[エリア]旧市街

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

「ROCKET NEWS 24」で取り上げられた
カオサン近くの絶品トムヤムクン

「ROCKET NEWS 24」で取り上げられたカオサン近くの絶品トムヤムクン

2015年6月末からスタートし、本ブログで取り上げてきたタイ料理屋も100軒を超えました。最近はときおりメッセージまで頂くようになり、先日頂いたメールには「ぜひ取材してもらいたい」という内容でした。一部抜粋します。

私は旅行程度しか行けませんが最初にタイでの食べ歩きに興味を持ったのが以下記事です。

【激安なのに絶品】タイに行ったら絶対に食べて欲しい「トムヤムクンの概念が変わる劇的にウマい超濃厚トムヤムクン」がコレだ!

確かに美味しく格安なこともあり行く度にリピートし続けています。個人的には高級店より美味しいとも感じています。

メールありがとうございます!教えていただいたリンク先は、私が説明するまでもなく有名なサイト「ROCKET NEWS 24」です。ここで紹介されているのはカオサンロード近くのタイ料理屋。

IMG_7523

カオサンロード

記事内では店名が『ガイシーロ』と紹介されているこの店は、写真で見る限り半屋台風のスタイルで、旨そうなトムヤムクンの写真が掲載されています。この記事に私のアンテナはビンビン反応!メールをいただいた翌日にはカオサンへ向かいました。

エビの味噌と海鮮の旨みが凝縮したトムヤムクン!

お店の場所はカオサンロードから歩くと10分ほどの場所。看板もなく、店名も掲げられていない『ガイシーロ』は、記事内にもあるように大きな駐車場のすぐ隣で営業しています。私が来店したのは午前9時半ごろでしたが、すでに何組かのお客さんで占められていました。

IMG_7522
IMG_7503
IMG_7475
IMG_7492

メニューをもらいましたが、見るまでもなくオーダーするのはトムヤムクンでしょう!トムヤムクンとは「エビ(グン)が入ったトムヤム」という意味なので、当然ながらエビは入っているのですが、驚いたのはその他の海鮮類、貝やイカまでもがトムヤム一家の傘下になっていることです。さらにはタケノコもゲスト参加しています。

IMG_7481
IMG_7489
IMG_7486
IMG_7488

これだけの海鮮が投入され、さらにエビの味噌がスープに溶け出しているトムヤムだけあり、旨みが凝縮した逸品に!エビの味噌がスープ内に拡散していることもあり、それらも求めて無我夢中で食べていると、丼の底が見えるまで完食。一気に完食したため、顔面が汗だくになったことをご報告しておきます。

IMG_7490

この店の正式な店名とは…

ロケットニュースでも紹介されていた店主はチェッブアンさん。創業して60年以上が経つコチラのお店は、彼のお母さんが始めたそうです。

IMG_7494

お母さんは現在89歳ということもあり歩くことがままならず、自宅で療養していると言います。店主に聞くと「ロケットニュース」の影響か日本人客は多いようで、そんな彼らを魅了するトムヤムの魅力を探るべく厨房内を見せてもらいました。トムヤムに使われるスープは寸胴でグツグツ煮込まれています。

「入っているのはガラムプリー(キャベツ)、バイトゥーイ(椰子の葉)、グラドゥー ムー(豚骨)だよ」

チェッブアンさんはそう教えてくれました。

IMG_7509

IMG_7516

IMG_7513

すると注文が入ったのか料理をスタート。手早く仕上げたメニューはプーパッポンカレーです。

「ほら、これも写真撮って」

そういって私に差し出してきたので素早く一枚撮影。

IMG_7519

ロケットニュースで『ガイシーロ』と呼ばれていた店名ですが、店主に確認するためメモ帳に書いてもらったところ
ต้มยำกุ้ง ร้านป้าซอง (เวียง)
トムヤムクン ランパーソン(ウィアン)

帰宅してから調べてみると、タイのサイトでもこの店は紹介されているのですが、どのサイトも前述の店名ではなく

ต้มยำกุ้ง บางลำภู
トムヤムクン バンランプー

という表記でした。弊ブログでは通称(?)として呼ばれている「トムヤムグン バンランプー」で統一します。メニューには写真や英語表記も掲載。ただ、英語表記はメニューの一部なので、他客が注文しているもので旨そうなものがあれば、遠慮することなく
「あれ!」
と指をさして注文するのも手です。IMG_7504IMG_7505IMG_7507IMG_7508IMG_7511トムヤムグンばかりフューチャーしましたが、他のタイメニューも絶対旨いでしょう。店が放つオーラからそんな“匂い”がプンプンします。ビールもあるので、次回はグラスを傾けながら、いろんなタイ料理を食べてみたい!

【SHOP DATA】
「トムヤムクンバンランプー(ต้มยำกุ้ง บางลำภู)」
TEL:089-815-5531
OPEN:9:00-20:00(月曜休み)
ADDRESS:Kraisi Road, Talat Yot, Khet Phra Nakhon, Bangkok, 10200,
PRICE:トムヤムグン100B、プーパンポンカリー150B

1974年生まれ、大阪府出身。2011年、出版社での勤務が決まりタイ・バンコクへ移住。2015年より「激旨!タイ食堂」の運営開始。2017年、タイ国内や東南アジアの旅を扱う旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を立ち上げる。
URL
TBURL

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 丁度タイに来ていて、ネットを見れず
    反応が遅れてすいません。
    ご紹介文ありがとうございました!
    食レポが素晴らしすぎて、おととい食べたのにもう食べたいくらいです。
    遠目で見ていてクールそうなご主人が意外に気さくでひょうきんな方だと初めて知りました。
    60年も歴史があった店で、スープにトンコツが入っていること、ちゃんとしたお名前、
    管理人さんのタイ語力あって初めて知れて感激です!!
    これからも記事楽しみにしています!

    • By 激旨!タイ食堂

      いいお店を紹介していただきありがとうございます。
      ブログにも書きましたが、次回は他のメニューもいろいろと食べてみたいですね。
      ゼッタイ美味しいと思いますよ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top