間でした。2016年6月11日確認。

    • すみません、張り紙が4日営業でしたが店主に再確認したら金ー日の3日間でした。張り紙が間違ってるとのことでした時は

      • ご確認ありがとうございます!
        この店に来店した日本人はかなりレアではないでしょうか。

          • このお店に行かれたんですね。
            店主はお元気そうでしたでしょうか?
            コメントを読みひさびさに行きたくなりました!

  • 地図が少しズレていました。
    正確にはここです。
    https://goo.gl/r0HzYS
    なんで3日しか営業しないのと聞いたら、奥さんの足が悪いからと言ってました。
    後日セントラル・ラマ9で仲良く歩いてるオーナーご夫婦を見かけました。

    • 私が理由を聞いたときは、お客さんが増えたものの2人で営んでいるためかなり忙しくなったから、とおっしゃっていました。
      店を開けていないときは仕込みをしているそうですね。

  • さっきお店に行ってバミートムヤムを頼みましたが、見た目より結構パンチのある辛さで美味しかったです^^
    イエンタフォーも頼みたかったですが、満腹で断念しました(笑
    部屋からバイタクで20バーツなので、また行きます。

    • トムヤムは食べたことなかったです。
      クイッティアオを食べながらあの刺青を見られる店は、なかなかないですよね(笑)

  • 今日イエンターフォーを食べに行きましたが、クイッティアオトムヤムより具材が半端なく多く、
    40バーツは安いと思いました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA