[エリア]クロントゥーイ

「激旨!タイ食堂」はTRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.が運営する、バンコク発のタイ料理店グルメ情報サイトです。取材&掲載店舗数は500軒以上! タイ国内でのタイ料理店食べ歩きに役立ててください。弊社ではバンコク近郊のグルメツアーなども催行しています

バンコクのカオソーイ店だけど
『カオソーイ チェンマイ』

バンコクのカオソーイ店だけど『カオソーイ チェンマイ』

2015年10月16日付けの記事で、ぶっかけ飯屋『ジェージョーン』を取り上げたところ、お2人の方からコメントをいただきました。
お2人のコメントに共通して挙げられていたのは「近くの有名なカオソーイ店」です。
私はこのカオソーイ店を存在を知らず、コメントを頂いた方に教えてもらいました。これだけタイ料理店を回っていても、まだまだ知らない店は多く、発見の連続。そういった点もこのブログを続けている面白味でもあります。

眼前に現れたのは至高のカオソーイ

教えていただいたお店は『カオソーイ チェンマイ』。
『ジェージョーン』から南に数百メートルの場所です。IMG_7897IMG_7895IMG_7891外観に特徴があるわけでもなく、看板に英語表記の店名が掲げられてもいないので、うっかりしていると見過ごす可能性があります。
平日の午前10時。
朝食時間帯でもなくランチでもない時間帯だけあり、私以外の客は一組だけ。
そのおかげか、オーダーして1分ほどでカオソーイ ガイ(鶏のカオソーイ)が登場しました。IMG_7868
盛り付けの美しさにうっとりとすることおよそ10秒。
色合いの絶妙さが食欲を刺激します。

鶏肉を彩っているのはガティ(กะทิ)。
ココナッツミルクを指すタイ語です。
ここで教えてもらうまで聞いたことのないタイ語でした。
スープはコクがあり、ココナッツミルクの量も私好みで、爽やかな辛みが口の中に広がり旨い!
平らな卵麺との相性もよく、至高のカオソーイといっていいでしょう。IMG_7878

チェンマイ出身の店主が創業して10年

どんどん食べ進めていると、スパイシーな辛さがじわじわと広がり、額に汗が流れるほどにまで体温がアップ。
いきなりドーン!という辛さではなく、じわりじわりと押し寄せてくるスパイシーさがたまらない。
旨い物を食っているという実感を体全身で感じながら完食しました。
カオソーイ以外におかずも一品注文。IMG_7873このお惣菜も美味しかったのですが、この2品により私のストマックは満たされたため、企んでいたカノムジーンを注文するという野望は叶うことはありませんでした。
『カオソーイチェンマイ』というお店をやっているだけあり、店主のジラスダーさんはチェンマイ出身です。IMG_7883

「オープンして10年ぐらいになるわね。土曜日は車で来店する日本人が多いわよ」

日曜日が定休日なので、平日働いている方が来店しようと思うと土曜日に集中するのでしょう。
カオソーイは鶏以外に、豚と牛があり、その他カノムジーンやムーサテー(豚の串焼き)、といったメニューもあり。
店主が贈る本場チェンマイのカオソーイを召し上がれ!IMG_7902IMG_7904IMG_7889IMG_7879

【SHOP DATA】
「カオソーイ チェンマイ(ข้าวซอยเชียงใหม่ )」
TEL:02-672-7711,087-806-2587
OPEN:9:00-16:00(日曜日休み)
ADDRESS:Narong 71, Khlong Toei, Bangkok 10110.
PRICE:カオソーイ60B、カノムジーン35B
FACEBOOK:https://www.facebook.com/KhaosoyChiangmai

1974年生まれ大阪府出身。大阪と東京で雑誌編集者として勤務し、2011年にタイへ移住。バンコクで月刊誌の編集長を経て2017年4月にタイ国内旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し旅行メディアTRIPULLも運営。
Twitter:nishioyasuharu

【お知らせ】12/30開催!今年最後の激ウマツアー


2017年は9回開催した激ウマツアー。
今年最後となるのは12月30日(土曜日)の開催です。
最終ツアーで向かうのは毎度好評をいただいている「エビの火山蒸し焼き」のタイ料理店。
お食事前に世界一高い仏塔「ワットプラパトムチェディ」へも立ち寄ります。
このツアーの趣旨は、とにかくエビをお腹いっぱい食べていただくこと!!(笑)


日程:2017年12月30日(土曜日)
参加費:2,300バーツ(大人) 1,150バーツ(2-11歳)乳幼児は無料
※参加費には往復の交通費、お食事代(アルコール込み)が含まれています。
詳しくは以下のリンク先でご覧いただけます。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Subscribe / Share

Return Top